ワニグリップホルダーはペットボトルでも作れます。

こんにちは。

釣りをするときは、

何かとタックルバッグやリグバッグなどに、

システムを組むものです。

ハサミ、プライヤー、ワニグリップなど、

必要な時にスパッと取り出せるようにしておくのが便利です。

ほんのちょっとしたことを工夫するだけでも、

手返しよく動作できるようになります。

 

今回は、ライトゲームでは特に使用するものである、

ワニグリップホルダーを作ってみました。

 

IMG_6848

ペットボトルは、半分くらいに切り、

切り口にテープを貼ります。

セロテープを貼りましたが、ガムテープの方が尚良いでしょう。

ペットボトルの上部に穴をあけます。

下部に穴を複数開けても、

水切りになって良いです。

リグバッグのサイドに、キーホルダーフックを付け、

そこにペットボトルを引っ掛けます。

ワニグリップには、

落下防止システムとして、100均のゴムホルダーを付けます。

 

これで、完璧です。

ペットボトルは汚れても取り外して水洗いできます。

 

すぐにワニグリップを取り出せますよ。

ランガンなどでちょっと探るっていう時でも、

いきなり釣れたらワニグリップ使いますね。

 

ワニグリップだけでなく、

身につけて置くもので、

貴重品などは大体落下防止システムを組んでおくことをおすすめします。

携帯電話、ウォークマンなどもストラップをつけて、

ゴムホルダーに結んでおくのが良いでしょう。

 

しかし、ペットボトルワニグリップホルダーは、

いかにも安っぽいので、

見た目にこだわるひとは、正規品をおすすめします。

でも、透明なのであまり目立たないです。

他にも、100均にあるグッズを活かせば、

もっと綺麗に作れるでしょうが、

ちょっといいものが見当たらなかったので、

ペットボトルで作ってみました。

 

すでに使ってみましたが、

普通に機能しているので、

これからもこのまま使うつもりです。