外道でも釣れるとやっぱり楽しい!多摩川のナマズ。

こんにちは。

前回から、淡水ルアーゲームが続いてます!

今回は、多摩川でのハス釣りへむかいました。

バスでなくハスです。

そもそも生息しているかどうかが謎ですが、

奥多摩湖にはいたってことで、

流れてくるのではと思ったからです。

 

多摩川は、バスフィッシングでも割とポイントもあり、

連日多くのアングラーが釣りをしています。

釣れているところを見たこともあります。

しかし、どこもスレている感じで、

難しそうです。

 

そういう僕は、ハス狙い。

もうなんでも釣ってしまえば良いかなと思ってました。

特に何も釣れるとも思わず、

自然の中で、リラックスしながら、

広大な多摩川を眺めながら釣りできればOKくらいでした。

 

とりあえず、橋の下の影、

水深のある場所を中心に探ってみました。

全くアタリはありません。

 

ポイントを移動し、

川の合流地点、もしくは排水の流れ込み地点を探ってみました。

それにしても、

水が臭いです。

この時期は、水分が蒸発するため、

水の臭が気になります。

やはり首都圏近郊の河川の流入部分は、

こんなものです。

 

泡がすごく出てました。

敷石が水面から出ており、

上を歩いてやや沖へと歩いてみました。

時間も少なかったため、

今日はここで粘ることにしました。

 

流れは緩やかで、

ベイトがかなり浮いてます。

これはハスじゃなくて、

ハヤかなと思いましたが、

正確には不明です。

 

自作のハスルアーをキャストし、

ノーマルリトリーブで探ります。

ただ巻きです。

スプーンもハスルアーも、

ただ巻きが一番本領を発揮しますね。

 

表層直下を探っていくと、

突如ヒット!

 

KC4I0191

ナマズでした。

53cmほどです。

久しぶりにロッドがひん曲がりましたよ!

ロッドはウルトラライト6fくらいですが、

意外と寄せれるものです。

ラインはPE0.4号でした。

最初はコイかなと思ったのですが、

ナマズだったとは・・・

そして、まさか釣れるとは。

ですね。

ハスルアーは、グリーンホロを使ってました。

反応がよいですね。

 

水が汚いです。

流石にハスはいなさそうな気がしてきました。

バスでも釣れてくれればと思ったのですが、

釣れないです。

1匹釣って満足して、

そろそろ帰ろうかと思いましたが、

まだ、日没まで時間があるので、

もう少し数メートル移動してキャスト開始しました。

 

するとまたもや!

KC4I0192

ナマズです。

さっきよりもサイズアップしてるじゃないですか!?

58cmくらいです。

ちょっとぐにゃっと曲がった状態になったので、

正確に測れてないかもしれません。

それでもお腹はパンパン。

結構引きが強いですね。

最初よりかは引きましたし、

ファイト時間も長かったです。

何より、口じゃなく、

尻尾に掛かっていたので良く暴れたのでしょう。

弱るまで存分に走らせました。

足元まできては、また走る。

バシャバシャと跳ね、服を濡らせれました。

それにしても、なぜ尻尾に?

スレ掛りというやつでしょうが、

確率的にすごく低いですね。

ルアーは、先ほどと同じです。

 

50UPのナマズ2匹とのファイトに疲れつつも、

日没まで粘りました。

この2匹が今回の釣果となりました。

 

外道でも釣れると、熱くなります。

楽しいですね。

ほんのちょっとした散歩気分できましたが、

2匹も釣れるなんて。

来てよかったです。

 

多摩川はまだまだ広いです。

次回来るときは、また別のポイントを探してみたいですね。

 

KC4I0196

 

ちょうど、満月でした。

満月は魚が釣れないとか釣れるとか、

いろいろな説がありますが、

実際どうでしょうかね?

たしかに、月の引力は生命体にいろいろな変化をもたらす言われているようです。

満月になると食欲が増す

栄養が吸収されやすいという説もあるくらいです。

魚もそうだとしたら、

満月の夕マズメはかなりチャンスかもしれません。

ただし、確実なことはわかりません。 

 

月に関しては、もっと調べてみたくなりました。

 

使用タックル

ロッド:プライムゲート ウルトラライト6f

リール:ナスキー2500s

ライン:ラパラ PE0.4号