奥多摩湖のハスフィシング!意外と簡単に釣れました。

こんにちは。

先日は、奥多摩湖へハスフィシングへと行ってきました!

奥多摩は、避暑地としても都民の憩いの場でもあり、

自然を満喫することができます。

今回のターゲットは、

ハスです。

 

バス釣りの外道としても釣れる魚ですが、

専門に狙うこともでき、

比較的簡単に釣れるという魚です。

大きさは、大きくて30cmくらいです。

前回制作した、ハスルアーを試すべく、

釣行へとむかいました。

 

KC4I0185

久々に、深い緑に包まれ、

しばらくリラックスしてボーっとしてました。

奥多摩湖は、降りれる場所が少なく、

釣り場も少ないです。

水質は、とてもクリアでした。

それにしても、涼しいですね!

推移が下がっているように思いますが、

連日暑く、湿度も低く、水の消費量も増えたからでしょうね。

東京都民の水瓶ですからね。

 

KC4I0186

画像では分かりにくいですが、

小さなベイトがたくさん浮いてます。

ブルーギル、ハス稚魚がほとんどです。

魚影はすごく濃いなと思いました。

 

早速タックルを組立て、

ワンキャスト開始。

すると、2投目からあたりがあります。

果敢にハスが追っかけてきているのです。

でもなかなか掛からないですね。

 

ボトムまで沈め、

高速リトリーブで回収していたその時です。

KC4I0188

釣れました!

ハスです。

初ハスです。

サイズは、18cmくらいですかね。

体色は、やはり綺麗なシルバーカラーです。

淡水魚にしては、海水魚のような面持ちです。

ほんの少しだけ、痩せている小さいボラに見えなくもないです。

コイの仲間なんでしたっけね。

 

ハスルアーのカラーは、水色ホロ、グリーンホロに反応が良かったです。

シルバー、ゴールドは全くもって無反応でした。

ただ巻き、早巻きに反応しますね。

ハスルアーが、くるくるスピンするのにアタックしてくるやつが多かったですね。

 

活性が高いのでしょうか、

表層を跳ねながら、泳ぎ回ってます。

奥多摩湖は、ハスがたくさんいるのですね。

 

それからもキャストを繰り返し、

何度かアタックしてきますが、

バイトせず。

ほとんど見えているところでのアタックしてきてました。

 

だんだんと薄暗くなる奥多摩湖の中心で、

納竿となりました。

 

KC4I0189

まだまだ、未開拓な部分も多くあり、

夏の終わりあたりに、

避暑地も含めてまた訪れたいとは思います。

ハスも30cmアップを釣り上げてみたいですね。

 

やはり避暑地だけあって、

夜はちょっと寒いです。

都心部より、3℃くらい気温が低いように思います。

長袖持っていてよかったです。

 

自作ハスルアーで釣れたというのが、

なんとも嬉しく思えました。

もっとカラーを増やし、種類を増やしておきたいと思います。