真夏のアジングin山口県!キャンプも満喫。

こんにちは。

夏も終わりそろそろ秋ですね。

これからもまだアジングはシーズンが続きます。

 

真夏恒例の、アジング&キャンプに行きました。

一番潮周りが良いのは、お盆と被っていたので、残念ですが、お盆前の釣行でした。

しかし、潮周りは意外とグッドでした。

 

今回のポイントは、まだ未開拓だった上関の上部のエリアです。

マップで確認したところ、意外にもたくさんの防波堤があることに気がつきました。

 

しかし、上関上部エリアではまったくアタリすらなく、いつもの下部エリアへ移動しました。

下部エリアでは、サイズは小さいものの数がたくさん釣れました。

 

 

150810_2313

150810_2302

ヒットからは、赤らめクリアケイムラでした。

まだアミパターンが継続している時期です。

アミ系カラーがヒットしやすいでしょう。

ジグヘッド単体で0.4gです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局豆アジ2匹くらいしかかけることができずに、1日目は終了です。

公園でテント張って野宿です。

 

 

 

翌日は、バーベキューがしたかったので近くのディスカウントストアで牛肉のステーキとソーセージを買いました。

肉は安売りしているステーキを包丁で切って使いました。

 

150811_1428

ソーセージはこんな感じです。

炭火で焼くとこんないい色になるのですね。

もちろん味もナイスでした。炭火の美味しさを楽しめました。

小型バーベキューセットはこれで2年くらい使いまわしてます。意外と劣化しないので使えてます。アミは変えました。

不覚にも、火バサミを忘れてきたのでなんとか割り箸だけで対応しました。

小型の火バサミを常にバーベキューセットの中にいれておこうと思います。

 

 

尾上製作所(ONOE) ミニBBQコンロ MI-2938

新品価格
¥1,200から
(2015/9/1 12:41時点)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ユニオン丸型 バーベキューコンロ 「1~2人用] M-6497

新品価格
¥1,027から
(2015/9/1 12:41時点)

↑横からあまり風が入らないです。

尾上製作所(ONOE) 火バサミ 小 ステンレス ON-225

新品価格
¥148から
(2015/9/1 12:42時点)

 

 

さて、やはり良型を狙うには大島に行くしかないと思い、夕方出発しました。

ちょうど、夜の7時くらいが満潮潮止まりだったので、引き潮と時合いが重なりました。

これはかなりベストなコンディションです。

 

 

150811_2008

やはり、今回もまずまずの21cmをゲット。

ワームは、34のあめいろです。

アミパターンにはかなり強いということだったので、今回トライしてみました。

今回は、あめいろがヒットカラーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、前回よりもバラシが多くなってしまいました。

原因はフックにあるような気もします。

お気に入りのジャックアッパーが店頭から消え始めたので、仕方なくメバルフックを使っていました。

やっぱりジャックアッパーの針がバラシにくかったので、どこかでまた仕入れておきたいです。

 

150811_2056

そうこうしているうちにまた釣れます。

アベレージは21cmというところ。

これだと尺は出ないかなという感じです。

でも面白いところです。

サイズの割に引きが強かったです。

 

 

 

 

150811_2131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の最大は22cmです。

それでも10匹以上は釣れました。

お盆には親戚も集まるし、ちょうど良い手見上げるだろうなと思いました。

 

 

翌日は、最後の釣行でした。

もう一度大島付近で粘りました。

やはりアベレージは21cmくらいですが。

 

150812_2054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最大24cmをゲットできました。

ここまで行くと、流石に重量感もちょっとあって楽しくなります。

 

今回も、夏のキャンプとアジングを楽しめて満足でした。

とても贅沢な時間を過ごせたと思います。

これからは、もう少し涼しくなっていくので過ごしやすくなっていきますね。

アジングもこれから冬にかけてが本場です。

良型も回遊してくるだろうと思います。

 

 

<使用タックル>

ロッド:アジニスト6.6

リール:レブロス 2004

ライン:シーガー R18 フロロリミテッド 100m 2lb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食いが渋いのは水潮のせい!?夏の山口アジング!

こんにちは!フィッシングライフはいかがですか?

今回も夏の最後のアジングに行ってきました。

それにしてもこんなに雨の日が多い8月は珍しいという印象を受けました。

ほとんど雨が降っていたような気がします。

今回の釣行でも、1日中雨が降り続いていることもありました。

それによりやや水潮の影響があったように感じました。

 

毎回食いが落ちているのは気のせいでしょうか?

もうポイントがスレてしまったのかもしれません。

アジのような回遊魚にスレなどあるのかどうかが未だ疑問ですが。

ワームあたりカラーを外しているような気もしました。

なので大島の元祖アタリカラー、クリアーシルバーラメでチャレンジしてみることにしました。

 

140827_1830

ティクトのメタボブリリアントです。

だいぶん前には、ケイムラクリアにシルバーラメのリアクションシルバーというのがあったのですが。

店頭から消えてしまいました。

とてもお気に入りだったのですが。

大き目の店舗など細かく探していくと、見つかるかもしれません。

 

夕方にポイント入りしました。

満潮は夜11時前くらい。

やや時合的には難しいです。

12時になると食いが少し落ちるような気がします。

山口アジングは日暮れとともに潮が下がり始めるような日があればベストです!

早速実釣を開始しました。

行くとこ行くとこ豆アジしか釣れません。

全くもっていいサイズが入っていませんでした。

 

140827_2008

10cm前後が数匹釣れ続きました。

釣れると楽しいですね!

 

140827_2100

メバルもヒットしました!

サイズは出ませんが。

 

その後も鉄板のポイントで粘りました。

すると・・・

 

140827_2204

24cmの良型がヒット!

少し楽しくなってきました。

このサイズがアベレージです。

 

 

140827_2242

ややサイズアップしました!

25.5cmくらいです。

これはなかなか良い走りを見せました。

このサイズの割には走りました。

ワームカラーは、金ラメ銀ラメなどのラメ系でハマりました。 

そこそこのサイズで楽しめました。

この2匹以降は全くアタリがなく、あえなく納竿となりました。

 

かなり疲れました。

とりあえず、テントの中で睡眠をとりました。

翌日は、早速釣った魚を食べました。

140828_1627

う~ん。とても身が乗ってておいしいです。

とても身がプリプリです。

クッキングシートの向きが上下逆だということに後々気が付きました。

どうりでこびりつきやすいと思ってました。

シートの上で一眠りして、夕方からまたポイントに行きました!

 

時合と同時にキャストをはじめました。

しかし、食いがとても渋いです。

ちょんちょんとアタッテくるのですが、乗りません。

140828_2105

何とかノリマシタ!

サイズは23cmくらいです。

ジグヘッド単体0.4g、ワームはクリアシルバーラメを使っていました。

日によってヒットカラーがかなり違います。

このサイズが7匹釣れました。

そこそそこ釣れてました。

サイズは前日よりも下がりました。

 

 

さらに翌日もまだ時間があったので、現地で竿を出そうということになりました。

リアル僕の夏休みです!

時合まではまだまだ時間があったので、ぶらっと大島散です!

大島のスーパーで氷を補充しました。

そういえばあまり山手のほうには行ったことがありませんでした。

涼しげな休憩場のようなものがあるのではないかと思い、向かいました。

 

140829_1653

ダムのようなものがありました。

これは屋代湖という湖らしいです。

しかし海沿いよりも気温がだいぶん違い涼しかったです。

今年は曇り、雨の多い日々でした。

当日も曇ってましたが、去年の8月とは思えないほど涼しかったですね!

 

140829_1652

これが看板ですね。

ちなみにブラックバスは釣れるのでしょうか?

 

140829_1651

アウトドア的には超神エリア発見です!

屋根付き、水道付きです。

あまり人目もないので、こっそりテント張ってもいいかもしれません。

しばらくベンチで仮眠をとりました。

 

そして今度は、柳井の未開のポイントへ足を運びました。

週末ということもあり多くのアジンガ―、サビキ釣りが列をなしてました。

しかし誰一人ヒットしていません。

連日の雨で水潮になっていることが原因なのでしょう?

夜光虫で、水面がピカピカ光ってました。

晴れの日が少ないとより一層水潮が続きます。

これは釣れる見込みが少ないと判断しまし納竿しました。

翌日ももう一度竿を出したのですが、潮の干満のタイミングの関係で時合が夜遅くになるようでした。

夜12時をこえると食いが落ちるように思います。

これにて帰投しました。

 

もっと潮のタイミングを確認しておけば釣果は変わっていたかもしれません。

夕マズメと満潮が重なるくらいがベストです。

それ以外にもいろいろな要因で釣れたり釣れなかったりと。

釣りとは奥が深いです。

次回は秋になるでしょうか?

いずれは九州エリアにも足をのばしてみたいとも思います。