釣りツーリングin伊豆!エキサイトしたナブラ撃ち。

こんにちは。

すっかり秋が漂うこの頃。

後回しにしていた、

今夏の釣行をアップしようと思います!

今夏は、

伊豆へジギング、ライトゲームをやってきました。

伊豆は、ジギングではなかなか釣果があるエリアですが、

僕自身が、ジギングでの実績が無かったものなので、

ライトゲームメインという気分でした。

ジギングは、サブミッションみたいな感じです。

今回は、釣行だけでなく、壮大な旅であり、

アウトドアであり、アドベンチャーになりました。

 

 

初日は、沼津千本浜でジギングでした。

 

KC4I0210

千本浜は実に広く、

全て探るには時間が必要です。

千本浜は、砂利浜だったのですね。

広がる駿河湾を一望できて、優雅なひとときでした。

初日は、天気が悪く、

道中も雨です。

これは厳しい釣行になりそうだと、

釣りになるかなとも思いましたが、

到着すると雨は止んでましたね。

波がとても強く、高いです。

海水浴場もとなりにありますが、

だれも泳いでません。

ライフセーバーもいますが、

流石に泳ぐにはちょっと寒いくらい、

風が吹いてましたね。

 

千本浜は、ジギングでもかなり青物が釣れるようなので、

やってみたいと思いました。

2時間くらいトライしましたが、

全く釣れず。

まあ初日はこんなものですね。

 

砂利浜でジギングするとメタルジグが凹んじゃいますね。

日が暮れるまえに、

去年見つけた、ライトゲームで良さそうなポイント移動しました。

ライトゲームでは、ネンブツダイしか釣れません。

 

KC4I0212

ネンブツダイ。

一応鯛なんですね。

メバルのような形です。

食べれるみたいですが、

食べたことないです。

小さくて調理するのも手間だからです。

サバがヒットするポイントなのですが、

今回はこれっきりです。

 

 

翌日は、

天気も良くなってきたことですし、

ちょっと海水浴もしたくなりました。

バイクを走らせて、

風を受けながら走る。

これはやってみたかった。

KC4I0213

 

伊豆は、南に向かって走るごとに、

景色がどんどん自然深まって行きます。

道の駅で休憩しました。

いい景色の中で、

ずっとボーっとしてました。

酸素が濃いですね。

 

原付を走らせ、

海水浴場を探しました。

泳ごうと思いましたが、

ずっと曇り。

なんだが泳ぐには寒く感じて、休憩と昼食だけにしました。

夏真っ只中ということもあり、

海水浴場はどこも有料駐車場です。

 

KC4I0214 

今回は、原付です。

ここまで積載したのは初です。

やばいかと思いきや、

意外と大丈夫です。

燃料の減りがちょっと早いかなというくらい。

一人旅やる人は、これくらい普通みたいですね。

しかし、2時間も走ると、腰が痛くなってしまうのです。

 

この日のナイトゲームもネンブツダイだけ。

近くに地磯があったのですが、

駐輪場所がなく、断念しました。

KC4I0215

 

 

伊豆は、海だけでなく、内陸に走れば、

すごく山、川もたくさんあるのですね。

山側のほうが涼しいです。

道中イノシシらしきものも目撃しました。

急いでUターンして逃げました!

大きな木の幹の固まりが、

いきなり動き出すのです。

それはイノシシだったのです。

 

ちょうど良い、休憩場所があり、

休憩していると、

近所の方が、テントを張っても良いと教えてくれました。

おまけに、トイレもありました。

 

KC4I0216

 

カレーを作り始めました。

100均で買った、油よけがいい風よけになりました。

 

イノシシが出ると言われるところでしたが、

一晩ぐっすり眠れました。

寝てる間に、近寄ってきてたでしょうか?

 

翌日は、さらに南に向かって走りました。

KC4I0217

 

やっと夏らしく、晴れてきました。

この景色を見ると、やっと気分が乗ってきます!

新緑の中をバイクを走らせ、

とりあえず宇久須に到着です。

このあたりは、今回のジギングで、

2つ目のお目当てのポイントです。

 

防波堤でのジギングです。

昼前に防波堤に入ると、

すでにたくさんの人がいました。

見ていると、かなり釣り上げているようで、

自分も自分もとタックルをまとめてポイントに入りました。

 

半信半疑ながら、フルキャストし探ってみました。

なかなかヒットしないです。

潮目が出てきます。

潮目で皆さんヒットしているようです。

僕のタックルでは、潮目に届かない、

というか上手くキャストできてないのです。

 

すると、たまにヒットがあり、

すごくひったくって行きました。

青物です。

青物を掛けたのは初めてです。

いや2回目です。

しかし、ジギングタックルでヒットしたのは初です。

たまらないですね。

一気にやる気が出てきました。

 

昼下がりまでチャレンジしました。

するととうとう現れました。

KC4I0218

シイラです。70cmです。

凄まじい引きを堪能できました。

シイラは、個体によって黄色かったり青かったりするのですね。

ほぼ黄色のシイラです。

シーバス75cmともまた違い、

青物のスタミナはすごく、

延々と走り続けます。

ファイト時間は、かなり長かったように思います。

初青物が、70cmシイラとは、

とても贅沢な出だしです。

 

ボイルしており、ナブラも出てました。

表層早巻き、ジャークで反応が良かったですね。

ボトムは全然食ってこないです。

他にも、イナダもヒットしてきたのですが、

バレます。

たくさんバラしました。

フロントフックよりも、

リアフックのほうが掛かりがよかったです。

 

狙いイナダ狙いで、フロントフックだけ付けてましたが、

リアのほうがバラしが少なかったですね。

トリプルフックにすると、なぜかヒットしなくなります。

不思議ですね。

フックの形状や個数は、

ルアーのアクションやルックスに影響を与えるということでしょうか?

 

ヒットルアーは、

なんと自作のメタルジグ、カタクチイワシ(推定30g前後!)。

KC4I0226

 

割と軽量メタルジグのほうが反応が良いです。

それに、30gくらいのほうがなぜか飛距離が出ます。

ボディ小さいほうが、空気抵抗がなくなるからだと思います。

でも40gのほうが、思いのほか飛ばないので意外でした。

これについては、また次回別の記事で深く考察したいです。

 

写真の通り、数回のファイトでボロボロになります。

ちょっと作りが甘かったですね。

しかし、カタクチイワシのメタルジグは、

アルミテープにグレーを1本線で色付けしただけのシンプルなジグです。

ホロシールより、シンプルなアルミテープが一番リアルです。

そのように予想し、今回作ってみました。

やはり反応が一番良かったです。

アルミの光沢といわしの光沢は良く似てます。

 

他のリグでやってみましたが、

全くヒットしません。

1個ロストもしました。

 

とりあえず、大物とのファイトに疲れ、

納竿しました。

シイラは、リリースしました。

クーラーボックスに入りません。

贅沢なナブラ撃ちを堪能できたジギングでした。

 

翌日は、さらに南に向かいました。

ポイントを開拓しながら、釣りをする。

これはアドベンチャーですね。

KC4I0225

松崎あたりで、良い海水浴場があり、

ちょっと休憩。

水ですが、シャワーも無料です。

お風呂に入らなくても、海水浴とシャワーでOKというのが、

夏のアウトドアです。

 

またもやナイトライトゲームをやりました。

ネンブツダイしか釣れない日々でしたが、

やっと別の魚がかかりました。

KC4I0219

鯖ですね。

鯖もやや入って来ていたのです。

ヒットする魚の9割はネンブツダイ。

活性は高いようです。

 

KC4I0223

昼には、前日釣った小シイラを焼き魚にしました。

シイラを食べたのは初です。

白身魚と青魚の中間のような味ですね。

イナダよりさっぱりしています。

刺身にしたかったのですが、

1日以上経過してたのでやめました。

 

やはり夏らしく、暑いですね。

日なたでテントを張ると地獄のようです。

夏のキャンプは、暑さが体力を奪います。

スポドリを2倍に濃くしてました。

スポドリを飲んだ後に、水を飲むみたいに。

屋外にいると1時間で1L汗をかくそうです。

 

 

旅はまだ続きます。

さらに南に向かいますと、

とうとう下田です。

道中いろいろな場所でジギング、ライトゲームをやりましたが、

ほとんどヒットなし。

巨大シイラ以降は、もうほぼ観光、アウトドアだけになってました。

 

IMG_6944

 

すごく絵になる場所。

なんという場所だったでしょうか?

恋人が金を鳴らすと良いみたいなことが書いてあったような気がしますが。

だれもいないので、

尚更幻想的でした。

どこを見渡しても絶景なんですね。

IMG_6945

小高い丘で、背の低い草が生い茂ってます。

まるでカルストを思い出しますね。

四国、山口のカルストにも行きましたが、

こういう風景は好きです。

 

漁港はたくさんありますが、

釣り禁止の場所が多いです。

良さそうな漁港があったのですが、

ツーリングを楽しみたいと、

先に先に進み。

ちょうど暗くなってきて、

キャンプをする場所を探していました。

すると、突然の大雨!

 

勢いは留まるところを知らず、

打ち付けます。

バイクで雨が降るとすごく面倒です。

荷物もずぶ濡れです。

 

かなり体力を奪われました。

どうしようもなく、

屋根付きの休憩所で1泊。

 

KC4I0233

 

朝になると、カニがお出ましです。

KC4I0234

 

全部干しました。

この日は、晴れてくれたので、助かりました。 

下田周辺の海水浴場は、

どこも観光開発されており、

人でにぎやかです。

この日は、弓ヶ浜海水浴場で泳ぎました。

水温もちょうど良くなってました。

 

そのまま、下田市に入り、

しばし散策。

釣り場を探しました。

しかし、下田はこれといって釣れそうな場所が無いですね。

潮のタイミングが悪かったのでしょうか?

魚の気配がありません。

日も暮れたので、近くの公園で就寝。

 

 

 

翌朝は、どうやら公園で祭りがあるようで、

設営作業が始まるとのことです。

早朝に公園から退散しました。

 

でもせっかくここまできたので、

とりあえず名物でも食べようと思いました。

一番最初に飛び込んできたのは、

下田バーガーです。

KC4I0236

 

 

1個1000円くらいです。

それだけあって、すごくボリュームがあります。

下田バーガーとは、金目鯛を使ったフィッシュバーガーなのです。

チーズもたっぷり入っていて、

美味しかったです。

下田市の中でも、一番目立つ道の駅にありました。

先日から、レトルト、インスタントしか食べて無かったので、

一気に疲れが捕れる気がしました。

 

体力も回復し、

次のポイント探しに移りました。

このあたりまで来ると、

もう東伊豆との境目です。

 

ジギングに適していそうだと思ったのは、

須崎です。

IMG_6949

 

地磯ですね。

すごく荒れ狂ってますが、

いつもこんな感じなのでしょうか?

付近の防波堤を散策していると、

近所の方が、ヒラスズキが釣れるという情報をくれました。

それが、この地磯のようですが。

ちょっと釣りになりませんでした。

この付近は岩場で、

とても透明度が高く、

シュノーケリングをしているひともいましたね。

海水浴もできるのですが、

漁港の船のスロープから海に入るような感じです。

漁港を海水浴場として開放しているのですね。

浅場もあります。

 

防波堤でジギングをやりましたが、

こちらでもヒットせずです。

ベイトはちらほらいました。

可能性はありそうです。

 

この日のキャンプは須崎周辺でしたね。

翌日は、あるハプニングが。

キャンピングマットに穴が空き、

空気が抜けてました。

芝生が、とがっており、

突き刺さったのですね。

なんだかチクチクすると思ってました。

 

寝ている間に、すぐに空気が抜けるなと思ったのです。

荒れた地面の上では、なにか対策が必要ですね。

次回から強めのシートを設置したいと思います。

 

釣りにも飽きたので、

今度は、森を味わおうと内陸部へ。

森の中の温泉に入りました。

空気がすごく濃く、

涼しいです。

暑さをしのぐのであれば、

森のほうがいいですね。

 

もう一度、宇久須に戻ってジギングやって帰ろうと思いましたが。

どうやら台風が近づいているようでした。

一気に士気が下がり、

もう帰ることにしました。

 

10日以上の釣りツーリングはここで終了したのです。

最高の夏になりました。

そして、ジギングでも大きな進歩が実感できました。

自作ルアーでも釣果が出せました。

そして、観光にアウトドア、

あらゆることを満喫しました。

次回は、大型ブリやハマチを上げてみたいですね。

1週間目以降は、体力が限界に近くなります。

長期アウトドアは、春、秋のほうが良いかもしれないですね。

夏は、暑さで体力が奪われます。

 

原付バイクで風を受けながら走る。

ゆっくりと焦らず、過ぎ行く景色を見つつ。

自然の中だけで過ごせた日々でした。

また行きたくなりましたね。

 

最後は、綺麗な夕焼けフィニッシュです。

IMG_6952

 

 

 

<使用タックル>

ロッド:メジャークラフト、クロステージLSJ1002

リール:ダイワ、エクセラー3012H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>