クーラーボックスの保冷力をアップさせよう。

こんにちは。

夏の釣りというと、

クーラーボックスの保冷力が命という感じですね。

夏は、できる限り保冷力の高いクーラーボックスを使うべきです。

 

ただ、どんなに良いクーラーボックスでも、

使い方次第で、保冷力は上がりも下がりもします。

なるべく保冷力を上げるための方法があるのです。

これも大したことではありませんが、

やるのとやらないとでは大違いです。

 

基本的に、クーラーボックスも水筒もなのですが、

直射日光に当てないことが大切です。

 

■銀マット、レジャーシート、サバイバルシートをかぶせる■

100均でOKなので、銀マット、サバイバルシートなどをかぶせておきましょう。

これで保冷効果はアップします。

サバイバルシートは、柔軟性があってコンパクトで良いですが、

銀マットのほうが、厚みがあるため、

より断熱性に優れていると思います。

100均のレジャーシートには、薄手の銀マットがあるので、

僕はそれを使っています。

車の中に入れておくときも、

かぶせておくだけで保冷効果アップです。

クーラーボックスの中に、それらのシートを敷き詰める方法もありますが、

魚を入れたり、氷が溶けたりするので、

シートが汚れてしまい掃除が面倒です。

 

■保冷剤は良いのですが・・・■

保冷剤は、たしかに良いものなのですが、

1度溶けてしまうと、再度凍らせる必要があります。

毎晩冷凍庫が使える場所があればよいのですが、

長期遠征では、毎晩冷凍庫を使うのは難しい場合が多いです。

1日で溶けてしまい、2日以降は使えません。

すると2日以降、保冷剤はただの荷物になるわけです。

溶けた保冷剤は、おそらく保冷効果が無いどころか、

クーラーボックスの冷気を奪う可能性もあります。

なので、長期遠征には向かないのです。

長期遠征では、保冷剤は入れずに、

大きな氷のかたまり、ペットボトル氷などを入れておくと便利です。

もちろんバラ氷もあると良いです。

 

ちなみに、クーラーボックスで最も保冷力が高いのは、

真空管パネルが施してあるタイプです。

夏はそれが一番ですね。

 

冬は、それほど保冷に気を遣いません。

真冬なんて、凍らせたペットボトルと保冷剤だけってこともあります。

車だと暖房が効いているので、

それくらいはあったほうがよいですね。

 

夏は、氷をパンパンに入れておくのが良いです。

釣った魚を、美味しく、新鮮に食べれるっていいですね。

刺身が最高です!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>