時合を逃したか?クロダイのへち釣り。

こんにちは。

先日のアジング釣行の疲れもやや残る中。

もうすぐ自宅へ帰省しないといけないのですが。

せっかく中国エリアでの釣行となったので、

クロダイのへち釣りへと向かいたいと思いました。

 

瀬戸内海は、全国的にもクロダイの魚影が濃いエリアです。

へち釣りだけでなく、フカセ釣りでも多くの実績ポイントがあります。

ただ、フカセはまったくやったことないのです。

 

 

今回のへち釣りポイントは、

広島県、とびしま諸島郡となりました。

 

161011_1228~01

とびしま諸島郡は、たくさんの島に分かれており、

一番先端はもう愛媛県という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

161011_1228~02

 

 

 

 

 

 

 

 

海峡部がたくさんあるので、潮の流れが極めて早いです。

海峡部でなくても、山口エリアより潮の流れが早いと思いますね。

アジングやるときはキャロメインでやるひとも多いのでは。

ここのアジングは難しいとのことですが、

たしかに簡単に数は釣れませんね。

ただ釣れるととてもデカく、体高もあり、太っているのですね。

今回は、へち釣りメインだったのです。

しかし、時間があればアジングもと、タックルは一応持参しました。

 

 

餌は、現地調達できるポイントを見つけました。

岩場の浜がいくつもあり、岩を引っくり返しては、

カニ、青虫など採取します。

ちょうど潮が引ききっているときに行ったので、

簡単に採取できました。

 

へち釣りの餌は、カニがメインです。

それも小ガニです。

30分くらい採取し、

餌箱の中は満タンです。

 

少々時合まで休憩するべく、

浜辺で昼食です。

 

161011_1436~01

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食が終わり、

ちょっと竿を出したくなり、

アジング開始です。

日中、サーフでアジングをすると、

ハマチなどの青物が掛かることがあるので、

もしやと思いやってみました。

しかし、ノーヒットです。

以前、イナダを掛けたときは、

みるみる糸を出されました。

そのときは、フロロ3lbでした。

うまくやればランディング出来ていたでしょう。

実際、1.6lbでも釣っているひともいるくらいです。

青物はバレやすいなと思いますね。

 

黒鯛もワームで釣れることもありますので、

なんでも来いという気分でした。

 

浜の端から端まで探りましたが、

イマイチあたりもなく。

クロダイのへち釣りポイントに移動しました。

 

 

へち釣りポイントは、浜からやや離れたところにあるのです。

先客で、エギング、シーバスをやっている方々がいました。

それにしても、風が強いですね。

地形的に風が吹き荒れやすくなっているのでしょうか?

 

時合いが到来し、

ひたすら餌を落とし込みました。

なるべく静かに歩いて、餌を落とし込んでは、止めて5秒。

しかしノーヒット・・・・・

 

クロダイは坊主になることが多いのです。

ベイトはかなり入っていたのですが。

おそらく時合を逃したものと思われます。

 

そういえば、10月上旬なので、

日が暮れる時間も早くなっています。

夏とはやや夕マズメの時間がずれる可能性があります。

魚は季節によって、マズメ時を変えるのでしょうか?

もう1時間早く来れば良かったですね。

 

まだ時間があるため、

ポイントを移動し、アジングをすることにしました。

 

キャロ3gをメインで使いました。

風が強いです。

しかし、そういう日ほどプランクトンは足元に寄ってきているのですね。

今回は、先日買ったばかりの、ホワイトグローを試してみました。

アジが何を捕食しているかわかりません。

レンジを入念に探ってみました。

 

 

161011_2018~01

 

 

 

 

 

 

 

 

釣れました。

いますね!

豆アジですが、とても太っています。

やはり山口よりも太ったアジが多いですね。

このサイズとは思えないくらいよく引きました。

足元で食ってきました。

5カウントくらいの中層です。

 

この1匹だけで、終わりです。

なぜか数が釣れないのがとびしまです。

群れが小さい、魚が止まってくれないなどでしょうか。

もしくは何かが足りないのですね。

何かがわからずじまいでした。

6年くらい前に来た時は、

ジグヘッド単体でかなり釣っている人がいたのですが。

難しい釣りです。

 

12月、1月にもなると、

海峡部で40cm近いアジが釣れるという情報もあります。

しかし、回遊待ちということで、根気のいる釣りになりそうです。

 

今回の釣行は、この小太りアジで終了です。

アジが釣れてよかったです。

また行きたいですね。

瀬戸内エリア。

3月くらいに愛媛にいけたらなと思っているのですが、

どうなるでしょうか?

 

新幹線で帰路につきました。

次回の釣行はまたいつになるかわかりませんが、

おそらく近いうちにいけるかなと思います。

またレギュラーテーパーのペナンペナンロッドを持ち出したくなりました。

 

161013_1216~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れさまです。

 

 

 

久しぶりの山口アジング!雨に苦戦。

こんにちは!

今回は、1年ぶりとなる、

山口エリアでの釣行でした。

関東エリアでのポイント発掘を開始してからは、

もう中国エリアには滅多に行けないと思っていましたが。

なんとか時間ができたので、

向かいました。

 

山口というと、

愛媛とならんでアジングのメッカですね。

アジングをやるアングラーであれば、

1度は訪れてもらいたいですね。

 

 

それにしても、10月とは思えない暑さ。

昼についたので、

少し海を泳ぎました。

海水はちょうど今が一番暖かい頃。

人がいない海水浴場は、

一段と水が綺麗です。

 

しばらく、海を眺めながらのんびりと休憩しました。

都会での疲れを癒せる瞬間ですね。

 

160928_1301~01

とりあえず、久々のアウトドアということもあり、

バーベキューがしたくなりました。

屋外で炭火焼肉なんて、滅多にできないので、

やってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして釣り場へ移動です。

 

 

 

潮の時間も見計らってきましたので、

さぞ釣れると思いましたが。

意外にも苦戦です。

 

バイトはあるのですが、

とにかく乗らないです。

サイズが小さいのですね。

 

 

160927_1844~01

 

 

 

 

 

 

 

 

10cm程度の豆アジばかり。

豆アジは豆アジで美味しいのですが、

釣るには物足りないですね。

 

160927_1808~01

初日のヒットカラーは、

バークレイのクリアーシルバーラメです。

今回初使用だったのですが、

効果アリですね。

シルバーラメ系が強いところですので、

こんなパターンです。

結構しっかりとした生地のワームで、

ハリがずれないですね。

 

 

 

 

160927_2027~01

 

 

 

 

 

 

 

 

ややサイズアップで、15cmくらい。

サイズの割には引きますね。

瀬戸内のアジは、引きが強いのでしょうか。

愛媛は25cmでも、なんなく寄ってきます。

 

隣には、サビキの方々がいました。

ちょっと暗いところで釣っていたので、

よく見えませんでした。

それでも掛かったのでラッキーですね。

 

初日はこれくらいです。

どれもキープサイズではないですね。

 

img_6226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日の昼食は、バーベキューセットで、料理です。

ジャガイモと豆の缶詰、ウインナーを野菜ジュースで煮込みます。

アウトドア料理という感じですね。

コンソメも忘れずいれました。

 

2日目は、潮周りが徐々にベストに向かってゆくのですが。

雨が本降りとなり始めました。

実に厳しい釣りです。

 

160928_2151~01

 

 

 

 

 

 

 

 

豆ばかりです。

良型は入ってきていないのでしょうか?

すべてリリースしました。

雨の日は、やはり難しいのでしょうか。

小雨程度なら問題ないのですが、

さすがに普通に降ると、

難しくなります。

それでも、愛媛では問題なく釣れてました。

 

 

翌日の昼食は、バーベキューセットで、

メバルの煮付けです。

img_6235

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃える炎を見るのは、久々で、

なんとも落ち着きます。

薪を持参してはいたのですが、

小枝などいたるところに落ちています。

雨のせいで使えませんが。

晴れていたら使えます。

 

この日から、徐々に良いサイズがかかるようになりました。

img_6239

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22cmくらいです。

平均20cmです。

サイズの割にはかなり引きが強いです。

ルアーは、クリアラメにまったく反応せず、

グリーン、オレンジを投入したところ、

入れ食いです。

今回は、フィッシュイーターパターンでしょうか。

マッドホワイト系にも反応しましたね。

おそらくシルエットがハッキリしているからでしょうね。

 

img_6240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、久々に釣りたてのアジの刺身を食べました。

うまいです!

アジングやっていて良かったと思える瞬間でもあります。

釣りたては、まったく臭みがなく潮の香りと甘みが突き抜けます。

変ですが、フルーティーな味ですよ。

 

img_6241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りは、塩焼きにしました。

焼ける音がいいですね。

 

連日の雨も止み、

ちょうど釣りがしやすくなってきました。

そして、爆釣れるタイムは訪れたのです。

 

img_6251

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22cmです。

時合いがくると入れ食い状態です。

今回は、ラメカラーがあたりです。

1日お気にヒットカラーが変わるのですね。

この日は、週末でほかのアングラーもいました。

僕の横でもバンバン釣ってましたね!

計20匹の大漁でした。

最後の最後の、潮が引ききるまで釣れてました。

 

翌日は、

サバ2匹だけという釣果です。

あたりはあったのですが、乗らないです。

もう潮の時間帯が悪くなってきました。

そろそろ今回はおしまいです。

納竿しました。

 

良型のアジが回ってきている日とそうでない日があるのでしょうか。

それとも、僕のアプローチの仕方が間違っていたのでしょうか。

まだまだやるべきことはあったかもしれません。 

 

今回は、

食いが渋いなと感じました。

夜光虫も出ていたし、

連日の大雨で、水潮になってしまっていたからという理由が考えられますが。

しかし、僕自身のアプローチがやや足らなかったと思います。

 

いつもやっている方法で釣れなければ、

もっといろいろ試してみるべきだと思いました。

アミパターン、0.4gでラメカラーのフワフワアクションでずっとやってました。

しかし、重さをもっと上げて、トゥウィッチング、テンションフォールなどをやってみたら、

もっと釣果が変わったかもしれないと思ったりもします。

 

エリアにはある程度のパターンはあるのですが、

やはり決めつけずに、いろいろなパターンを探ってみる必要があるように思いました。

それは、アクション、ワーム、リグの重さ、すべてですね。

 

 

そして、ここからが今回の重要な点です。

今回の釣行でまたいろいろな考察が見られました。

 

<ポリエステルラインの特徴>

前回から、ポリエステルラインを使い始め、

だんだんとそのデメリットも見えてきました。

ポリエステルラインは、伸びが少ないラインで、感度がよくアタリがよくわかるのです。

しかし、その反面アタリを弾いているのではないかと思うことが多かったのです。

これは、僕のドラグのセッティングか、その日の魚のコンディションにもよるとは思うのです。

ところが、7.6fロッドにフロロラインのタックルに持ち替えたところ、

すごくヒットが続出し、うまくフッキングが決まるのです。

フロロラインだと、アタリを弾かずにうまくフッキング出来ているということにも思えます。

しかし、まだ断定はできないので、

次回はフロロから使いはじめ、

釣れ始めたらポリエステルに持ち替えたいと思っています。

これで連れ続ければ、ポリエステルラインでも難なく釣れるということです。

フロロでないと釣れないような状況下がある可能性もあります。

伸びが少なく、感度がよいということは、その分魚にも違和感を素早く伝えるものだと思っています。

 

また、ポリエステルラインは雨、風に弱いという印象も受けました。

とくに雨が降っていると、ロッドのガイドにペタペタくっついて釣りにならないこともしばしば。

これは、フロロでもあるのですが、自分でラインを送り出さないと沈んでいかないようです。

そういうときは、キャストして着水し、余分に糸のたわみを出し、ラインを送り込んでゆくようにしてました。

このあたりは、水になじみやすいフロロのほうが扱いやすいです。

 

そして、合わせ切れについてですが、1回ほどありました。

リーダーから切れてました。

結び目は、ラインの号数が違うため負荷がかかりやすいです。

0.3号というやや細めなラインだったので、仕方ありませんね。

細いラインほど、劣化が激しく、寿命も短いです。

おそらく2回の釣行で、交換しないとまともに使えなくなるでしょう。

 

ポリエステルラインについては、これからも比較検証してゆきたいと思います。

 

<アジのパターン>

アジは常にアミパターンと思い込んでいたのですが、

たまにはフィッシュイーターパターンもあるのです。

いつものアミパターンで釣れないとなると、

ルアーの色、アクションなどをかえフィッシュイーターパターンを試みたいとおもいました。

 

1年ぶりの山口アジングということで、

実に楽しませてもらいました!

こんなに釣れるところは少ないですからね。

次回訪れることが出来るのはいつになるでしょうか。

いずれは長崎や佐賀にも足を運んでみたいと思います。

 

お疲れさまです。

img_6252