梅雨アジング遠征 in 愛媛県 佐田半島!

どうも。お久しぶりです。

今回は、久しぶりに愛媛県に足をのばしてみました。

この時期、佐田半島で大型アジの回遊がみられるということで釣行を決定しました。

尺の次は40cmが目標です。

今回は新たなポイント開拓という意気込みとともに、佐田岬の先端まで足をのばしました。

 

1日目

140624_1840

佐田半島の根元から佐田岬の先端までは54kmもあります。

初日は、いつもの八幡浜周辺で竿を出しました。

それにしても、水がやけに濁っているのです。

前日は雨が降っていたのでしょうか?

河口から大量の真水が流れたとも考えられます。

クラゲが大量に死んでいました。

だんだん暗くなってきました。

そろそろ時合突入です。

 

IMG_4665

ネンブツダイがいきなりヒット!

これはなかなか良い兆し!?

 

IMG_4668

アジがヒットです!

22cmくらいです。

やや体高があります。

ワームはあじクルーケイムラアカキンを使っていました。

 

しばらくアタリがなくなりました。

そして、なにかがバイトしてきます

そして、ぷつっと速攻で切られます。

フロロリーダー0.8号がいとも簡単に切られます。

 

 

IMG_4669

正体はこいつでした。

ここに太刀魚が入っているというのは以外でした。

なんとか掛かりどころが良くキャッチできました。

何気にかなり久々の太刀魚キャッチです。

小学校の時以来です。

大きさは45cmくらいの小型です。

 

その後は全くアタリがなくなり、ポイント移動です。

宇和海側を移動しながら漁港という漁港をあたりました。

しかし、ノーヒット。

車で仮眠です。

 

 

2日目

いざ佐田岬の先端へ。

大型は瀬戸内側で出るということだったので、瀬戸内側をめざして発進。

IMG_4672

先端の漁港に到着です。

極めて透明度が高いです。

ただ、残念なことに日が暮れてもここには常夜灯がありませんでした。

キャロ10gで遠投し、ブレイクを攻めるという釣りをやりました。

使っているアジングロッドの適合ルアーウェイトは7gまででしたが、ごり押しで10gを使ってみました。

意外と使えます。

ただキャストの際に無理な反動をつけず、ルアーの重さでロッドをしならせて、反動でキャストするという感覚がよいでしょう。

今まで、キャロは3gをメインに使っていましたので、10gのかなりかっ飛ぶ感じが爽快でした!

沖の潮目まで届きました。

ひたすらボトムを探ります。

そしてやたら根掛かりしました。

 

IMG_4673

とてつもなくデカい魚影があったのですが、一体なんだったのでしょうか?

ボトム付近に居ついていました。

 

ボトムを探っていると早速何かがひったくっていきました。

ガツンと割と強いバイト。

 

IMG_4674

ベラでした。

いつものパターンです。

ベラは良く釣れます。

 

140625_1749

カサゴもゲットです!

根魚は下に引きます。

 

そして、ひたすら沖の潮目を狙います。

しかし、青物はノーヒットです。

通りがかった人の話では、秋口にはブリなどの青物が掛かっていたらしいです。

日が暮れてもノーヒットでした。

このたびは回遊してこなかったのかもしれません。

 

IMG_4675

気づけばかなり空腹だったので、食事です。

インスタントカレーを食しました。

 

 

3日目

この日は、岬先端からまた根本に戻りながらランガンんすることにしました。

事前に漁港らしいポイントを確認しておきました。

 

IMG_4677

潮通しが良さそうな漁港でした。

潮目がいくつもあります。

しかし、あいにくの雨です。

カンカン照り寄りかはましですが。

初めてくるポイントなので、状況がつかめず一か所で粘るということにしました。

それにしても雨が普通に降り始め、レインスーツを着ての釣りです。

防波堤の表側を攻めましたがノーヒットです。

先端いついている常夜灯はライトが点灯しませんでした。

仕方なく、裏側の常夜灯の下で釣ることにしました。

 

IMG_4679

メバルがヒットしました!

18cmとそこそこのサイズです。

裏側のほうが魚がたまっているようでした。

 

IMG_4680

今回の釣行初のアジです!

20cmくらいです。

小舟のジェード付近でよくヒットします。

 

それから、雨脚が強まり始めたので納竿です。

釣り道具もビショビショに濡れてます。

宇和海側に移動することにしました。

宇和海側に到着したのは午前1時を回ってから。

 

IMG_4681

アジがヒットしました。

サイズは24cmとグットサイズです。

身のノリも良いです。

このサイズが2匹釣れました。

 

 

4日目

この日は、同じポイントでまた竿を出すことにしました。

前日は時合が終わりかけている時間帯に入ったので、時合と同時に竿を出せばもっと数が狙えると思いました。

テントでぐっすり眠っていざポイントへ。

 

IMG_4691

前日のポイントよりももっと湾の奥のほうです。

ボラがライズしています。

すぐ横には河口があり、真水が大量に入り込んでいました。

アジは水潮を嫌います。

時合を待ちます。

 

IMG_4694

今日の夕食は、ホットドッグです。

火であぶったパンはとてもおいしかったです。

しかし、今日も天気は曇りのち雨。

果たして釣行はどうなるでしょうか?

 

IMG_4701

宇和海側は、実にたくさん常夜灯がありました。

伊方は初めて行きました。

湾の奥のほうは探っても全くアタリなしです。

前日ヒットしたポイントで再度竿を出しました。

 

IMG_4722

なかなかいいサイズが釣れました。

24cmです。

これを期に入れ食いです。

6匹くらい釣れました。

ワームは、クリア金ラメです。

非常に水深の浅いエリアで、ボトムまで1m位でした。

ボトムは砂地になっていました。

やはり砂地のほうがいいのかもしれません。

そしてアタリははたと止まりました。

時合終了です。

テントでお休みします。

 

 

5日目

この日は、また瀬戸内側の漁港を探しました。

夜まで粘りましたが、ノーヒットでした。

やけに根が荒く、フグが大量にいるポイントでした。

仕方なく、メバルの煮つけを作って、うどんと混ぜて食べました。

 

140628_2052

メバルの出汁がとてもおいしく、うどんととてもマッチします。

この日をもって今回の釣行は終了でした。

残念ながら40cmのアジには出会えませんでした。

でもアジが釣れたのでOKです。

雨の中の釣行だったのでアジングには少し難しかったかもしれません。

 

 

<使用タックル>

ロッド:プライムゲートUL、シマノ(SHIMANO) バスワン R 260L-2

リール:ダイワ(Daiwa) レブロスMX 2004 シマノ(SHIMANO) 13 ナスキー 2500S

ライン:フロロライン→クレハ(KUREHA) シーガー R18フロロリミテッド 100m 1.5lb クリアー

    PEライン→Rapala(ラパラ) ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 200m 0.4号 ライムグリーン

 

アジング入門マニュアルへ

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PEラインにシュを使ってみた!

こんにちは。

今月末、釣行を予定してます。

次回の釣行では、PEラインで遠投をするシーンがあるかもしれないので、PEライン用のスプレーを買いました。

IMG_4629

ノンガスタイプということで、遠征にもOKらしいです。

早速使ってみました!

かなり液体っぽいです。

でも、すぐ乾きます。

これでコーティング完了です!

これでやや飛距離も出るでしょうね。

 

モーリス(MORRIS) PEにシュ!ノンガスタイプ

新品価格
¥1,122から
(2014/6/14 11:23時点)


10gのキャロを使う予定なので、どのみち飛距離は出るでしょう。 

 

 

ライトゲーム!広島諸島群ランガン!

こんにちは。

山口アジング遠征からまだ1週間くらいしかたってませんが、また釣行です。

今回は、広島県の諸島群です。

ライトゲームというとこですが、一応アジングという気分で向かいました。

広島県の諸島群は、山口県よりも潮の流れが速く、干満の差もやや激しいです。

天候は曇り、やや雨といった感じでした。

土砂降りはマズイですが、カンカン照りよりかは良いです。

140606_1803

今回は、倉橋周辺をランガンしました。

良さげな防波堤の先端という先端が釣り禁止になっていたので、ポイントの選定に苦労しました。

また、常夜灯が無いところも多く、ナイトゲームがしやすいポイントは少ないという印象です。

そんな中でも、良さげな漁港を見つけたのでとりあえず竿を出してみました。

 

140606_1824

ライズしてます。メバルです。

アジの魚影はあまりありません。小さいクロダイがちらほら泳いでいました。

それにしてもフグがたくさんいます。

ワームを幾度となくちぎられました。

日も落ち、時合突入。

 

 

IMG_4589

メバルキャッチです!

18cmくらいです。

かなりウィードがあり、メバルには格好のポイントなのかもしれません。

これよりもやや小さいサイズが数匹釣れました。

 

IMG_4591

ワームは、アジクルーのアカキンです。

ここもラメ系がキテマスね。

 

IMG_4590

レインズに、UVキングシルバーというものが新発売していました。

これもやや効果がありました。

しかし、一向にアジは釣れません。

ポイントを変えましたが、やはりメバルだけ。

結局この日はメバルだけでした。煮つけになります。

翌日は、鹿島まで足をのばそうと思います。

 

IMG_4595

車とテントで仮眠をとって夕方まで時間をつぶしました。

鹿島は、広島の中でもアジング実績ポイントです。

サイズはあまりでませんが、数は出ます。

ここは、水深もあり潮の流れも速いので、キャロをいつも使うことにしてます。

夜になりました。

しかし、釣れません。

周りのアングラーも釣れていない模様。

体力も限界だったので、帰宅することにしました。

もっと夜中まで粘ってみるべきでしたでしょうか?

今回は突然の釣行でした。

小潮で潮位が低く、時合時に干潮が重なり難しい釣りでした。

近々、デカアジを狙うための釣行に向かいたいと思います。

計画を練ってます。
アウトドア&スポーツ ナチュラム
 

 

 

ライトゲーム必須。便利アイテム!

釣りに必要なものは、ロッド、リール、ライン、ルアー、クーラーボックス

しかし、快適に釣りを楽しむにはこれだけでは物足りない。

ここでは、以外と忘れがちな必須アイテムについて紹介していこう!

IMG_4581

この画像の3つが釣りには必須アイテムだ。

特に、アジングやライトゲームでは活躍する。

 


⇧第一精工 ワニグリップミニ+ホルスター ブラック

魚をつかむためには必要です。

特に、アジなどの青魚はぬめりや臭いが強いので、素手で触ると面倒なので必要です。

そのほか、カサゴやオコゼなどのトゲトゲな魚をつかむにも安全です!

ホルスター付きなので、ベルトにぶら下げて常時装備可能です。

 


⇧タクティクスエンジョイ(TACTICS ENJOY) スーパー水汲みハード 丸 21CM ブルー

水汲み用バケツです。魚の血抜きをするのにも使います。

そのほかにも何かと便利です。

 

カザックス うに切りハサミ 165mm

アジを締めるのに使います。

アジのエラから差し込んで延髄を切ると、上手く締まります。

ウニ切りハサミが刃が強くて、鋭く、魚の身を傷つけません。

軽い力で簡単に切れます。

⇧ベルモント(Belmont) フィッシング小出刃包丁110mm

クロダイ、シーバス、その他大物がかかったら、これでないと締まりません。

 


⇧GENTOS(ジェントス) LEDヘルプライト

ナイトゲームには必需品。

あまり光量の強いものでなくて、手元を照らせるくらいの光量のものでOKです。

ライトで水面を照らさないようにしましょう。

魚にプレッシャーがかかって、釣れにくくなってしまいます。

 

⇧BUNDOK(バンドック) 魚網三角型 120-25

尺アジがかかろうものなら、タモなしでは少し不安ということもあります。

これがあればキャッチ率が格段に上がるでしょう!

足元まで来て、バラすなんてことしたくないですもんね。

 

以上がざっと必須な便利アイテムです。

これがあると、快適に釣りができ、魚の鮮度を保っていられます。

参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

 

初夏の爆釣アジング遠征  IN  山口県 周防大島! 

 

どうも。お久ぶりです。

このたびも、軽く1週間ほどアジング遠征へと向かいました。

場所は大島です。

気温も上がり、水温も上昇していると予想されたため、よりアジの活性が上がっていると思いました。

ちょうどアジの産卵期ということもあり、アミを捕食するためにアジが回遊してきています。

 

▮釣行1日目▮

IMG_4525

今回は、久しぶりにポイントの発掘もかねてみました。

意外と今まで気づかずにスルーしていたポイントがあったので、そこで竿を出してみました。

IMG_4524

現地入りしたときは、干潮でした。

そこをよく観察してみましょう。結構岩だらけですね。

このような石だらけだと根魚が釣れやすいです。

IMG_4527

今回も水温を測ってみました。

水温は、18℃でした。前回よりも4℃UPしてますね。

やっとアジの活性が高くなる水温になってきました!

 

IMG_4530

このたびの初ヒットは、メバルです!

15cm前後です。普通のサイズですね。

 

IMG_4531

日が暮れても釣れるのはメバルばかり。でも結構いいサイズです。

初日のポイントは、メバルしか釣れませんでした。

ソフトルアーは、アジネクトンやアジクルーの金ラメ、アカラメ系です。

メバルしか釣れないため、ポイント移動です。

初日はかなり、ランガンスタイルになりました。

目新しい漁港という漁港を転々としましたが、結局アタリはゼロ・・・・

結局、いつものポイントに向かいました。

 

エサ釣り師がいました。

サビキが一人二人だ結構難しいです。

そのサビキにすべてのアジが寄っていってしまうものですから。

それでもなんとか粘ってみました。

 

IMG_4540

豆アジがかかりました。

このたび初のアジで安心しました。魚影の濃い山口ですからアジが釣れないことなんてありません。

こんな感じのが数匹釣れて初日は終了。

 

▮釣行2日目▮

この日も、ポイントを発掘するべく車を走らました。

ちょっと市街まで買い出しに出かけて、氷を継ぎ足しました。

釣り具屋に、アジクルーのアカキンという良さそうなワームがあったので買いました。

しかし、いきなり暑くなりました。

IMG_4541

新しく見つけた漁港です。湾の奥を打ってみましたが、ノーヒット。

アタリすらありません。

また、いつものポイントに向かいました。

 

ちょうど満潮から下げ潮になりはじめたときです。

IMG_4544

出ました!結構いいサイズ。

25cmはあるでしょうか?身のノリがいいですね。

 

IMG_4546

 

こんな感じのカラーをローテさせてみました。

金ラメが強いですね。

アミを捕食している場合は、ラメ系カラーがベストです。

他にも、ケイムラグリーン、アカラメ、を使いました。

食わなくなるとワームの色を変えると、すぐに食い始めますよ。

 

この日は、25cmを筆頭に20cm前後が数匹釣れました。

潮が止まり時合終了。

明日はどのポイントに行こうかな。

もうこのポイントで一か所滞在型で攻めたほうが楽しいような気がしました。

 

▮釣行3日目▮

この日は、ちょっと探検しました。

山の奥の道にはいっていくと一体なにがあるのでしょうか?

 

IMG_4547

なんとこんなプライベートビーチがありました。

山奥からどんどん下に下る道に沿って車を走らせました。

いいですね!

もう泳いでもいいくらい暑くなってました。しかし、水泳用具はもってきていませんでした。

泳いでいるひともいました。

ここでちょっと休憩がてら食事です。

IMG_4549

ハンゴウで飯をたきました。

これぞアウトドアの醍醐味です。

ハンゴウで炊いた飯は香ばしく、美味いです。

 

IMG_4550

カレーライスです!

レトルトですが。でも最高です。

空腹だったので、普段の数倍はおいしかったです。

今日も釣るぞー。

夕方になり、ポイントに入って竿をだしましたが。

今日も、エサ釣り師がいます。

サビキをガンガン巻いてます。

そして、余ったサビキを海へとザブンと投げてしまいました。

この日は、釣果はゼロでした。

釣れないときは、見切りをつけて早めにポイントを移動するのも大切です。

 

▮釣行4日目▮

釣行序盤で釣った魚をさばきました。

このへんでさばいておかないと、痛みます。

干物にしてもOKな感じにするために、2枚おろしにしました。

IMG_4555

これを塩水に浸けて、2時間待てばあとは干すだけ。

焼いてもOKです!

ササッと処理して、夕方の時合に備えて休憩です。

 

IMG_4556

水温を再び測りました。

水温は20℃です。なんとここ4日間で2℃も上昇しています!

水温はこんな短期間で2℃も上昇することに驚きました。

この4日間は春から初夏にかけてのターニングポイントだったように思えます。

良い季節に釣行できてよかったです。

アジを求めてキャストを繰り返します。

 

IMG_4558

なかなかいいサイズがかかりました。

25cm位です。これまたずっしりみが重い。

掛かった時に、ロッドにかなり乗っている感がありました。

結構ロッドも曲がりました。

テンションが上がりはじめ、眠気も覚めました。

ガンガンキャストを繰り返しました。

すると・・・

 

 

IMG_4565

出ました!尺アジです。31cmです。

人生初の尺アジ。感動です。

去年の夏の、27cmが最高記録でした。記録更新です。

足元まで来て、いきなり走り始めました。

ドラグがあんなに出たのは久しぶりです。

タモなしで抜きました。ちょっと危なかったです。

しっかりフッキングしていたので大丈夫でした。

リーダーはフロロ0.8号を組んでおいて良かったです!

リーダーなしでは明らかに切られていたでしょう。

終始、0.4gのジグヘッド単体でした。

この日は、サイズが良いのが回遊してきていたらしく、25cmアベレージ。

久しぶりの満足のいく釣果です。僕のアジングライフの中でも輝かしい1日となりました。

IMG_4561

 

ワームは、アジクルーのアカキンが効果テキメンでした。グリーン系も良かったですが、断然アカキン。

 

IMG_4568

アカキンって最近発売したみたいです。

今までありませんでした。

ワームも続々と進化しているのですね。

この日は、26cmアベレージでした。

良い思いできました。お土産にも十分です。

 

▮釣行5日目▮

この日は、初日に釣ったメバルを料理して食べました。

メバルと言えば煮つけです。

IMG_4569

意外と全部鍋に入りました。

水、酒、しょうゆ、を目分量で入れました。

意外と美味くできていました。

飯も炊いたし、これで万全です。

しばし、休憩しまた氷の買い出しに行かなくてはいけません。

夏になると氷の補給に余念がありません。

ウレタンと真空管パネルのクーラーボックスならばもっと氷が長持ちするのでしょう。

夏は、ダイワのプロバイザーが必須ですね!

公園でテントを張って休憩です。

また時合が近くなると、ポイントに移ります。

ちょっと気になる漁港があったので今度はそこへ行きました。

IMG_4576

ライトもたくさんついていてなかなかいい感じです。

初めて竿をだすポイントでしたが、むしろこっちのほうがメジャーなポイントかもしれません。

かなり水深があるようで、ジグヘッド単体0.4gで20カウントでやっと底についているような感じでした。

投げ釣り師がいました。ちょいちょい上がっているようです。

キャストをして、レンジを細かく探っていきました。

 

IMG_4577

釣れました!アジです。

そんなに悪くないサイズです。

中層~低層でよくアタリました。

0.4gで10カウント~20カウントくらいでした。

0.4gで食ってこなくなると、0.8gで食ってくることもありました。

ワームはずっとラメ系です。

アミパターンを意識していました。

 

IMG_4578

今回で最大サイズのメバルです。20cmくらいです。

かなりずっしりとしたアタリでした。

下に走るので、「アジではないな」と思っていました。

上げてみると良いメバルです!

その後も、潮が止まるまで18cmくらいのアジがぽつぽつと釣れました。

時合が終了し、これで今回の釣行は終了となりました。

 

<考察>

今回は良型が続出しました。

何とも満足な釣行になりました。

ジグヘッド単体でずっと攻め続けましたが、水深があるところではキャロにしたほうが良かったかもしれないと思ったりもします。

ライトキャロも使ってみればよかったような気がしますが、ジグヘッド単体にこだわっていました。

全般を通してロッドアクションは、フワフワしたリフト&フォールをメインに行いました。

しかし、反応が鈍ってきてからはワインドやダートなどのアクションを試してみてももっと釣果が伸びていたかもしれません。

表層ワインドというアクションも有効だという話もあるようなので、次回はちょっと試してみようと思います。

水温が20℃を超えてから、明らかにアジの活性が上がっており、アタリも増えています。

ナイトゲームで、ポイントは夜の漁港の常夜灯の下がメインでした。

特に、沖側の光の明暗部でのヒットがほとんどでした。

着水してレンジまで落として、1~5回くらいリフト&フォールしたときにバイトが集中しました。

レンジはコロコロと変わるので、こまめにレンジを変えて探りました。

ワームのカラーローテも頻繁に行いました。カラーを変えるとすぐにアタリが増えました。

7.6フィートという長めレングスを使ったことにより、軽量リグをやや遠目にキャストできたことが釣果につながったのかもしれません。

 

 

<使用タックル>

ロッド:メジャークラフト ソルパラ SPS-T762M

リール:ダイワ(Daiwa) レブロスMX 2004

 

ライン:クレハ(KUREHA) シーガー R18フロロリミテッド 100m 1.5lb クリアー

ジグヘッド:アルカジックジャパン (Arukazik Japan) Ar.ヘッド ジャックアッパー -#6 ブラックニッケル

 

 

アジング入門マニュアルへ

ライトゲーム必須。便利アイテム!へ

釣り遠征のおすすめアイテム。へ

夏の釣りのオススメアイテム!へ

 

バス釣りを始めよう!バス釣りを始める前に知っておきたい予備知識。

 

 

しばしブームは過ぎ去ってしまったが、バス釣りについてのお話だ。

今でも、どこの野池にもバスは生息している。

ブームが過ぎ去っているからこそ、魚がスレていなくて釣りがしやすいかもしれない。

バス釣りタックルは、シンプルそのものだが、そのポイントの状況によって選ぼう!

まず、バスタックルを買おうと思ったときに、2つの選択肢があげられる。

●スピニングタックル

●ベイトタックル

このどちらのタックルにするか重要である。

オープンウォーター(障害物やストラクチャーが無いところ)や、軽いルアーを遠投した場合は、スピニングタックル。

狭いエリア、ストラクチャー(障害物)やウィード(水草)がガンガンある所や、デカバス狙いの場合は、ベイトタックル。

こんな感じの選び方だ。

初心者には、扱いやすさの面からスピニングタックルをお勧めする。

出来れば、両方持ち歩くのがベストだ。

お勧めのタックルを紹介する。

 

▮スピニングタックル▮

●ロッド

⇧シマノ(SHIMANO) バスワン R 166ML-2

もう10年近く使ってますが、現役です。

入門ロッドの大道だと思います。

バス釣り以外にも流用できて何かと便利です。

 

●スピニングリール

⇧シマノ(SHIMANO) 13 ナスキー 2500S

ドラグもしっかりしていて、上級機種に劣りません。

 

▮ベイトタックル▮

●ロッド

⇧シマノ(SHIMANO) バスワン 1651-2

これまたバスワンです。

 

●ベイトリール

ベイトリールは、なるべくハイスペックのものがいいです。

安価なものは、ライントラブルを発生しやすくさせます。

⇧シマノ(SHIMANO) スコーピオンXT 1501 左

これくらいのスペックが最低限必要です。

3号ラインを165m巻けるので、キャパ的には問題なし。

 

●タックルを使うときの注意点

ベイトリールを使うときにはコツがあります。

サミングと呼ばれるテクニックが必要です。

サミングとは、ルアーをキャストして着水したときにスプールを軽く手で押さえて、ラインの出ていくのを止めることです。

これをやらないと、ラインがバックラッシュを起こします。

バックラッシュとは、スプールに巻かれているラインがたくれて絡まることです。