自作ジグヘッド。簡単で低コストなので根がかりも安心!

こんにちは。

今回は、あえて紹介するまでもないかもしれませんが、

一応、僕が使っている自作ジグヘッドと、

その作り方を紹介したいと思います。

もうすでにやられている方もかなりいるかと思います。

根がかりが頻発する場所、

初めてのポイントの様子見などでは、

非常に重宝するジグヘッドです。

主に、ライトゲームで使っているジグヘッドになります。

 

それも実にシンプルで、

お徳用の針にガン玉、割ビシなどをかませるだけです。

低コストでたくさん作れてお得です。

 

IMG_6780

<準備するもの>

●マルチプライヤーもしくはペンチ

●ガン玉

●瞬間接着剤

●ハリ

 

1、フックのアイの下に接着剤を塗る

IMG_6782

ゼリータイプだと付着しやすいです。

 

2、ガン玉をかませる

IMG_6783

ペンチなどでしっかりかませます。

あまり強く潰すと真っ平らになってしまいます。

それもまた効果的なこともあります。

ガン玉をかませた後に、接着剤を塗るのも良いみたいです。

 

3、完成!

IMG_6784

どうでしょう。すごく簡単でしたね。

1分くらいで1つ作れるでしょうかね。

さらに、ヘッドに小さなホロシール、アイシールを張ってもまた効果的かもしれません。

お好みでどうぞ!

 

IMG_6778

たくさん作って、ケースにストックしておけば、

なかなか無くなりません。

わかりやすいように、グラム数を貼っておくといいですね。

 

ヘッドの形状を削って変えたり、

小細工することもできるのですが、

あまりいじるとグラム数が変わってしまいます。

 

割ビシもガン玉も、

0.6gの重さがなかなかないですが、

そういう時は、0.5gとかでも対応できるでしょうかね。

0.1gの差はそれほどデカいでしょうか?

少なくとも0.2gの差が釣果を分けることもありました。

重さにシビアなアジもたくさんいます。

 

そろそろ、

アジがたくさん釣れるところに遠征でもゆきたいです。

おそらく次回の釣行は伊豆周辺の釣り場開拓となるでしょう。

伊豆は広いです。

全部探るには、3日はかかるでしょうね。

壮大な夏の冒険となるでしょう。

 

 

 

 

 

一番簡単、シンプルなアジキャロの作り方。

こんにちは。

今回は、僕がいつも使っています、

アジキャロの作り方を紹介します。

キャロは、あまりロストしないこともありますが、

根がかりでロストすることもあり、

作ったほうがかなりコスト的に楽です。

 

僕がやっているアジキャロの作り方は、

おそらく一番簡単でシンプルな方法なので、

是非ともやってみてください。

 

IMG_6758

 

<材料>

●極細穴中通しオモリ

●フィックスパイプ0.6mm

●瞬間接着剤

 

<手順>

1、フィックスパイプを中通しオモリに通す

IMG_6761IMG_6760

穴に通りにくいと思ったら、

クリップや針金で穴を広げます。

 

2、接着剤を塗る

IMG_6763

オモリとパイプの入口に瞬間接着剤を塗ります。

隙間を埋めるように塗ります。

これで、オモリがズレないです。

そのまま乾かします。

 

3、完成

IMG_6764

どうでしょう。

すごく簡単です。

作業時間10分くらいです。

今回は、僕のキャロの基準である、

3gを使ってみました。

 

ちなみに、極細穴中通しオモリ、フィックスパイプ0.6mm

が最もベストマッチでフィットします。

上記以外のオモリ、フィックスパイプを使うと、

穴に入らないこともあるのでご注意ください。

 

ハンドメイド軽量メタルジグ!作り方。