ハードルアーとソフトルアーのメリット、デメリット。

こんにちは。

今回は、ルアーのメリットやデメリットなどを、

改めて考察してみました。

かなり原点に戻るような話になるのですが、

マッチザベイトという言葉を聞くと、

考えることが多くなりました。

 

皆さんはどのように使い分けておられますか?

ハードルアーとソフトルアーの特徴を少し振り返ってみます。

 

●ハードルアー

ハードルアーとは、硬質な素材で作られたルアーのことです。

素材は、ミノーであれば木材、メタルジグであれば鉛、

スプーンであれば、鉄も使われます。

個人的には、プラスティックで出来たポッパーを使っていたこともあります。

素材はもしかするともっと幅広いかもしれません。

メリットとしては、光沢が出やすいということです。

アルミテープ、ホロシールを一面貼りにするものですから、

光を反射させやすいです。

それが、生の魚の光沢を再現します。

この光沢は、ソフトルアーのラメなどでは表現できないものがあり、

生き餌にも近い体色を再現することも可能です。

ベイトパターンにおいては、ハードルアーのほうが向いていることもあります。

またプラグなどは、重さと浮力があるため、

遠くにキャストしながらも、

一定のレンジをゆっくり探れるというのもメリットです。

デメリットは、コストが高いということ、

そして、動きも硬質で上下や左右に振動するだけです。

ソフトルアーのようなウネルような動きはやや苦手とします。

ベイトが光沢のある小魚などの場合は、

光沢を施したミノーやメタルジグが適していることが多々あります。

 

●ソフトルアー

ソフトルアーは、ほとんどが軟質なゴムでできています。

ゴム以外でできているソフトルアーはあったでしょうか?

ちょっと思い当たりません。

メリットとしては、ジグヘッド、ノーシンカー、キャロなど、

リグとフックの組み合わせが用意で、

重さも調整しやすいです。

また、軟質な素材から、ウネルような動き、

生き餌のような細かい動きをします。

コストは安く、ロストしても気になりません。

魚も、飲み込み安く、食らいついても違和感を感じるのに少し時間が掛かるかと思います。

デメリットは、劣化が早く、光沢が表現しにくいということです。

ラメカラーなどもありますが、流石にハードルアーほどの光沢はなく、

ややキラキラする程度です。

また、単体では非常に軽く、

飛距離を出すためには、シンカーを重くする必要があるため、

自ずと沈むスピードも速くなってしまいます。

レンジをゆっくり探るのが難しくなります。

しかし、使い道は幅広く、

使い方次第で、あらゆる状況でも釣果を出せます。

 

簡単にまとめましたが、

このような違いがあると気づくわけですね。

一番大切なのは、光沢があるかないかですね。

ハードルアーのほうが、リアルな光沢を再現したものが多いですね、

というのが今回のお話の中枢です。

アジング、ライトゲームに限ったことでなく、

全てのルアーゲームにおいて、

共通する話題ですね。

 

これからは、ベイトを判断し、

積極的にプラグやメタルジグなども使っていきたいと思っています!

 

夏くらいには、プラグも1つ自作してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真冬ライトゲームin三浦市!釣果は優れません。

こんにちは。

まだまだ寒い日々が続いています。

立春はとっくに過ぎましたが、

一段と寒いような気が・・・

 

こんな寒い中でも、

釣りに行きたくて行ってきました!

今回は、三浦市周辺でのライトゲームです。

三浦市周辺は、去年の夏以来。

釣り場は、少ない印象でしたが、

なんとか見つけて来ました。

 

KC4I0079

到着したのは、午後2時くらい。

久々にデイゲームからやってみました!

常夜灯もどうやらあるみたいで、

ナイトゲームもできます。

 

初めて訪れるポイントということで、

2タックル用意してみました。

まずは、キャロタックルです。

KC4I0081

ロッドはソルパラ7.6f、

リールはナスキー2500s、

ラインはフロロ2.5lbを巻いておきました。

キャロは、3gを基準に使ってます。

この日は、風も強く、波止場の外側は水深も結構あります。

キャロは、自作です。

といっても、実に簡単なキャロです。

ゴムパイプ0.6mmに中通しオモリ通して、接着剤で固定するだけです。

また次回作り方を簡単に紹介したいと思います。

 

 

そして、ジグヘッド単体タックル

KC4I0083

ロッドは、ダイワプライムゲート6f。

リールは、アルテグラ1000s。

ラインは、ピンキー0.3号です。

ジグヘッド単体は、1g~1.6g。

ロッドは、かなりレギュラーなテーパーですが、

伸びのないラインを使うとバランスが取れます。

このロッドは、もう廃盤なんですね。

中古で出回ってることはたまにありますが。

これは汎用ロッドで、トラウト、メバル、メッキなどにも使えます。

おまけにオールSICなんです。

だったような気がするのですが。

フィネスライン使うときは、摩擦を抑えてくれるし、

アタリも良く拾ってくれます。

もう売ってないというだけで、ちょっとレアもの感があって、

大切に使いたいですね。

ちょっとコルクヤスリで削って細くしてみようと思います。

今、僕が持っているアジングロッドよりも、

実は高価なのです。

当時は、アジングロッドが出回ってなかったので、

これをメインに釣りまくってました。

アジングショートロッド買おうと思ってましたが、

以外にも、こちらもまだ登場するかもしれないです。

 

さて、キャロで釣りを始めたものの、

実に良く根がかりします・・・・

まだ干潮だったからでしょうか、

5カウントでもアウト。

 

根が荒いというか、

局所的に、大きな岩が沈んでいるみたいです。

まあ、結局根が荒いのですね。

KC4I0082

 風は流行り強めで、

ライトゲームには痛いコンディションになってます。

冬は、寒い上に風が吹くので苦労します。

この時期に釣りに行くのは、

もう3年ぶりくらいじゃないですかね。

テトラが大きくて、安定感があり歩きやすかったです。

ここでもアタリは無しでした。

もっとボトムあたりを探れば、カサゴくらい釣れたかなと思ったり。

でも根が荒い。

 

寒さに負け、

一時休憩です。

常時、森永ミルクキャラメルを食べてました。

周辺をお散歩してると、

やたらネコが多いのですね。

 

KC4I0080

なんとなく、3匹います。

ちょっと時間がずれると、

5匹以上かたまってました。

こんなにたくさんネコがいる漁港は初めてです。

 

紅茶を飲んでいると、

日が暮れて来ました。

ナイトゲーム開始です。

 

ライトは3つあるのですが、

なかなか点灯しませんでした、

ここは点灯しないのかと思いきや、

 

KC4I0084

点灯しました!

早速、常夜灯周辺を探ってみました。

 

しかし、アタリ一つなく、

寒く、寒いです。

冬の夜の寒さを軽く見てました。

そういえば、まだ2月なのです。

気温は4度、そして風が強い。

体感温度はマイナスでしょうね。

 

寒すぎるということで、

コンビニまで急きょホッカイロを買いに行きました。

心臓の前後ろにカイロを貼りました。

ちょっとましになりました。

 

それでも魚の気配がなく、

アタリもなかったので、

もう移動することにしました。

 

別の漁港へ到着。

そして、早速ジグヘッド単体で探りをかけてゆきました。

すると、初ヒットです。

 

KC4I0085

 

小メバルです。

それでも、アタリはかなりありました。

やや水温が高かったからでしょうか?

そもそも、メバルは冬が本番みたいなもの。

水温は関係ないかもしれません。

ワームは、クリアーラメを使ってました。

 

ほかにもアタリはあったのですが、

なかなか乗らず・・・

アジングだと思って釣りをしていましたが、

メバル専用の釣り方にしたほうがよかったかもしれません。

 

もうひと休憩して、釣ろうと思いましたが、

寒さに断念し、終了です。

ダウンジャケット着てくれば、もっとやれました。

 

メバル1匹とは、ちょっと物足らないです。

この時期は、数釣りは難しいのでしょうか?

メバルだと良型が出やすい時期です。

この時期は、アジが釣れなければ、早々にメバルに切り替えて狙ったほうが良いみたいですね。

でもやはり、アジが釣りたいと思ってました。

 

次回このエリアを訪れるときは、

城ヶ島あたりまで足を伸ばしてみたいです。

 

KC4I0087

 

帰りに、横須賀名物を買って帰りました。

香ばしい風味で美味しかったです。

 

アジングタックルについて。