久しぶりの山口アジング!雨に苦戦。

こんにちは!

今回は、1年ぶりとなる、

山口エリアでの釣行でした。

関東エリアでのポイント発掘を開始してからは、

もう中国エリアには滅多に行けないと思っていましたが。

なんとか時間ができたので、

向かいました。

 

山口というと、

愛媛とならんでアジングのメッカですね。

アジングをやるアングラーであれば、

1度は訪れてもらいたいですね。

 

 

それにしても、10月とは思えない暑さ。

昼についたので、

少し海を泳ぎました。

海水はちょうど今が一番暖かい頃。

人がいない海水浴場は、

一段と水が綺麗です。

 

しばらく、海を眺めながらのんびりと休憩しました。

都会での疲れを癒せる瞬間ですね。

 

160928_1301~01

とりあえず、久々のアウトドアということもあり、

バーベキューがしたくなりました。

屋外で炭火焼肉なんて、滅多にできないので、

やってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして釣り場へ移動です。

 

 

 

潮の時間も見計らってきましたので、

さぞ釣れると思いましたが。

意外にも苦戦です。

 

バイトはあるのですが、

とにかく乗らないです。

サイズが小さいのですね。

 

 

160927_1844~01

 

 

 

 

 

 

 

 

10cm程度の豆アジばかり。

豆アジは豆アジで美味しいのですが、

釣るには物足りないですね。

 

160927_1808~01

初日のヒットカラーは、

バークレイのクリアーシルバーラメです。

今回初使用だったのですが、

効果アリですね。

シルバーラメ系が強いところですので、

こんなパターンです。

結構しっかりとした生地のワームで、

ハリがずれないですね。

 

 

 

 

160927_2027~01

 

 

 

 

 

 

 

 

ややサイズアップで、15cmくらい。

サイズの割には引きますね。

瀬戸内のアジは、引きが強いのでしょうか。

愛媛は25cmでも、なんなく寄ってきます。

 

隣には、サビキの方々がいました。

ちょっと暗いところで釣っていたので、

よく見えませんでした。

それでも掛かったのでラッキーですね。

 

初日はこれくらいです。

どれもキープサイズではないですね。

 

img_6226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日の昼食は、バーベキューセットで、料理です。

ジャガイモと豆の缶詰、ウインナーを野菜ジュースで煮込みます。

アウトドア料理という感じですね。

コンソメも忘れずいれました。

 

2日目は、潮周りが徐々にベストに向かってゆくのですが。

雨が本降りとなり始めました。

実に厳しい釣りです。

 

160928_2151~01

 

 

 

 

 

 

 

 

豆ばかりです。

良型は入ってきていないのでしょうか?

すべてリリースしました。

雨の日は、やはり難しいのでしょうか。

小雨程度なら問題ないのですが、

さすがに普通に降ると、

難しくなります。

それでも、愛媛では問題なく釣れてました。

 

 

翌日の昼食は、バーベキューセットで、

メバルの煮付けです。

img_6235

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃える炎を見るのは、久々で、

なんとも落ち着きます。

薪を持参してはいたのですが、

小枝などいたるところに落ちています。

雨のせいで使えませんが。

晴れていたら使えます。

 

この日から、徐々に良いサイズがかかるようになりました。

img_6239

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22cmくらいです。

平均20cmです。

サイズの割にはかなり引きが強いです。

ルアーは、クリアラメにまったく反応せず、

グリーン、オレンジを投入したところ、

入れ食いです。

今回は、フィッシュイーターパターンでしょうか。

マッドホワイト系にも反応しましたね。

おそらくシルエットがハッキリしているからでしょうね。

 

img_6240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、久々に釣りたてのアジの刺身を食べました。

うまいです!

アジングやっていて良かったと思える瞬間でもあります。

釣りたては、まったく臭みがなく潮の香りと甘みが突き抜けます。

変ですが、フルーティーな味ですよ。

 

img_6241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りは、塩焼きにしました。

焼ける音がいいですね。

 

連日の雨も止み、

ちょうど釣りがしやすくなってきました。

そして、爆釣れるタイムは訪れたのです。

 

img_6251

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22cmです。

時合いがくると入れ食い状態です。

今回は、ラメカラーがあたりです。

1日お気にヒットカラーが変わるのですね。

この日は、週末でほかのアングラーもいました。

僕の横でもバンバン釣ってましたね!

計20匹の大漁でした。

最後の最後の、潮が引ききるまで釣れてました。

 

翌日は、

サバ2匹だけという釣果です。

あたりはあったのですが、乗らないです。

もう潮の時間帯が悪くなってきました。

そろそろ今回はおしまいです。

納竿しました。

 

良型のアジが回ってきている日とそうでない日があるのでしょうか。

それとも、僕のアプローチの仕方が間違っていたのでしょうか。

まだまだやるべきことはあったかもしれません。 

 

今回は、

食いが渋いなと感じました。

夜光虫も出ていたし、

連日の大雨で、水潮になってしまっていたからという理由が考えられますが。

しかし、僕自身のアプローチがやや足らなかったと思います。

 

いつもやっている方法で釣れなければ、

もっといろいろ試してみるべきだと思いました。

アミパターン、0.4gでラメカラーのフワフワアクションでずっとやってました。

しかし、重さをもっと上げて、トゥウィッチング、テンションフォールなどをやってみたら、

もっと釣果が変わったかもしれないと思ったりもします。

 

エリアにはある程度のパターンはあるのですが、

やはり決めつけずに、いろいろなパターンを探ってみる必要があるように思いました。

それは、アクション、ワーム、リグの重さ、すべてですね。

 

 

そして、ここからが今回の重要な点です。

今回の釣行でまたいろいろな考察が見られました。

 

<ポリエステルラインの特徴>

前回から、ポリエステルラインを使い始め、

だんだんとそのデメリットも見えてきました。

ポリエステルラインは、伸びが少ないラインで、感度がよくアタリがよくわかるのです。

しかし、その反面アタリを弾いているのではないかと思うことが多かったのです。

これは、僕のドラグのセッティングか、その日の魚のコンディションにもよるとは思うのです。

ところが、7.6fロッドにフロロラインのタックルに持ち替えたところ、

すごくヒットが続出し、うまくフッキングが決まるのです。

フロロラインだと、アタリを弾かずにうまくフッキング出来ているということにも思えます。

しかし、まだ断定はできないので、

次回はフロロから使いはじめ、

釣れ始めたらポリエステルに持ち替えたいと思っています。

これで連れ続ければ、ポリエステルラインでも難なく釣れるということです。

フロロでないと釣れないような状況下がある可能性もあります。

伸びが少なく、感度がよいということは、その分魚にも違和感を素早く伝えるものだと思っています。

 

また、ポリエステルラインは雨、風に弱いという印象も受けました。

とくに雨が降っていると、ロッドのガイドにペタペタくっついて釣りにならないこともしばしば。

これは、フロロでもあるのですが、自分でラインを送り出さないと沈んでいかないようです。

そういうときは、キャストして着水し、余分に糸のたわみを出し、ラインを送り込んでゆくようにしてました。

このあたりは、水になじみやすいフロロのほうが扱いやすいです。

 

そして、合わせ切れについてですが、1回ほどありました。

リーダーから切れてました。

結び目は、ラインの号数が違うため負荷がかかりやすいです。

0.3号というやや細めなラインだったので、仕方ありませんね。

細いラインほど、劣化が激しく、寿命も短いです。

おそらく2回の釣行で、交換しないとまともに使えなくなるでしょう。

 

ポリエステルラインについては、これからも比較検証してゆきたいと思います。

 

<アジのパターン>

アジは常にアミパターンと思い込んでいたのですが、

たまにはフィッシュイーターパターンもあるのです。

いつものアミパターンで釣れないとなると、

ルアーの色、アクションなどをかえフィッシュイーターパターンを試みたいとおもいました。

 

1年ぶりの山口アジングということで、

実に楽しませてもらいました!

こんなに釣れるところは少ないですからね。

次回訪れることが出来るのはいつになるでしょうか。

いずれは長崎や佐賀にも足を運んでみたいと思います。

 

お疲れさまです。

img_6252

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外な魚がヒット!横須賀アジング。

こんにちは。

今月も釣行へ向かうことができました!

今回向かったのは、

横須賀エリアです。

 

このエリアも、初エリアで、

まだ未開拓な部分が多く、

アジがいるかいないかもわからない状態です・・・・

 

ネットの情報によると、

いなくはないようだったので、向かうことにしました。

 

ポイントもまだ熟知しているわけではありませんが、

探りながの釣行でした。

 

160901_1330~01

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に見晴らしのよい海岸が多くあり、

サーフエリアとしても楽しめそうですね。

サーフというとヒラメ、マゴチなどのフラットフィッシュになってくるでしょうか?

そっちの方は、本格的に狙ったことがないものです。

 

しかし、やはりひと夏に1回は泳ぎたくて、

泳いでみました。

幸い、駐車場は本日無料とのことで、

駐車して、気楽に休んで、

海水浴を楽しみました。

 

 

160901_1428~01

 

 

 

 

 

 

 

 

台風が過ぎ去ったあとということもあり、

水質はやや濁ってました。

しかし、こういう濁りが有利に働くこともあるのです。

 

海水温は、もう温いですね。

瀬戸内で泳いでいたときは、

かなり冷たかったのですが、

こちらは平気ですね。

 

まともに泳いでいるのは、僕だけで、

カヌーを楽しんでいるひと、浜辺で戯れる人々など、

実に平和な光景でした。

 

なんと、無料のシャワーまで設置しており、

これは助かったという感じです。

いつもペットボトルに水を入れて、

頭からかけているものですから。

 

夕暮れを見届けて、

早速ポイントへ移動です。

 

事前に調べた限り、横須賀で釣りができるポイントは、

少ないです。

明確なポイントは、お教えすることができないですが、

漁港という漁港はすべて釣り禁止なのです。

 

その中でも見つけた数少ないポイントで粘ろうと思いました。

 

 

160901_1802~02

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうは、珍しくテトラ帯でのアジングです。

テトラというと、アジよりもメバル、カサゴがかかりそうな気が・・・・

いやしかし、時間帯もよくなってきたので、

竿を出しました。

がしかし・・・・・

 

根がかりがひどい。

そればかりか、満潮なのに浅すぎるのです。

トップしか攻めてないのに、

引っかかるなんて・・・・

 

 

160901_1802~01

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと夕食をと、簡単なものをつまみました。

夕食は、即食べれて、高タンパクなものがいいですね。

飯盒で炊いていることもありましたが、さすがに時間がなくて。

 

それから、釣りを再開しました。

しかし、なんだかナマコのようなものが釣れて以降まったくアタリがなく。

別のポイントに移動しました。

 

そもそも別のポイントなんて調査してないので、

その場しのぎのランガンです。

 

良さそうな漁港を見つけたので、

竿を出しました。

 

すると、スロープの際でヒットしました!

 

160901_2019~01

 

 

 

 

 

 

 

 

15cmくらいのメジナです。

アジングでメジナがかかるのは初です。

いい色ですね。

サイズの割には引きました。

 

ここはやや水深があるところです。

根がかりもなく、

ボトムは砂になっているのでしょうか。

 

その後も、キャストを繰り返しました。

 

すると。

 

160901_2055~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40cmのマゴチゲットです!

いやー。驚きました。

ガツンとひったくり、グイグイ下へ持ってゆくもので、

これはなんだと思えば。

マゴチだったのですね。

ラインは、1.4lbでしたので、

ギリギリの攻防でした。

 

側面がスロープになっていたため、

タモなしでランディングできました。

これは運が良かったですね。

 

良型です!

ライトゲームではこういったハラハラする展開もあるのですね。

シーバスタックルだと余裕だったでしょうね。

 

寄せても寄せても、ドラグを出され、

いかにも釣りらしいファイトを楽しむことができました。

 

マゴチは、さばき方がわからず、

リリースしました。

高級魚なのにもったいないですね。

次回は食べてみたいです。

 

160901_2115~01

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じのも釣れました。

これは、ゴンズイでしょうか?

ちょっとよくわからないです。

 

ワームは、ずっとクリアー銀ラメをつかってました。

ワームの基本ですね。

 

 

今回のポイントは、

マゴチが釣れたことから、

やはりボトムは砂地ということでしょう。

 

残念ながら、アジはキャッチできずでした。

もっと探せばいいポイントありそうですね。

 

これを期に、マゴチも本格的に狙ってみたくなりました!

これからはマゴチのシーズンということです。

 

マゴチは、リフトアンドフォールのアクションに反応しやすいみたいですね。

アジングもリフトアンドフォールを多様するため、

反応してきたのでしょう。

 

 

 

今回は、なんとも奇想天外な釣行となりました。

何が釣れるかわからないのも釣りの楽しさでもあります。

 

次回は、三浦エリアにいけたらなと思います。

 

 

 

<使用タックル>

ロッド:かめやアジニスト6.6

リール:シマノ アルテグラ1000s

ライン:34ピンキー0.3号

 

 

 

 

 

 

 

初潜入沼津アジング!

こんにちは。

夏も真っ只中です。

とっても、暦の上では秋なのですね。

どこが秋なのかと思いつつ、

近年の天候が昔と違っているだけなのですね。

 

実に1年ぶりの釣行になります。

やはり夏は釣りをするのがお決まりなのです。

 

ということで、

今回は、沼津エリアでのアジングへ向かいました。

 

初めての沼津エリアということで、

ちょっと楽しみでした!

 

アジの魚影がそれほど濃いという話は聞かないものの、

そこそこ釣れることもあるとのことでした。

 

海水浴もしたいと思いました。

 

160803_1813~01

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、到着したのは17時あたりで、

もう海の家はしまっており、

トイレ、シャワーも使えず。

 

海を目の前に泳ぐことができなかったです。

蛇口くらいあってくれれば、

体を洗えるのですが。

 

それに、怪しい雲行きです。

夏の夕方は天気が変わりやすいです。

 

夕食のピーナッツ、スルメイカ、を食べて充電完了です。

眠気覚ましのコーヒーも飲みました。

しばらく、ベンチで横になり休憩後、

即座にポイントへ移動です。

 

 

ポイントについてからは、

サビキさんの先客がいくつかいました。

今日は厳しい釣りになりそうだと思いました。

サビキさんが2人いたら、釣れにくいのです。

 

2本のサビキに多くの魚が群がってしまうのですね。

 

それでも、キャストを開始しました。

今回は初めて、34のポリエステルライン1.4lbを使いました。

 

そして、1投目にして、

アタリをキャッチ!

 

 

しかし、乗らない!

 

なんだろう?

アジかなと思いつつ、キャストを繰り返しました。

 

 

すると、アタリが再びあり、

今度はアワセが決まったのです。

 

160803_1922~01

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、サバですね!

19cmくらいです。

サイズの割には、すごく引きました。

小さいですが、身が詰まっているように思います。

体高はそれほどありませんが、

横に太いですね。

 

ここは、サバが釣れるのですね。

 

 

魚の活性は高いと思いました。

ネンブツダイが走り回っています。

 

160803_1950~01

 

 

 

 

 

 

 

 

掛かりました。

これが何匹もかかりました。

 

アジはいないのだろうか?

 

そしてまたヒット、

今度こそアジかな?と思いきや。

 

 

160803_2011~01

 

 

 

 

 

 

 

 

サバです。

今日はサバの日ですね。

楽しませてくれるので、文句なしです。

 

プルプル動きますね。

掴んでも動き続けます。

これがサバです。

 

あと3cmもアップすれば、

そうとう引きが楽しめるのです。

 

このポイントも釣れなくなり、

他のポイントを探しに向かいました。

するとただの探検と化してしまいました。

 

沼津は、常夜灯がある漁港が少ないですね。

仕方なく、最初きた漁港で粘ることにしました。

 

しかし、戻ってきたときはすでに干潮潮止まり寸前。

もうアタリはなくなってました。

 

納竿です。

 

もっといろいろなタックルをためしておきたかったですね。

ロッドは私情で、1つしか持って行けなかったのです。

ジグヘッド単体のみで攻めてみました。

 

キャロにするとまた反応が違ってくることもあるので、

めんどくさがらず、2タックルは用意しておきたいですね。

 

ワームの色は、銀ラメ、金ラメをメインに使い分けました。

銀ラメが一番よかったかなと思います。

 

さば3匹というやや物足らない釣果ですが、

魚がいるということがわかりましたね。

今後どう攻略してゆくかがカギとなります。

 

 

アジングロッドで新作が発売されており、

欲しくなってきました。

ダイワのアジングXですね。

 

10000円以下で、5フィート台のロッドが発売される時代になりました。

 

ちょうど、愛用のアジニストのティップが折れてしまったところです。

まだ使えるのですが、やはりどうにかしたいです。

僕が使っているのは、旧型のアジニストですので、

もう在庫がなく、パーツの取り寄せも困難とのことで。

 

 

次回は、

横須賀エリアを検索したいと思いますね。

果たしてアジはいるでしょうか?

 

 

 

<使用タックル>

ロッド:かめやアジニスト6.6

リール:シマノ アルテグラ1000s

ライン:34ピンキー0.3号

 

 

 

 

 

真夏のアジングin山口県!キャンプも満喫。

こんにちは。

夏も終わりそろそろ秋ですね。

これからもまだアジングはシーズンが続きます。

 

真夏恒例の、アジング&キャンプに行きました。

一番潮周りが良いのは、お盆と被っていたので、残念ですが、お盆前の釣行でした。

しかし、潮周りは意外とグッドでした。

 

今回のポイントは、まだ未開拓だった上関の上部のエリアです。

マップで確認したところ、意外にもたくさんの防波堤があることに気がつきました。

 

しかし、上関上部エリアではまったくアタリすらなく、いつもの下部エリアへ移動しました。

下部エリアでは、サイズは小さいものの数がたくさん釣れました。

 

 

150810_2313

150810_2302

ヒットからは、赤らめクリアケイムラでした。

まだアミパターンが継続している時期です。

アミ系カラーがヒットしやすいでしょう。

ジグヘッド単体で0.4gです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局豆アジ2匹くらいしかかけることができずに、1日目は終了です。

公園でテント張って野宿です。

 

 

 

翌日は、バーベキューがしたかったので近くのディスカウントストアで牛肉のステーキとソーセージを買いました。

肉は安売りしているステーキを包丁で切って使いました。

 

150811_1428

ソーセージはこんな感じです。

炭火で焼くとこんないい色になるのですね。

もちろん味もナイスでした。炭火の美味しさを楽しめました。

小型バーベキューセットはこれで2年くらい使いまわしてます。意外と劣化しないので使えてます。アミは変えました。

不覚にも、火バサミを忘れてきたのでなんとか割り箸だけで対応しました。

小型の火バサミを常にバーベキューセットの中にいれておこうと思います。

 

 

尾上製作所(ONOE) ミニBBQコンロ MI-2938

新品価格
¥1,200から
(2015/9/1 12:41時点)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ユニオン丸型 バーベキューコンロ 「1~2人用] M-6497

新品価格
¥1,027から
(2015/9/1 12:41時点)

↑横からあまり風が入らないです。

尾上製作所(ONOE) 火バサミ 小 ステンレス ON-225

新品価格
¥148から
(2015/9/1 12:42時点)

 

 

さて、やはり良型を狙うには大島に行くしかないと思い、夕方出発しました。

ちょうど、夜の7時くらいが満潮潮止まりだったので、引き潮と時合いが重なりました。

これはかなりベストなコンディションです。

 

 

150811_2008

やはり、今回もまずまずの21cmをゲット。

ワームは、34のあめいろです。

アミパターンにはかなり強いということだったので、今回トライしてみました。

今回は、あめいろがヒットカラーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、前回よりもバラシが多くなってしまいました。

原因はフックにあるような気もします。

お気に入りのジャックアッパーが店頭から消え始めたので、仕方なくメバルフックを使っていました。

やっぱりジャックアッパーの針がバラシにくかったので、どこかでまた仕入れておきたいです。

 

150811_2056

そうこうしているうちにまた釣れます。

アベレージは21cmというところ。

これだと尺は出ないかなという感じです。

でも面白いところです。

サイズの割に引きが強かったです。

 

 

 

 

150811_2131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の最大は22cmです。

それでも10匹以上は釣れました。

お盆には親戚も集まるし、ちょうど良い手見上げるだろうなと思いました。

 

 

翌日は、最後の釣行でした。

もう一度大島付近で粘りました。

やはりアベレージは21cmくらいですが。

 

150812_2054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最大24cmをゲットできました。

ここまで行くと、流石に重量感もちょっとあって楽しくなります。

 

今回も、夏のキャンプとアジングを楽しめて満足でした。

とても贅沢な時間を過ごせたと思います。

これからは、もう少し涼しくなっていくので過ごしやすくなっていきますね。

アジングもこれから冬にかけてが本場です。

良型も回遊してくるだろうと思います。

 

 

<使用タックル>

ロッド:アジニスト6.6

リール:レブロス 2004

ライン:シーガー R18 フロロリミテッド 100m 2lb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨の爆釣アジングin山口!久しぶりの大漁!

こんにちは!

今回は、梅雨のアジングということで、また山口県に釣行に行きました。

降水確率80%、雨の予報でしたが、ちょっと晴れてきたので急きょ釣行へと向かいました。

 

現地に入ったのは夕方6時くらいです。

すると、既に先客がいました。

サビキの方々です。

これは今日は難しい釣りになるかもしれないと思いました。

 

水温を測ってみると、18℃を超えています。

アジの活性が上がってくるころです。

少し早めについたので、仮眠をとってナイトゲームに備えました。

徐々に潮が満ちてきます。

そろそろゲームスタートです。

 

150616_1939

 

 

 

 

 

 

今回は、レインズのUVアカアミホロを使ってみました。

アミを意識したカラーです。

reins(レイン) アジアダー #218 UVアカアミホロ

新品価格
¥500から
(2015/6/20 09:06時点)

アジは基本アミを捕食しているので、アミに見えるようなワームが良いのです。

特にこの時期は、プランクトンイーターになるのでアミ系のワームをチョイスしました。

といってもアジの食性はどこで切り替わるかわからないため、フィッシュイーターと化したときのためにグローやグリーンなどももってます。

 

表側はサビキの先客がいるので、ちょっと様子をみていました。

ちらほら釣れています。

そろそろ僕のロッドにもかかるのではと思い始めました。

 

 

150616_2015

 

 

 

 

 

 

まずは、まずまずのメバルがヒット!

15cmくらいで、身のノリが良いです。

表よりも裏側の船と船の間にかなり溜まっていました。

表や先端で釣り始めるよりも、意外と湾の奥に溜まっていることもあります。

 

150616_2025

 

 

 

 

 

 

またもやヒットしたのはメバル!

メバルのペースです。

アカアミホロはメバルに強いのでしょうか?

しかし、なかなかアジがヒットしません。

でも、表で釣っているサビキの人よりも裏側のほうが型が良いです。

 

150616_2105

 

アジヒットです。今回初のアジ!

サイズは、いきなり24cmです。割と良いサイズです。

その後もアジがホツホツと釣れ始めました。

 

150616_2117

 

ちょっとサイズは下がりましたが、23cmくらいです。なかなかの引きです。

今回のアジは、小さい割に引きが強いです。

途中かなりひったくって行ったのですが、カサゴでしょうか。

アジであれば確実に尺は出ているくらいの重量感でした。バラしましたが。

ワームのカラーは、クリアーの金ラメに変更してみると釣れはじめました。

 

これ以降は、サイズは上がらず、ずっと20cmアベレージのアジばかりかかりました。

サイズにバラつきがありました。

そうこうしているうちに、サビキの人たちが帰り支度を始めました。

帰り際に、ちょっと僕のバケツの中を除いて、たくさん釣れていることに驚いていました。

 

サビキ一行が立ち去ったところで、僕は表側に移動しました。

すると。

 

150616_2134

まだ、アジはヒットします。サビキよりもはるかにたくさん釣れています。

潮がだんだん低くなっていきますが、まだヒットし続けました。

 


150617_0036初日はこんな感じに収まりました。

久しぶりの大漁です。お見上げには十分です。

雨の予報だったのに、雨が全く降らず、霧だけが出ていてラッキーでした。

この調子だと、まだ釣れそうなので翌日も釣行に向かいたくなりました。

アジを大量に使って保存食とか作ってみようとも思いました。

満足して、テントの中で休息です。

 

 

 

 

 

翌日は、まだ天気は落ち着いています。

前日に釣った、アジを早速刺身にしてみようと思いました。

一番大きなやつを捌いてみました。

150617_1637

 

身のノリがよいですね。大潮に乗って、沖から一気に入ってきたのでしょうか?

 

150617_1648

わさび醤油でいただきました。臭みがまったくなく、甘味が強いです。

青魚の刺身なのに、フルーティーな香ばしさがあります。

釣った直後に血抜きして、氷とクーラーボックスにいれておいてますからかなり新鮮です。

青魚が嫌いなひとでも、おそらく食べれるくらい美味しいと思います。

回転寿司のアジの刺身と比べても、まったく新鮮なのがわかりました。

 

日中は休憩し、夕方に備えます。

再び、前日のポイントを足を運びました。

今回の先客はアジンガー。

結構もうヒットしている様子だった。

 

150617_2122

早速僕もヒット!

またもやメバルです。メバルの型は総じて良い方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

150617_2129

アジがヒット!ちょっとサイズは落ちたかなと思いました。しかし、サイズの割にはかなり引きが強いです。

愛媛の25cmのアジよりも台分引きが強いです。

ワームは、ティクトメタボブリリアントリアクションシルバーです。

                                                                              TICT(ティクト) メタボブリリアント 1.5インチ C-3リアクションシルバー

ラメの色によっても反応が変わっているようなので、ラメ系もいくつか揃えておいて正解でした!

 

150617_2211

 

 またもやアジ。もうヒットが止まりません。

 

150618_0031

かなり大きめの袋を半分くらいまで埋め尽くしてくれました。

夜12時を越え、潮止まりを迎えたところで納竿です。

とても満足な釣りでした。

 

それからは、ずっと雨が降り続いたので釣行を中止し今回の釣行は終了となりました。

初日のベストなタイミングに雨が降らなかったのがありがたかったです。

雨も小雨程度なら、十分釣りは成立するのです。

しかし、ザーザー降りになると水温も下がりますし、塩分濃度も下がり水潮になるため釣果が落ちるという個人的には経験から思います。

ただ、雨の中でもポツポツ釣れていました。

テントはびしょ濡れで家に帰って干さないといけないですがね。

 

ーーーーー考察ーーーーー

水温も上がり、途端にアジが大量に入ってくるようになりました。

これからの時期は、10月くらいまではアミパターンのアジがヒットする機会が多くなってきます。

クリアーラメ系のカラーのワームを何種類か取り揃えておくべきだと思いました。

雨はちょっと降っていても釣りに差し支えありません。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ーーーーーシチュエーションーーーーー

天気:曇り、小雨

気温:22°

水温:18℃

風:やや吹いていた

潮:大潮

月:新月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ーーーーー使用タックルーーーーー

ロッド:アジニスト6.6

リール:ダイワ レブロス2004

ライン:クレハ(KUREHA) シーガー R18フロロリミテッド 100m 2lb クリアー

ジグヘッド:アルカジックジャパン (Arukazik Japan) ジャックアッパージグフック #6 ブラックニッケル 253030.4gのガン玉をセット。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春のアジング!in山口。まずまずの釣果。

こんにちは。

今回も、山口でのアジング釣行となりました。

前回から、2週間と少しくらいです。

今回は、潮の状況、月の状況もベストなひとチョイスできました。

ゴールデンウィークは逆に忙しくてこれなかったもので。

釣りを満喫します。

3日間に渡る釣行でした。

アジングは、新月周りの若潮から中潮にかけてが良いです。

 

150514_1808

現地入りは夕方の5時くらいでした。

最近は釣れていなかったのでモチベーションもやや低下していました。

潮の状況をみると、19:40くらいが満潮潮止まりだったので、意外ともう潮が高かったです。

さて今回はどんな釣果が待っているだろうと期待しました。

 

150514_1811

水温は、16℃とまずまず。あと2度くらい上がるともっとアジが入ってくるでしょう。

しかし、海水はまだまだ冷たく感じました。                                                                   

アジの活性が高まるのは18℃~23℃と言われています。

時合まではかなり時間があるので、すこし休憩タイムです。

 

150514_1800

カンパンをボリボリと食べながら時間を潰し、のんきに過ごしました。

カンパン飲み物といっしょに食べないと口の渇きが尋常じゃないですね。

アウトドアや釣りでは、こういう手軽につまめるお菓子や良いですね!

それでもって結構腹ごしらえになりました。

 

150514_1903

ナイトフィッシングに備えて、コーヒーも入れました。

夏になると、ホットでなくアイスコーヒーで手っ取り早いです。

 

 

150514_1811

今回は、簡刺しワームのアミの赤ラメを買ってみました。

意外と赤ラメ系のワームを持っていなかったので。

 

そして、ようやく夕暮れが近づいてきたので本格的に竿を出し始めました。

最初は、基本カラーである、クリアー金ラメで攻めはじめました。

しかし、まったくあたりがなく、完全に日が暮れてもなかなかアタリがありません。

 

そしてようやくヒットしました。

 

150514_1853

カサゴです。

12cmくらいでしょうか?

その後は、まったくアタリがなくなり、真っ暗になってしまいました。

ナイトゲームの開始です。

ここで、クリアーケイムラに変更してみました。

 

150514_2012

ティクトのクリアーケイムラです。

今やリアクションシルバーと並び、店頭からすっかり姿を消してしまったワームです。

店舗によるのでしょうか?

最強のクリアーカラーでした。

今持っている分しかもうありません。

 

それからワンキャスト目です。

 

150514_2013

かなり丸々と太ったメバルをキャッチ!

なかなかの引きでした。

これはハマりますし、久しぶりに良い感覚を取り戻しました。

ジグヘッド単体0.4gを5カウントくらいのレンジで食ってきました。

 

しかしアジがなかなか掛かりません。

僕はアジを釣りに来たというのに。

その後も粘り続けました。

 

 

150514_2206

 本日初のアジゲットです。20cmくらいです。

なんとか入ってきていたのですね。

その後も、いくつかヒットしました。

レンジは深めでした。

クリアー金ラメ系が強かったです。

 

150514_2214

すこしサイズアップ!しかしそれほど変わりません。

 

また似たようなサイズ。

20cmがアベレージですね。

おそらく25cmアップは今回は回遊してきていなかったのでしょう。

これ以降粘ってもアタリはまったくありません。

ポイントを移動しようかどうか迷いました。

もう少し粘ったらまた釣れ始めるかもしれない。

大きな群れが回ってくるかもしれない。

そういう実績のあるポイントだったので。

しかし、ポイントを移動することに決めました。

 

ポイントを移動して釣り開始です。

移動したポイントは、干潮でも水深があり、ボトムも砂地なっている防波堤です。

潮は正面からぶつかって、左から右へと流れていました。

キャストを繰り返し、探りをかけていきました。

 

150514_2309

ここでもアジをキャッチしました。

サイズはまたすこしアップし、21cmくらいでしょうかね。

正確に測ってなかったのです。

レンジは、5カウントから10カウントで良くアタリました。

しかし、レンジが実にコロコロ変わるもの。

探り当てるのにも必死でした。

 

150514_2228

またキャッチ。ここの方が釣れますね!

移動して正解というパターンです。

このサイズがポツポツと釣れ続きました。

 

150515_0001

このくらいは釣れました。

持ち帰るにはちょうど良いくらいの数です。

下処理もその場で済ませておきました。

ウニきりバサミで締めたあと、そのまま内蔵も取り出しておくと手っ取り早いですよ。

 

初日は、こんな感じです。

豆アジよりすこしサイズアップしたくらいです。

しかし、そこそこの引きで楽しませてくれました。

サイズの割には引きました。

 

アタリもこなくなり、テントのなかで一泊しました。

翌日は快適に目覚めることができました。

新しいシュラフを購入し使ってみました。

気温8℃~20℃までは快適に睡眠が摂れるというスペックのシュラフです。

明け方はやや暑いくらいでした。

 

150515_1126

朝食は、野菜ジュースと手作りサンドウィッチです。

食費を浮かせるには、なるべく手作りが良いです。

その分、ワームや釣具を購入できます。

 

150515_1528

やや甘いものが食べたくなったので食べました。

一昔前までビックリマンチョコだった感じのやつですね。

前日は、ほぼ徹夜だったので夕方までテントのなかで就寝しました。

 

 

150515_1808

しかし雲行きが怪しく、分厚い雲が掛かっているのです。

これは雨が来るに違いないと思っていましたが、なんとか天気は持ちこたえていました。

氷と食料を買って、釣り場に移動しました。

前日、最初にきたポイントでまた粘ろうと思いました。

 

150515_1848

ポテトとスルメイカでエネルギー回復です。

あまり食べ過ぎては集中力が鈍ってしまうのです。

猫もスルメイカが好きみたいで落としたのを食べていました。

ボチボチとキャストを繰り返し探っていきました。

 

150515_2022

アジゲットです。サイズは伸びません。

これから釣れるかと思いテンションがあがりましたが、

その矢先にライントラブルが起きました。

かなり重大な感じで、スプールから3本くらい同時に糸が出てくるような感じになってしまいました。

仕方なくラインをカットし、リグを組み直しました。

しかしいずれにしてもその後釣れなくなり、ポイントを移動しました。

 

ポイントを移動したころには、雨が降り始めていたのです。

分厚い雲で月光がすべて遮られていたので、そろそろくる頃かとは思っていたのですが。

 

150516_0002

そしたらひたすらメバルです。

アジは、メバルよりもやや深いレンジにいるものです。

すこしレンジを落として探ってみました。

常にロッドアクションは、フワフワとリフトアンドフォールです。

結局アジはこの日は2匹くらいしか釣れませんでした。

そして雨足が強まっていったのです。

 

150516_0039150515_2350

普通に土砂降りになりました。

靴の中はもう雨でザブザブです。

ロッドケースやタックルバッグもずぶ濡れです。

こういうときのために、タックルボックスやケースは防水仕様のものにしておいたほうが良いですよ!

でも雨のおかげで、リールやロッドの塩が落ちて手っ取り早かったです。

ここまで来ると釣りが成立しないと思い、退散といたしました。

 

 

ーーーーー考察ーーーーー

今回のアジングは、釣果こそ悪くないもののサイズはまだ今ひとつという感じでした。

5月はアジングでも難しいと言われる時期で、それにしてはまずまずの釣果が得られていたかと思います。

水温はまだやや低めで、アジの防波堤についていなかったのかもしれません。

その分メバルはかなり入っていました。

フックはジャックアッパーを好んで使っていたのですが、店頭から15本パックが消えてしまったのですこし残念です。

次回からは、ネットで購入することになりそうです。

ジャックアッパーフック15本セットはこちら。

ガン玉をセットするだけでジグヘッド完成です!

好みの重さのジグヘッドを安価に大量に作ることができます。

 

そして、ティクトのリアクションシルバーが販売終了してしまったことが残念ですね。

あれは釣れすぎて反則だからなくなったのでしょうか?

アジネクトンのクリアーゴールドはまだたまに見かけるので、購入してみようと思います。

アジネクトンクリアゴールドはこちら。

 

また、久々にライントラブルに見舞われたが、交換したてのラインはトラブりやすいです。

そのほかにも、ライントラブルが発生しやすい原因としては、

ロッドのガイドが大きめ、リールに糸を巻き過ぎ、ラインを巻き取るときにテンションをかけ無さ過ぎた

などが挙げられます。

ライントラブルが発生したとき、僕はメジャークラフトのソルパラ7.6fを使っていました。

この竿は、ロングロッドな上に、ガイドが大きめなためライントラブルが置きやすい可能性がある。

ガイドが大きめのロッドを使うときは、リグの重さが2g~3gくらいの時にしたほうが良いでしょう。

リールからティップまでの距離が長いほど、糸がたわみやすいのかもしれないですね。

ラインのテンションは意識すれば解決できるかもしれないが、その他はタックルの下級機種にはありがちなトラブルです

フィネスラインを使うアジングでは、なるべくスペックの高いアジングタックルを選ぶ必要性を実感しました。

物心ついたころから釣りをしている僕でも、ちょっと意識しなければライントラブルは発生します。

初心者は下級スペックの機種を選ぶ傾向にありますが、初心者ほど上級機種を選ぶべきなのです。

 

 

 


↑メジャークラフト クロスライド XRS-S682AJI

安価なモデルのなかでは、もっともガイドが小口径です。 

【旧モデル在庫処分!】かめやオリジナル CBアジニスト DEEP 7.3【送料無料!】

価格:8,229円
(2015/5/17 17:31時点)
感想(0件)

↑アジニストも小口径ガイドな感じですね。ソルパラよりかは小口径ガイドかと思います。
  

 

↑シマノ(SHIMANO) 12 レアニウムCI4+ 2500S 12レアニウムCI4+ 2500SSCMレアニウム

185gという軽量でありながら、中級スペックロッドとの組み合わせも抜群です。

 

ロングロッドになればなるほど、ガイドは大きくなる傾向があると思うので、ライントラブルに関してもやはりショートロッドのほうがメリットがあるかもしれません。

 

さらに、気になったのが雨です。

レインスーツをもっていたのはよかったのですが、長靴をもっていなかったため靴はビショビショに濡れました。

長靴はかさばるためあまりもっていかないしそもそも忘れていることが多いのです。

レインスーツやレインシューズなどは、車に備え付けて置けれるような手軽なものがあればよいと思いました。

RAINTEX PLASMA Men’s

通気性、機動性抜群のレインウェアです。

 

↑パールイズミ(PEARL iZUMi) レインシューズカバー M 

これだと、常に車やバイクにも備え付けておけるため急な雨でも安心です。

靴の上から、被せるような形で装着します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

次回の釣行は、いつになるかわかりません。

今回の釣行は、春先のアジングを満喫できました。

6月、7月になって水温があとすこし上がればもっと大きなアジの群れが入ってくるかもしれません。

どんなに釣れるポイントでも日によって釣れないこともあります。

それが釣りの面白さでもあります。

アジングが上達したいあなたは、もう一度アジングの基本を踏まえたうえで釣りに出かけてみましょう。

アジング入門マニュアルはこちら。

 

次回は、尺オーバーのアジが爆釣してくれればありがたいのですが。

いつもそう思いながら釣りに出かけるのですよ。

 
アウトドア&スポーツ ナチュラムアウトドア&スポーツ ナチュラム

2015春のアジングin山口!コンディションに無頓着でした。

こんにちは。

今回は、8ヶ月ぶりの釣行となりました。

釣りには少し飽きていたので、あまり行ってませんでした。

今回も、山口県の大島周辺でアジングしました。

ふと時間ができたので、ふと何の計画もなく釣りに出向きました。

 

釣り場に着くと、やたら潮が低いことです。

潮見表などあまり見ずに来たので。

午後6時を過ぎてもまだ引き潮という感じでした。

潮が低すぎるので、今日は難しいかと思いました。

タックルは、アジニスト6.6レブロス2004を使いました。

 

ソフトルアーは、クリアー銀ラメカラーをチョイス。

ひたすら、リフトアンドフォールで縦の釣り心がけました。

すると早速ヒット!

 

150428_2139

↑メバルでした。

今回は、メバルがよくかかりましたね。

それにしても小型です。

でも持ち帰っても良いかと思ったので、持ち帰ました。

 

それからもキャストを続けたました。

ロッドをグイっとひったくるようなものも掛かりました。

しかしバラしました・・・・

おそらくカサゴのような根魚だったように思います。

結構ドラグでました。

そして遂に。

 

 

150428_2240

↑念願のアジの登場です。

20cmはあったでしょうかね。

豆アジです。

今回はこれ以上何も釣れませんでした。

干潮潮止まりは12時すぎくらいでした。

それにほぼ満月の状態でした。

かなり時合自体が悪かったかもしれません。

時合通りに行っても、釣れないこともあります。

アジは回遊魚なので、気まぐれです。

それでも、ほぼ釣れてくれます。

 

次回はもっと時合を確認して行こうと思います。

それにそろそろキャンプもできる時期なので、ソロテント張って一睡してみようとも思います。

夜釣りが終わったあとは、眠くてしかたないのですぐに就寝したいです。

キャンプやアウトドアについても紹介することがあるので、気になったらアウトドアカテゴリーを覗いてみてください。

 

ーーーー今回の使用タックルーーーー

ロッド:アジニスト6.6

リール:ダイワ レブロス2004

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ダイワ(Daiwa) レブロスMX 2004

新品価格
¥5,972から
(2015/5/7 10:05時点)

SALZA 釣竿 ロッド CBアジニストレジェンド6.6

新品価格
¥7,606から
(2015/5/7 10:05時点)

旅行のついでに、宇和島アジング!

こんにちは!

先日の3連休は、四国カルストの旅に行ってました。

四国カルストでキャンプをしたのですが、とても寒く、気温は15℃くらいでした。

寒くてなかなか寝れなかったです。

そのついでに、まだ足を伸ばしたことのない宇和島まで行ってみました!

宇和島でも良い型のアジが上がっているという情報もあったので。

といっても宇和島のポイントは未だ未開拓なので、どういうポイントがあるか全くの無知でした。

カルストから下山して、日中からポイントを探しました。

良さそうなポイントを発見したので、日が暮れるまで防波堤周辺を散策しました。

家族連れ、子供などがサビキではしゃいでました。

日が暮れてから竿を出しました。

 

コツコツとアタリはあるものの、イマイチ乗りません。

おそらくサイズが小さいからでしょう。

なんとかアタリを掛けていき最初のアジをキャッチしました!

 

 

 

140915_1956

こんな豆アジたちばかりでした。

15cm前後です。

ちょっと大きめなのも掛けたのですが、バラしてしまいました。

デカいのは、足元の光と影の境目に潜んでいました。

 

それ以降は全くアタリがなくなり、納竿しました。

駐車場で一睡しました。

 

翌日は、やはり八幡浜~伊方地区までまた足を伸ばしてみたくなり、行ってみました。

途中、大洲に寄りました。

ファミレスでステーキを食べました。

とても美味いステーキで、量もあって満足しました!

ネットカフェにもよってシャワーも浴びました。

そういえば、3日間風呂には入ってなかったので。

 

そんなこんなで、日が暮れてから八幡浜に入りました。

先客はいませんでした。ポイントを独占です!

数キャスト目にキャッチしました!

 

140916_2048

宇和島よりややサイズがアップしました!

18cmくらいです。

ワームはレインズのUVクリアーラメ入りです。

 

しかし、このサイズどまりです。

最近、ここ周辺は良いサイズがなかなか上がらないです。

 

その後もアタリはあるものの、やたらとラインが切られるのです。

アタッたと思ったら、プツっという感じです。

おそらく太刀魚、カマスだと思われます。

以前は、ここで太刀魚も釣ってます。

あまりにもラインが切れるので、場所を移動しました。

伊方地区へ移動です。

 

伊方地区は前回開拓したポイントで竿を出しました。

前回は、25cmが爆釣したポイントです。

アタリがぽつぽつとあります。

そして竿に乗りました。

しかし、アジよりも明らかに重さがあります。

メバルであろうか?

残念ながら、バラしてしましまた。

結構デカいです。

 

その後も再度キャッチするべく、キャストを繰り返しました。

すると!

 

 

140916_2238

なんと正体はマダイだったのです!

15cmくらいの赤ちゃんマダイです。

最初逃がしたのはもっとデカかったでしょう。

タモなしで抜けたかどうかかわりません。

アジングやっててタイがかかることは以前もあったのですが、

タイはバレやすいです。

僕の腕がまだ及ばないのでしょうか?

もっと反射的にフッキングしていけたらいいなと思います。

 

また駐車場で一睡し、翌日には帰省しました。

しかし、良い旅でした。

カルストを満喫し、宇和海でのライトゲームまで楽しめるなんて。

充実した3連休だったなと思います!

次回は、山口のカルストにも行ってみたいので、

そのついでにまた新たなポイントを発掘しようかと思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食いが渋いのは水潮のせい!?夏の山口アジング!

こんにちは!フィッシングライフはいかがですか?

今回も夏の最後のアジングに行ってきました。

それにしてもこんなに雨の日が多い8月は珍しいという印象を受けました。

ほとんど雨が降っていたような気がします。

今回の釣行でも、1日中雨が降り続いていることもありました。

それによりやや水潮の影響があったように感じました。

 

毎回食いが落ちているのは気のせいでしょうか?

もうポイントがスレてしまったのかもしれません。

アジのような回遊魚にスレなどあるのかどうかが未だ疑問ですが。

ワームあたりカラーを外しているような気もしました。

なので大島の元祖アタリカラー、クリアーシルバーラメでチャレンジしてみることにしました。

 

140827_1830

ティクトのメタボブリリアントです。

だいぶん前には、ケイムラクリアにシルバーラメのリアクションシルバーというのがあったのですが。

店頭から消えてしまいました。

とてもお気に入りだったのですが。

大き目の店舗など細かく探していくと、見つかるかもしれません。

 

夕方にポイント入りしました。

満潮は夜11時前くらい。

やや時合的には難しいです。

12時になると食いが少し落ちるような気がします。

山口アジングは日暮れとともに潮が下がり始めるような日があればベストです!

早速実釣を開始しました。

行くとこ行くとこ豆アジしか釣れません。

全くもっていいサイズが入っていませんでした。

 

140827_2008

10cm前後が数匹釣れ続きました。

釣れると楽しいですね!

 

140827_2100

メバルもヒットしました!

サイズは出ませんが。

 

その後も鉄板のポイントで粘りました。

すると・・・

 

140827_2204

24cmの良型がヒット!

少し楽しくなってきました。

このサイズがアベレージです。

 

 

140827_2242

ややサイズアップしました!

25.5cmくらいです。

これはなかなか良い走りを見せました。

このサイズの割には走りました。

ワームカラーは、金ラメ銀ラメなどのラメ系でハマりました。 

そこそこのサイズで楽しめました。

この2匹以降は全くアタリがなく、あえなく納竿となりました。

 

かなり疲れました。

とりあえず、テントの中で睡眠をとりました。

翌日は、早速釣った魚を食べました。

140828_1627

う~ん。とても身が乗ってておいしいです。

とても身がプリプリです。

クッキングシートの向きが上下逆だということに後々気が付きました。

どうりでこびりつきやすいと思ってました。

シートの上で一眠りして、夕方からまたポイントに行きました!

 

時合と同時にキャストをはじめました。

しかし、食いがとても渋いです。

ちょんちょんとアタッテくるのですが、乗りません。

140828_2105

何とかノリマシタ!

サイズは23cmくらいです。

ジグヘッド単体0.4g、ワームはクリアシルバーラメを使っていました。

日によってヒットカラーがかなり違います。

このサイズが7匹釣れました。

そこそそこ釣れてました。

サイズは前日よりも下がりました。

 

 

さらに翌日もまだ時間があったので、現地で竿を出そうということになりました。

リアル僕の夏休みです!

時合まではまだまだ時間があったので、ぶらっと大島散です!

大島のスーパーで氷を補充しました。

そういえばあまり山手のほうには行ったことがありませんでした。

涼しげな休憩場のようなものがあるのではないかと思い、向かいました。

 

140829_1653

ダムのようなものがありました。

これは屋代湖という湖らしいです。

しかし海沿いよりも気温がだいぶん違い涼しかったです。

今年は曇り、雨の多い日々でした。

当日も曇ってましたが、去年の8月とは思えないほど涼しかったですね!

 

140829_1652

これが看板ですね。

ちなみにブラックバスは釣れるのでしょうか?

 

140829_1651

アウトドア的には超神エリア発見です!

屋根付き、水道付きです。

あまり人目もないので、こっそりテント張ってもいいかもしれません。

しばらくベンチで仮眠をとりました。

 

そして今度は、柳井の未開のポイントへ足を運びました。

週末ということもあり多くのアジンガ―、サビキ釣りが列をなしてました。

しかし誰一人ヒットしていません。

連日の雨で水潮になっていることが原因なのでしょう?

夜光虫で、水面がピカピカ光ってました。

晴れの日が少ないとより一層水潮が続きます。

これは釣れる見込みが少ないと判断しまし納竿しました。

翌日ももう一度竿を出したのですが、潮の干満のタイミングの関係で時合が夜遅くになるようでした。

夜12時をこえると食いが落ちるように思います。

これにて帰投しました。

 

もっと潮のタイミングを確認しておけば釣果は変わっていたかもしれません。

夕マズメと満潮が重なるくらいがベストです。

それ以外にもいろいろな要因で釣れたり釣れなかったりと。

釣りとは奥が深いです。

次回は秋になるでしょうか?

いずれは九州エリアにも足をのばしてみたいとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のアジング IN 広島諸島群! 連日の雨で水潮です。

お久しぶりの釣行です。といっても一か月もたってないですが。

今回は、弟の要望もあり釣りに行くことにしました。

月は半月で、潮回りは夕方から夜中にかけて満潮になるというベストな状況でした。

ただ、連日雨が降り続いており、当日もやや雨模様。

さてどうなるかわからないが、レジャー気分くらいでルンルンと行ってみました。

 

現地についたのは、夕方の5時半くらい。

まだ日は落ちてはいなかった。

そこから腹ごしらえをしさらに時合までのんびりと時間をつぶした。

そして日が落ち始めた、夕マズメである。

 

 

 

 

140816_1814

15cmくらいのサバがヒット!

このエリアでサバをキャッチしたのは初めてだ。

豆サバでも楽しいです。

群れが湾内を回っていました。

もう少しサイズがあればもっと楽しいです。

このサイズが2匹つれました。

 

 

140816_1725

弟も小物をキャッチしました。

弟は、ジグヘッド単体0.8gに青虫で釣ってました。

ジグヘッドは万能ですね!

 

日が落ち、潮もだいぶん高くなってきました。

しかし一向にアタリはありません。

隣りのサビキ釣り師は、35cmくらいのアジを釣ってました。

デカアジが入ってきているのですね!

しかし、沖に3gのキャロをキャストするもノーバイトです・・・・

しだいにモチベーションが低下しはじめます。

追い打ちをかけるように、雨が降り始めました。

あえなく納竿です。

 

いやー、山口も広島もアジングが難しくなってます。

アングラーの増加によるものでしょうか?

おそらく今回はサビキの隣にいたので、なかなか釣れなかったのかもしれません。 

しかし、その釣り場の全体的にあまりヒットしていませんでしたので、難しかったのでしょう。

クーラーボックスが満タンになっていた頃が懐かしいです。

ここは秋から冬しかないのかもしれません。