春の新潟ジギング!ちょっとまだ早かっただろうか?

こんにちは。

今回は、新潟での釣行です!

前回は、ライトゲームメインでしたが、

今回は、ジギングメインになりました。

 

いろいろ寄り道してしまい、

時間を食ったかと思いきや、

意外にも早く到着しました。

 

しかし、残念なことに天気が・・・。

 

KC4I0306

 

雨です。

天気は前日まではわかりませんね。

来週にしとけばよかったかなと思ったり。

潮周りをとるか、天気をとるか、

絶妙なとこでした。

出発したときから雨なので、

気分も晴れないですね。

 

それにまた寒くなっていたのです。

 

予定通り、寺泊周辺から釣りを開始。

しかし、どこもかしこも釣り禁止。

それでもやってるひとはいますが、

入っても良さそうなところで釣り開始。

 

水深が浅く、青物の回遊があるかどうか、

いるかどうかも不明でした。

寺泊周辺では、まったく釣れません。

 

一気に柏崎周辺へと移動しました。

とあるサーフでジギングを開始しました。

メタルジグはリアフックだけです。

青物はフロントフックだけってパターンが多いです。

 

数十分やっていると、

小魚がヒット!

 

KC4I0308

マゴチの稚魚です。

アナハゼかと思いましたが、

マゴチじゃないかなと。

メタルジグに食ってくるってことは、

活性は高いようです。

 

続けるも、大きなあたりは無しです。

せっかく、海沿いに来たので、

バーベキューもやりました。

 

KC4I0310

 

暗闇で見る炎とは、とても心が落ち着くものです。

アルミホイルで肉を焼きましたが、

炭火直焼きにしたほうが美味しいです。

アミを洗うのが面倒でこうしてます。

 

テントを張りたかったですが、

夜は雨です。

車中外泊決定です。

車中外泊しやすい車ではないので、

結構寝づらいですね。

そのためにテントを持ってきたのに、

雨ってのは本当にキツイです。

 

KC4I0312

 

翌朝すぐに、サーフでジギングをしました。

ここでも釣れません。

やはり時期がまだ早いようですね。

 

KC4I0313

 

ベイトがたまに落ちてました。

マイワシかキビナゴですかね?

マイワシだと思います。

メタルジグの大きさとほぼ同じです。

 

また場所を移動しました。

似たようなサーブがいくつもあります。

事前の調べで、釣果がありそうなポイントへ向かいました。

 

KC4I0314

 

 

汗を流すため、温泉に行きました。

温泉に入るだけで、一気に疲れが取れます。

夕方から、ジギング開始です。

 

すると念願のヒットが!!

 

KC4I0315

 

アジ25cmです。

ジギングタックルですが普通に口をつかってました。

メタルジグでアジを釣ったのは、これが初です!!

サイズの割にかなり引きが強いです。

 

その後もキャストを繰り返し、

 

KC4I0316

 

コノシロ30cmです。

最初、ニシンが釣れたのかと思ったのですが、

これはコノシロらしいです。

もう一匹はすれ掛りです。

 

まだ釣れそうな感じですが、

もう釣れません。

もう少し、手返しよくやれば、

釣れていたでしょうね。

 

その翌日は、さらに西にある波止場にも寄りましたが、

人の多さに圧倒されました。

釣れるのは先端のみ。

餌釣りとジギングは半々くらいの割合でした。

朝の5時からもう先客が軒を連ねています。

それに季節はずれの寒さ。

なかなか動く気になれず、

ようやく6時に竿を出しました。

 

サゴシを数匹ぶら下げた人々が歩いてきました。

これはと期待し、キャストを続けました。

しかし、アタリはゼロです。

場所取りがかなり重要な場所みたいです。

 

平日で、寒く、雨まで降っているというのに、

ここまで人がいるとは!!

 

先端を取られたら、近くのサーフに移動したほうが良かったです。

 

このあたりで今回の釣行は終了しました。

最後は恒例、海鮮丼を食べました!

KC4I0320

 

わさびを入れすぎややむせました。

 

KC4I0321

 

釣ったのはこの3匹だけです。

ニシンでなくコノシロでした。

 

 

KC4I0322

 

塩焼き。

KC4I0324

 

塩焼きです。

マリネにもしました。

 

今回の釣行は、

事前に情報収集はしていたのですが、

釣果はそれほどでもありません。

ルアーのアクションは、スローでやってみるべきでした。

後日、ボトム周辺をスローで食ってくるという話も聞けました。

アジングと同じようなやり方ですね。

 

しかし、イナダが回遊していたかどうかは不明で、

ルアーカラーも外れていた可能性もあります。

 

次回は、サーフメインでやっていこうかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトゲームの釣り場開拓!冬の山口。

こんにちは。

もう先月になりますが、

念願の西日本へ釣行へ向かうことができました!

訪れたのは、やはりライトゲームの本場、瀬戸内エリア!

山口沿岸で釣行です。

 

2月の下旬の山口エリアは初となりました。

今回は、まだ未開拓だった、

笹戸島あたりまで行きました。

 

釣り場に到着するまえに、

釣具屋に寄りました。

また目新しいワームが増えていたので、

ついつい買いました。

 

KC4I0279

 

 

 

クリアーケイムラの新製品が出てました。

ここ最近あまりみなくなっていたタイプです。

今回はこれをメインに使ってみました。

なんだか塩みたいな粉が付いていて、

集魚効果があるのかなと思いました。

 

釣り場に到着するも、

サビキさん達がいたので、

ちょっと遠目で観察。

久しぶりの海でなんだかリラックスできました。

 

KC4I0278

夕食は、近所のスーパーで売ってあった海鮮丼です。

肉ばかりを食べていたので、たまには魚です。

 

時合いが来たので、そろそろロッドを組み、

釣り開始です。

 

今回使ったタックルは、

レギュラーテーパーのビヨビヨなロッドと、

フロロラインです。

食いが渋い時期なので、

なるべく深く食わせる必要があると思い、

そうしてみました。

張りのあるロッドに伸びないラインは、

あたりを弾きます。

魚のサイズが上がればどちらでも気になりません。

 

アジを釣りたいと思ってやってきたのですが、

釣れたのはメバル!

KC4I0280

 

 

それもかなり小さい・・・

まあ確かに、メバルシーズンですので、

メバルが釣れやすいです。

その後も粘ったのですが、

全く釣れません。

潮の流れも、本命の日ではなかったので、

これが普通くらいですね。

結局、大島周辺のポイントはこれくらいしか釣れませんでした。

ちょっとバラしました。

 

翌日は、新しいポイント開拓ということで、

笹戸島あたりまでいってみました。

笹戸島は下松市のあたりらしいですが、

このあたりは全く土地勘がなく、

マップを必死にみてました。

 

ついてみると、

店が少なく、

氷の調達は早めにコンビニで済ませておくのが良いですね。

 

近くに温泉があり、入ろうと思ったのですが、

スルーしました。

夜になると、

雨足と風が強まり、

これはもう無理かなと思いました。

雨が降っている間は、

車の中で仮眠をとりました。

 

風が強く、ライトゲームには不利な1日。

夜10時くらいになると、

だんだんと風が弱まってきたので、

釣りを開始しました。

 

するとまたもやメバルです!

 

KC4I0283

 

なかなか良いサイズで、

満足しました。

太ってますね。

かろうじて冬メバルを味わえました。

 

KC4I0285

 

ちょっと小さいかな。

 

KC4I0284

アジもようやく登場です!

運良く群れが溜まっていたのでしょうか?

 

今回は笹戸島の方が、釣れましたね!

天気が良ければもう1日くらいやれましたが、

引き上げました。

 

今回の釣行は、

冬の終わりの釣りでした。

もう1ヶ月もすれば、

もっと数が増えるかと思いますね。

これが、ライトゲームシーズンの幕開けですね。

 

今年は、どんな釣行が待っているでしょうね?

 

今回は、ついでなのでおすすめメバリングタックル紹介します!

 

 

ロッド

ロッドは、アジングロッドでもできますが、

2g以上のリグを使うことが多いので、

チューブラーロッドがおすすめです。

 

メジャークラフト メバリングロッド スピニング ファーストキャスト メバル チューブラー FCS-T732L 釣り竿

新品価格
¥5,742から
(2018/3/30 17:45時点)

入門用におすすめです。

長く使うこともできますよ!

安いですが、性能は問題ありません。

 

ダイワ ロッド 月下美人 76L-T

新品価格
¥10,177から
(2018/3/30 17:51時点)

ワンランク上は、月下美人です。

あたりも取りやすく、パワーもあります。

プラグもよく使えますよ。

 

リール

リールは、2000番前後でOKです。

 

シマノ リール 17 アルテグラ 2500S

新品価格
¥11,027から
(2018/3/30 17:54時点)

メバリングでは、3lb以上のラインを使うことがあるので、

2500番くらいが良いです。

アルテグラは、ドラグの性能も良いですよ。

入門用におすすめです。

 

 

 

 

にわかハスフィッシングin津久井湖!

こんにちは。

ようやく涼しくなってきました。

秋の風が漂い始めました。

今夏のアウトドアと釣りを一気にアップしています。

今年の夏は、7日以降はほぼ雨で、

釣りキャンプは大幅に削れました。

ようやく天気が回復してきたころ、

夏最後の釣りに向かいました。

 

 

 

今回は、先月の末あたりの、

津久井湖でのハスフィッシングについてです!

KC4I0241

西側には相模原湖があり、

その下流域にあるのが津久井湖です。

下流でいいですよね?

地形からみてそうかと推測します。

 

昼に、道の駅に到着し、

手作りランチで昼食です。

ベンチに座って、ゆっくりと湖を見てました。

対岸では、竿を出しているひとがちらほらいます。

バーベキューサイトなどもあり、

にぎわいを見せてました。

 

奥多摩湖ではハスを数匹ヒットさせましたが、

ここ津久井湖ではどんな釣りになるのか楽しみでした。

遊漁権が必要ない湖ということで、

気楽に来てみたのです。

ハス、トラウトも生息しているとの情報はあったのですが、

釣果のほうが全く知りませんでした。

 

釣りに入るまえに、

とりあえず津久井湖の名物を食しておこうと思いました。

 

KC4I0242

左は、名物のかんこ焼きです。

冷凍してあるやつを買いました。

しばらくすると溶けて、

ちょうど良いひんやりしたお饅頭になりました。

しかし、饅頭ともまたひと味違い、

焼きまんじゅうに近いですが、

和風ビスケットといった感じのお味でした。

ちょうどよいおやつになりました。

 

休憩の後に、

ポイントを探してバイクを走らせました。

津久井湖は、意外にも広く、

マップを見ると相模原湖よりも大きいと思うのです。

また、奥多摩湖同じく、

降りれる場所が少ないです。

 

目星をつけていた場所に到着するも、

これって入って釣り場あるのかなと思うような茂み。

 

KC4I0243

このあたりは、釣り初心者にもおすすめとのことでしたが、

ウィードだらけでどうにもなりません。

そもそもルアーが届かない!

ボートフィッシングしているひともいました。

近くには、ボートレンタルもありました。

やむなく場所を移動しました。

 

北側の林道を果てしなく通りました。

やはり降りれる場所は少ないようです。

やっと見つけたのは橋の下です。

 

KC4I0244

 

足場も安定しており、他にも多数のアングラーがいました。

ベイトもぷちゃぷちゃ跳ねていて、

ここで粘ってみようと思いました。

ハヤ、オイカワといった小魚が多く生息しています。

水の透明度は低く、

ステインよりも、マッディに近いです。

奥多摩湖とはうって変わる水質に驚きました。

どちらも貯水池ですが、

やはり人里離れ、標高も高い奥多摩湖の方が、

水がきれいなのでしょうね。

 

橋の柱あたりにキャストを繰り返しましたが、

アタリは一向になく、

時間が過ぎます。

かなり定番なポイントらしく、

スレている模様でした。

マズメまで待てば、アタルかも知れないと思いつつも、

他のポイントも探してみたく、

移動しました。

 

 

ポイントの検索は、

その場しのぎで、

かなり時間を食いました。

次にやっと見つけたのは、

また茂みに入って行くルートです。

 

KC4I0247

 

対岸に見えるのは、

お昼に休憩した道の駅です。

お昼に見ていた対岸のポイントに着いていたのです。

こちらでもアングラーが数名いて、

ヘラブナらしき釣りをしてます。

ブルーギルが泳ぎ回ってます。

コイが跳ねており、

魚影は濃い場所でした。

 

今回は、ずっと自作ハスルアーのみ使いました。

こういったマッディウォーターの攻め方はあまり詳しくなく、

ひたすら、緑、水色ばかり使ってました。

他のかたは、バス狙いばかりです。

 

夕暮れまで粘りましたが、

ノーアタリ、ノーヒットです。

今回はこれにて終了です。

 

タックルは、いつものハス、トラウトタックルでした。

遠投したいがために、7.6fのアジングロッドを持ってくることもありますが、

今回は6fでやりました。

周りは、茂み、立木、草などで、

ロングロッドには適さないところが多いですね。

ただ、川の流れ込み付近では、

十分な広さがありますので、

使えるでしょう。

 

うーん。

津久井湖は、なかなか難易度が高いですね。

釣れないこともあります。

まだ行ってないポイントもあるので、

またいつか行きたいですね。

いつになるでしょうか?

 

次回の湖は、

奥多摩湖のポイントをもっと探してみたいです!

 

KC4I0246

茂みを歩いているときに見つけたのですが、

これは一体なんの実でしょうか?

わかりません。食べれそうですね?

 

帰りはカツ丼を食べて帰りました。

 

 

釣りツーリングin伊豆!エキサイトしたナブラ撃ち。

こんにちは。

すっかり秋が漂うこの頃。

後回しにしていた、

今夏の釣行をアップしようと思います!

今夏は、

伊豆へジギング、ライトゲームをやってきました。

伊豆は、ジギングではなかなか釣果があるエリアですが、

僕自身が、ジギングでの実績が無かったものなので、

ライトゲームメインという気分でした。

ジギングは、サブミッションみたいな感じです。

今回は、釣行だけでなく、壮大な旅であり、

アウトドアであり、アドベンチャーになりました。

 

 

初日は、沼津千本浜でジギングでした。

 

KC4I0210

千本浜は実に広く、

全て探るには時間が必要です。

千本浜は、砂利浜だったのですね。

広がる駿河湾を一望できて、優雅なひとときでした。

初日は、天気が悪く、

道中も雨です。

これは厳しい釣行になりそうだと、

釣りになるかなとも思いましたが、

到着すると雨は止んでましたね。

波がとても強く、高いです。

海水浴場もとなりにありますが、

だれも泳いでません。

ライフセーバーもいますが、

流石に泳ぐにはちょっと寒いくらい、

風が吹いてましたね。

 

千本浜は、ジギングでもかなり青物が釣れるようなので、

やってみたいと思いました。

2時間くらいトライしましたが、

全く釣れず。

まあ初日はこんなものですね。

 

砂利浜でジギングするとメタルジグが凹んじゃいますね。

日が暮れるまえに、

去年見つけた、ライトゲームで良さそうなポイント移動しました。

ライトゲームでは、ネンブツダイしか釣れません。

 

KC4I0212

ネンブツダイ。

一応鯛なんですね。

メバルのような形です。

食べれるみたいですが、

食べたことないです。

小さくて調理するのも手間だからです。

サバがヒットするポイントなのですが、

今回はこれっきりです。

 

 

翌日は、

天気も良くなってきたことですし、

ちょっと海水浴もしたくなりました。

バイクを走らせて、

風を受けながら走る。

これはやってみたかった。

KC4I0213

 

伊豆は、南に向かって走るごとに、

景色がどんどん自然深まって行きます。

道の駅で休憩しました。

いい景色の中で、

ずっとボーっとしてました。

酸素が濃いですね。

 

原付を走らせ、

海水浴場を探しました。

泳ごうと思いましたが、

ずっと曇り。

なんだが泳ぐには寒く感じて、休憩と昼食だけにしました。

夏真っ只中ということもあり、

海水浴場はどこも有料駐車場です。

 

KC4I0214 

今回は、原付です。

ここまで積載したのは初です。

やばいかと思いきや、

意外と大丈夫です。

燃料の減りがちょっと早いかなというくらい。

一人旅やる人は、これくらい普通みたいですね。

しかし、2時間も走ると、腰が痛くなってしまうのです。

 

この日のナイトゲームもネンブツダイだけ。

近くに地磯があったのですが、

駐輪場所がなく、断念しました。

KC4I0215

 

 

伊豆は、海だけでなく、内陸に走れば、

すごく山、川もたくさんあるのですね。

山側のほうが涼しいです。

道中イノシシらしきものも目撃しました。

急いでUターンして逃げました!

大きな木の幹の固まりが、

いきなり動き出すのです。

それはイノシシだったのです。

 

ちょうど良い、休憩場所があり、

休憩していると、

近所の方が、テントを張っても良いと教えてくれました。

おまけに、トイレもありました。

 

KC4I0216

 

カレーを作り始めました。

100均で買った、油よけがいい風よけになりました。

 

イノシシが出ると言われるところでしたが、

一晩ぐっすり眠れました。

寝てる間に、近寄ってきてたでしょうか?

 

翌日は、さらに南に向かって走りました。

KC4I0217

 

やっと夏らしく、晴れてきました。

この景色を見ると、やっと気分が乗ってきます!

新緑の中をバイクを走らせ、

とりあえず宇久須に到着です。

このあたりは、今回のジギングで、

2つ目のお目当てのポイントです。

 

防波堤でのジギングです。

昼前に防波堤に入ると、

すでにたくさんの人がいました。

見ていると、かなり釣り上げているようで、

自分も自分もとタックルをまとめてポイントに入りました。

 

半信半疑ながら、フルキャストし探ってみました。

なかなかヒットしないです。

潮目が出てきます。

潮目で皆さんヒットしているようです。

僕のタックルでは、潮目に届かない、

というか上手くキャストできてないのです。

 

すると、たまにヒットがあり、

すごくひったくって行きました。

青物です。

青物を掛けたのは初めてです。

いや2回目です。

しかし、ジギングタックルでヒットしたのは初です。

たまらないですね。

一気にやる気が出てきました。

 

昼下がりまでチャレンジしました。

するととうとう現れました。

KC4I0218

シイラです。70cmです。

凄まじい引きを堪能できました。

シイラは、個体によって黄色かったり青かったりするのですね。

ほぼ黄色のシイラです。

シーバス75cmともまた違い、

青物のスタミナはすごく、

延々と走り続けます。

ファイト時間は、かなり長かったように思います。

初青物が、70cmシイラとは、

とても贅沢な出だしです。

 

ボイルしており、ナブラも出てました。

表層早巻き、ジャークで反応が良かったですね。

ボトムは全然食ってこないです。

他にも、イナダもヒットしてきたのですが、

バレます。

たくさんバラしました。

フロントフックよりも、

リアフックのほうが掛かりがよかったです。

 

狙いイナダ狙いで、フロントフックだけ付けてましたが、

リアのほうがバラしが少なかったですね。

トリプルフックにすると、なぜかヒットしなくなります。

不思議ですね。

フックの形状や個数は、

ルアーのアクションやルックスに影響を与えるということでしょうか?

 

ヒットルアーは、

なんと自作のメタルジグ、カタクチイワシ(推定30g前後!)。

KC4I0226

 

割と軽量メタルジグのほうが反応が良いです。

それに、30gくらいのほうがなぜか飛距離が出ます。

ボディ小さいほうが、空気抵抗がなくなるからだと思います。

でも40gのほうが、思いのほか飛ばないので意外でした。

これについては、また次回別の記事で深く考察したいです。

 

写真の通り、数回のファイトでボロボロになります。

ちょっと作りが甘かったですね。

しかし、カタクチイワシのメタルジグは、

アルミテープにグレーを1本線で色付けしただけのシンプルなジグです。

ホロシールより、シンプルなアルミテープが一番リアルです。

そのように予想し、今回作ってみました。

やはり反応が一番良かったです。

アルミの光沢といわしの光沢は良く似てます。

 

他のリグでやってみましたが、

全くヒットしません。

1個ロストもしました。

 

とりあえず、大物とのファイトに疲れ、

納竿しました。

シイラは、リリースしました。

クーラーボックスに入りません。

贅沢なナブラ撃ちを堪能できたジギングでした。

 

翌日は、さらに南に向かいました。

ポイントを開拓しながら、釣りをする。

これはアドベンチャーですね。

KC4I0225

松崎あたりで、良い海水浴場があり、

ちょっと休憩。

水ですが、シャワーも無料です。

お風呂に入らなくても、海水浴とシャワーでOKというのが、

夏のアウトドアです。

 

またもやナイトライトゲームをやりました。

ネンブツダイしか釣れない日々でしたが、

やっと別の魚がかかりました。

KC4I0219

鯖ですね。

鯖もやや入って来ていたのです。

ヒットする魚の9割はネンブツダイ。

活性は高いようです。

 

KC4I0223

昼には、前日釣った小シイラを焼き魚にしました。

シイラを食べたのは初です。

白身魚と青魚の中間のような味ですね。

イナダよりさっぱりしています。

刺身にしたかったのですが、

1日以上経過してたのでやめました。

 

やはり夏らしく、暑いですね。

日なたでテントを張ると地獄のようです。

夏のキャンプは、暑さが体力を奪います。

スポドリを2倍に濃くしてました。

スポドリを飲んだ後に、水を飲むみたいに。

屋外にいると1時間で1L汗をかくそうです。

 

 

旅はまだ続きます。

さらに南に向かいますと、

とうとう下田です。

道中いろいろな場所でジギング、ライトゲームをやりましたが、

ほとんどヒットなし。

巨大シイラ以降は、もうほぼ観光、アウトドアだけになってました。

 

IMG_6944

 

すごく絵になる場所。

なんという場所だったでしょうか?

恋人が金を鳴らすと良いみたいなことが書いてあったような気がしますが。

だれもいないので、

尚更幻想的でした。

どこを見渡しても絶景なんですね。

IMG_6945

小高い丘で、背の低い草が生い茂ってます。

まるでカルストを思い出しますね。

四国、山口のカルストにも行きましたが、

こういう風景は好きです。

 

漁港はたくさんありますが、

釣り禁止の場所が多いです。

良さそうな漁港があったのですが、

ツーリングを楽しみたいと、

先に先に進み。

ちょうど暗くなってきて、

キャンプをする場所を探していました。

すると、突然の大雨!

 

勢いは留まるところを知らず、

打ち付けます。

バイクで雨が降るとすごく面倒です。

荷物もずぶ濡れです。

 

かなり体力を奪われました。

どうしようもなく、

屋根付きの休憩所で1泊。

 

KC4I0233

 

朝になると、カニがお出ましです。

KC4I0234

 

全部干しました。

この日は、晴れてくれたので、助かりました。 

下田周辺の海水浴場は、

どこも観光開発されており、

人でにぎやかです。

この日は、弓ヶ浜海水浴場で泳ぎました。

水温もちょうど良くなってました。

 

そのまま、下田市に入り、

しばし散策。

釣り場を探しました。

しかし、下田はこれといって釣れそうな場所が無いですね。

潮のタイミングが悪かったのでしょうか?

魚の気配がありません。

日も暮れたので、近くの公園で就寝。

 

 

 

翌朝は、どうやら公園で祭りがあるようで、

設営作業が始まるとのことです。

早朝に公園から退散しました。

 

でもせっかくここまできたので、

とりあえず名物でも食べようと思いました。

一番最初に飛び込んできたのは、

下田バーガーです。

KC4I0236

 

 

1個1000円くらいです。

それだけあって、すごくボリュームがあります。

下田バーガーとは、金目鯛を使ったフィッシュバーガーなのです。

チーズもたっぷり入っていて、

美味しかったです。

下田市の中でも、一番目立つ道の駅にありました。

先日から、レトルト、インスタントしか食べて無かったので、

一気に疲れが捕れる気がしました。

 

体力も回復し、

次のポイント探しに移りました。

このあたりまで来ると、

もう東伊豆との境目です。

 

ジギングに適していそうだと思ったのは、

須崎です。

IMG_6949

 

地磯ですね。

すごく荒れ狂ってますが、

いつもこんな感じなのでしょうか?

付近の防波堤を散策していると、

近所の方が、ヒラスズキが釣れるという情報をくれました。

それが、この地磯のようですが。

ちょっと釣りになりませんでした。

この付近は岩場で、

とても透明度が高く、

シュノーケリングをしているひともいましたね。

海水浴もできるのですが、

漁港の船のスロープから海に入るような感じです。

漁港を海水浴場として開放しているのですね。

浅場もあります。

 

防波堤でジギングをやりましたが、

こちらでもヒットせずです。

ベイトはちらほらいました。

可能性はありそうです。

 

この日のキャンプは須崎周辺でしたね。

翌日は、あるハプニングが。

キャンピングマットに穴が空き、

空気が抜けてました。

芝生が、とがっており、

突き刺さったのですね。

なんだかチクチクすると思ってました。

 

寝ている間に、すぐに空気が抜けるなと思ったのです。

荒れた地面の上では、なにか対策が必要ですね。

次回から強めのシートを設置したいと思います。

 

釣りにも飽きたので、

今度は、森を味わおうと内陸部へ。

森の中の温泉に入りました。

空気がすごく濃く、

涼しいです。

暑さをしのぐのであれば、

森のほうがいいですね。

 

もう一度、宇久須に戻ってジギングやって帰ろうと思いましたが。

どうやら台風が近づいているようでした。

一気に士気が下がり、

もう帰ることにしました。

 

10日以上の釣りツーリングはここで終了したのです。

最高の夏になりました。

そして、ジギングでも大きな進歩が実感できました。

自作ルアーでも釣果が出せました。

そして、観光にアウトドア、

あらゆることを満喫しました。

次回は、大型ブリやハマチを上げてみたいですね。

1週間目以降は、体力が限界に近くなります。

長期アウトドアは、春、秋のほうが良いかもしれないですね。

夏は、暑さで体力が奪われます。

 

原付バイクで風を受けながら走る。

ゆっくりと焦らず、過ぎ行く景色を見つつ。

自然の中だけで過ごせた日々でした。

また行きたくなりましたね。

 

最後は、綺麗な夕焼けフィニッシュです。

IMG_6952

 

 

 

<使用タックル>

ロッド:メジャークラフト、クロステージLSJ1002

リール:ダイワ、エクセラー3012H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外道でも釣れるとやっぱり楽しい!多摩川のナマズ。

こんにちは。

前回から、淡水ルアーゲームが続いてます!

今回は、多摩川でのハス釣りへむかいました。

バスでなくハスです。

そもそも生息しているかどうかが謎ですが、

奥多摩湖にはいたってことで、

流れてくるのではと思ったからです。

 

多摩川は、バスフィッシングでも割とポイントもあり、

連日多くのアングラーが釣りをしています。

釣れているところを見たこともあります。

しかし、どこもスレている感じで、

難しそうです。

 

そういう僕は、ハス狙い。

もうなんでも釣ってしまえば良いかなと思ってました。

特に何も釣れるとも思わず、

自然の中で、リラックスしながら、

広大な多摩川を眺めながら釣りできればOKくらいでした。

 

とりあえず、橋の下の影、

水深のある場所を中心に探ってみました。

全くアタリはありません。

 

ポイントを移動し、

川の合流地点、もしくは排水の流れ込み地点を探ってみました。

それにしても、

水が臭いです。

この時期は、水分が蒸発するため、

水の臭が気になります。

やはり首都圏近郊の河川の流入部分は、

こんなものです。

 

泡がすごく出てました。

敷石が水面から出ており、

上を歩いてやや沖へと歩いてみました。

時間も少なかったため、

今日はここで粘ることにしました。

 

流れは緩やかで、

ベイトがかなり浮いてます。

これはハスじゃなくて、

ハヤかなと思いましたが、

正確には不明です。

 

自作のハスルアーをキャストし、

ノーマルリトリーブで探ります。

ただ巻きです。

スプーンもハスルアーも、

ただ巻きが一番本領を発揮しますね。

 

表層直下を探っていくと、

突如ヒット!

 

KC4I0191

ナマズでした。

53cmほどです。

久しぶりにロッドがひん曲がりましたよ!

ロッドはウルトラライト6fくらいですが、

意外と寄せれるものです。

ラインはPE0.4号でした。

最初はコイかなと思ったのですが、

ナマズだったとは・・・

そして、まさか釣れるとは。

ですね。

ハスルアーは、グリーンホロを使ってました。

反応がよいですね。

 

水が汚いです。

流石にハスはいなさそうな気がしてきました。

バスでも釣れてくれればと思ったのですが、

釣れないです。

1匹釣って満足して、

そろそろ帰ろうかと思いましたが、

まだ、日没まで時間があるので、

もう少し数メートル移動してキャスト開始しました。

 

するとまたもや!

KC4I0192

ナマズです。

さっきよりもサイズアップしてるじゃないですか!?

58cmくらいです。

ちょっとぐにゃっと曲がった状態になったので、

正確に測れてないかもしれません。

それでもお腹はパンパン。

結構引きが強いですね。

最初よりかは引きましたし、

ファイト時間も長かったです。

何より、口じゃなく、

尻尾に掛かっていたので良く暴れたのでしょう。

弱るまで存分に走らせました。

足元まできては、また走る。

バシャバシャと跳ね、服を濡らせれました。

それにしても、なぜ尻尾に?

スレ掛りというやつでしょうが、

確率的にすごく低いですね。

ルアーは、先ほどと同じです。

 

50UPのナマズ2匹とのファイトに疲れつつも、

日没まで粘りました。

この2匹が今回の釣果となりました。

 

外道でも釣れると、熱くなります。

楽しいですね。

ほんのちょっとした散歩気分できましたが、

2匹も釣れるなんて。

来てよかったです。

 

多摩川はまだまだ広いです。

次回来るときは、また別のポイントを探してみたいですね。

 

KC4I0196

 

ちょうど、満月でした。

満月は魚が釣れないとか釣れるとか、

いろいろな説がありますが、

実際どうでしょうかね?

たしかに、月の引力は生命体にいろいろな変化をもたらす言われているようです。

満月になると食欲が増す

栄養が吸収されやすいという説もあるくらいです。

魚もそうだとしたら、

満月の夕マズメはかなりチャンスかもしれません。

ただし、確実なことはわかりません。 

 

月に関しては、もっと調べてみたくなりました。

 

使用タックル

ロッド:プライムゲート ウルトラライト6f

リール:ナスキー2500s

ライン:ラパラ PE0.4号

 

 

 

 

 

奥多摩湖のハスフィシング!意外と簡単に釣れました。

こんにちは。

先日は、奥多摩湖へハスフィシングへと行ってきました!

奥多摩は、避暑地としても都民の憩いの場でもあり、

自然を満喫することができます。

今回のターゲットは、

ハスです。

 

バス釣りの外道としても釣れる魚ですが、

専門に狙うこともでき、

比較的簡単に釣れるという魚です。

大きさは、大きくて30cmくらいです。

前回制作した、ハスルアーを試すべく、

釣行へとむかいました。

 

KC4I0185

久々に、深い緑に包まれ、

しばらくリラックスしてボーっとしてました。

奥多摩湖は、降りれる場所が少なく、

釣り場も少ないです。

水質は、とてもクリアでした。

それにしても、涼しいですね!

推移が下がっているように思いますが、

連日暑く、湿度も低く、水の消費量も増えたからでしょうね。

東京都民の水瓶ですからね。

 

KC4I0186

画像では分かりにくいですが、

小さなベイトがたくさん浮いてます。

ブルーギル、ハス稚魚がほとんどです。

魚影はすごく濃いなと思いました。

 

早速タックルを組立て、

ワンキャスト開始。

すると、2投目からあたりがあります。

果敢にハスが追っかけてきているのです。

でもなかなか掛からないですね。

 

ボトムまで沈め、

高速リトリーブで回収していたその時です。

KC4I0188

釣れました!

ハスです。

初ハスです。

サイズは、18cmくらいですかね。

体色は、やはり綺麗なシルバーカラーです。

淡水魚にしては、海水魚のような面持ちです。

ほんの少しだけ、痩せている小さいボラに見えなくもないです。

コイの仲間なんでしたっけね。

 

ハスルアーのカラーは、水色ホロ、グリーンホロに反応が良かったです。

シルバー、ゴールドは全くもって無反応でした。

ただ巻き、早巻きに反応しますね。

ハスルアーが、くるくるスピンするのにアタックしてくるやつが多かったですね。

 

活性が高いのでしょうか、

表層を跳ねながら、泳ぎ回ってます。

奥多摩湖は、ハスがたくさんいるのですね。

 

それからもキャストを繰り返し、

何度かアタックしてきますが、

バイトせず。

ほとんど見えているところでのアタックしてきてました。

 

だんだんと薄暗くなる奥多摩湖の中心で、

納竿となりました。

 

KC4I0189

まだまだ、未開拓な部分も多くあり、

夏の終わりあたりに、

避暑地も含めてまた訪れたいとは思います。

ハスも30cmアップを釣り上げてみたいですね。

 

やはり避暑地だけあって、

夜はちょっと寒いです。

都心部より、3℃くらい気温が低いように思います。

長袖持っていてよかったです。

 

自作ハスルアーで釣れたというのが、

なんとも嬉しく思えました。

もっとカラーを増やし、種類を増やしておきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジングin新潟!アジはいたのだが。

こんにちは。

先日は、遂に、

新潟アジングへと行きました。

出雲崎~上越にかけてランガンしました。

 

 

1日目

現地についたのは、

昼下がりです。

高速のパーキングで、のんびりしてました。

名物を食べたりと、

やはりこういうのも遠征の楽しみですね。

 

KC4I0151

 

この夕焼けは素晴らしいと思いませんか?

日本海側じゃないと見れないですね。

地理的に、水平線に沈んでゆくようになってるからですね。

こういうところは太平洋側や瀬戸内ではあまりないような気が。

いいもの見れました。

 

余裕をもって、釣り場に到着しました。

 

KC4I0150

アングラーは、それほど多くなく、

結構空いているという感じです。

日が沈む前から探り始めました。

 

根は荒くなく、ほとんど砂地といった感じです。

ウィードと砂地ですね。

ボトムもしっかり取れます。

日本海エリアとはこういうものなのでしょうか?

釣りがしやすいですね。

 

すると、ワンキャスト目で、

いきなりアタリが!!

 

しかしバラしてしまいました。

ワンキャスト目は、探っているだけなので、

油断していることが多いですが、

ワンキャスト目は、実は最もヒットする可能性が高くもあります。

スレてないですからね。

ワンキャスト目から、油断してはならないのですね。

多分ボラだったでしょう。

結構重かったです。

先ほどから、表層をバシャバシャしてたやつでしょうかね。

 

日も暮れ、ナイトゲームとなってきたころ。

たしかに何かポツポツアタっている気はしていたのですが。

乗りません。

魚の気配はかなりあるのですが。

 

とりあえず、ジグヘッド単体にワームで探ってました。

するといきなり掛かってきます。

 

正体は、小シーバス

25cmあるかないかくらいでしょうか。

それほど暴れなかったです。

ワームは、銀ラメを使ってました。

シーバスいるのだと気づきました。

しかし、その後はまったくアタリなしです。

 

またポイントを移動し、

近くの小さい船着場でやってみました。

するとすごく大きなアタリがありました。

でもバラしました。

というか、アタリだったか根がかりだったかそれもあやふやです。

でもなんだか引いていたような気がします。

これも1投目でした。

 

夜12時を回るともう厳しいです。

初日は、こんな感じで納竿です。

 

 

2日目

近くの海水浴場周辺で、

テントを張り熟睡しました。

朝は、暑さで目が覚めました。

夏ですね。

しばらく、海岸を散歩していると、

珍しいものを発見しました。

 

KC4I0153

 

アサガオです。

自然生息しているのでしょうか?

それとも誰かが植えたのでしょうか。

岸壁から咲いてます。

 

とりあえず、

朝マズメということもあり、

軽く、メタルジグで探ってみました。

KC4I0154

以前から作っていた、自作メタルジグです。

ちょっとアルミにシワが入ってますが、

問題ないです。

 

キャストすると、

メタルジグは飛びますね。

サーフから思い切りシグを飛ばすと、

それだけでも楽しいです。

 

キスの大きいやつが群れで泳いでました。

ちょっとアタックしてきましたが、

掛かりませんね。

 

朝釣りを終え、

氷と食料調達へ向かいました。

道中また寄り道などもしました。

KC4I0155

こういう緑が深い景色を見ると、

リラックスできますね。

車を止めて、

しばらく音楽流してくつろぎました。

新潟は、海に山に自然が豊かですね。

 

板氷を調達しました。

板氷とバラ氷は両方必要です。

そして、昼食タイムとなりました。

 

KC4I0157

 

レトルトカレーとごはんです。

鍋で、袋のままゆでるだけなので、簡単で、

汚れものも出ません。

 

KC4I0159

湯せんというのですね。

湯せんってなんだろうと思ってたのですが、

こういうことですね。

ご飯は、ゆでなくても、そのまま食べれそうです。

でも加熱して食べないといけないみたいな話もあります。

加熱しないとデンプンが消化できないそうです。

どうせ、加熱したカレーに混ぜて食うのですから、

いいと思ったのですが。

加熱して食べましょう。

 

KC4I0160

 

横を見ると、また緑。

いいですね。

目がリラックスします。

空気がウマイところで食う飯はうまいですね。

 

この日は、どこのポイントに行こうかと迷ってましたが。

あまり土地勘もなく、

手当たりしだいなものです。

とりあえず、西側に移動することにしました。

 

KC4I0161 

日本海側は、常夜灯が少ないと聞いていましたが、

まさにそうですね。

また、釣り禁止の漁港も多々あります。

 

KC4I0162

 

綺麗な海水浴場ですね。

柏崎中央海水浴場です。

砂浜と 緑のバランスがなんとも綺麗で、

ずっと見ていました。

砂浜は浅瀬ながら、

魚がいろいろ入ってきてます。

これもボラでしょうか?

 

KC4I0163

 

少し歩くと、浜辺が草原のようになっています。

綺麗ですね。

草を植えることにより、

砂の飛散を防止しているのだそうです。

この海岸は、ジギングでも有名なポイントらしく、

たくさんのアングラーがいました。

尺アジがスレ掛かっているひともいました。

ここは、くつろぎたくなる浜辺ですね。

 

日も暮れてきたので、

ポイントへ移動しました。

 

KC4I0166

 

暗くてまったくわかりませんが、

今回の釣りで、最もアジングに適しているポイントです。

常夜灯あり、ボトムは砂地、足場良しです。

早速釣り開始です。

アジを釣っているひともいました。

これは釣れそうだと意気込んだのですが、

まったくアタリすらないです。

おかしいですね。

納竿です。

こんなに厳しい釣りは久しぶりですよ。

近くの海水浴場でテントを張り、

寝ました。

 

3日目

KC4I0167

朝起きると、

またもや海岸です。

朝起きると海が見えるというのは清々しいものですね。

ここも朝早くから、釣り人がいました。

皆さんジギングです。

しかし、ベイトがまったく確認できません。

ちょっと竿を出す気分になれず。

朝食です。

 

KC4I0168

キャンプでは、意外とビタミンが不足するものです。

野菜を食べる暇がないのです。

サプリメントはいつも持参してますが。

酵素などは不足します。

ということで、パイナップル缶詰はいつも携帯してます。

ヤマザキのパンは焼かずに食べてもうまいですね。

 

この日は、ほとんどポイント開拓で、

あまり竿を出しませんでした。

漁港という漁港を回ってみましたが、

やはり立ち入り禁止の場所が多いですね。

KC4I0169

山のようなテトラ帯もあります。

足場が安定しないので、ちょっと危険ですね。

 

2日間風呂に入って無かったので、

せっかくなので、温泉に入りたくなり、

温泉へゆきました。

日本海を一望できる温泉で、

連日の汗もしっかり流しました。

 

結局前日のポイントでもう一度トライしようと思い、

向かいました。

 

しかし、あいにくの雨で、

それでもイカを釣り上げているひとはいましたね。

ただアジ、メバルはさっぱり。

いるのかどうかもわかりません。

士気が下がり納竿です。

 

潮が悪いのでしょうか?

まったく釣れないですね。

 

 

4日目

雨で、テント張るのも面倒で、

車中泊となりました。

よって疲れがやや取れなかったですが。

この日は、すぐに帰宅しようと思いましたが、

ちょっと観光もしてみたいと思い、

海岸の散策や特産物を食べようということになりました。

KC4I0176

柏崎周辺で水揚げされた、魚の海鮮丼定食です。

ここまで来たらこれは食べておかないと損ですね。

僕自身、久々の魚料理で、心にしみました。

お土産もいろいろ買いました!

最後に、また柏崎中央海水浴場で休憩して帰ろうと思いました。

 

KC4I0175

自然アサガオです。

初日よりもアングルが良かったので、

撮ってみました!

 

最後に、軽量メタルジグでジギングしてみましたが、

ヒットせずです。

でもとても楽しめました。

 

KC4I0177

最後は、見事な夕日を眺めながら、

今回の釣行遠征は終了しました。

新潟アジングは、まだ未知なところが多いですが、

新潟の風土と自然を満喫できた釣行でもありました。

ライトゲームでは、寺泊あたりが実績が多いようで、

次回はその周辺をランガンしたいと思います!

釣りも、ドライブも、キャンプも全て最高でした。

 

<考察>

●潮周り

今回の釣行で気になったのは、

まず潮周りです。

夕方から大潮の下げ潮というのが僕の中の鉄則なのですが、

新潟周辺では、その状況が無いのです。

夕方から下げ潮の日は、ほとんど小潮となってます。

潮見カレンダーで確認してみました。

今回は、大潮の上げ潮での釣行になりましたね。

小潮でも良いので、次回は下げ潮でトライしたいと思います。

日本海側は、干満の差が少ないので、

大潮でも小潮でも、あまり関係ないかもしれません。

あとは月周りも考慮したいですね。

 

●アジの性質

そもそもルアーに反応する個体が少ないのではないかとも思えます。

しかし、これはまだ確実ではありません。

アジは入ってきているのだろうか?

という疑問もありました。

 

 

今回は、難しいアジングでしたね。

ナイトにこだわらず、

デイや朝マズメに竿を出すと釣果が得られていたかもしれません。

しかし、初めてのポイント開拓であり、

こんな感じではないでしょうか。

 

5月も下旬ともなると、

季節は夏です。

暑さ対策をしっかりして釣行に向かいましょう。

次回は、僕のサマーフィッシングのおすすめグッズなども紹介したいと思います。

 

名物

KC4I0179

鯖バーガーです。

こちらは新潟名物らしく、

せっかくと思い食べてみました。

疲れた体に良いですね。

揚げ具合がほどよくさくっとしてます。

 

KC4I0181

 

こわれせんべいです。

甘さ控えめで、パリパリ食べれます。

小腹がすいたら食べてました。 

 

 

 

<今回の使用タックル>
ロッド:メジャークラフト ソルパラ SPS-T762M

リール:シマノ(SHIMANO) 16 ナスキー 2500HGS 03571

ライン:Rapala(ラパラ) ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 150m 0.4号 ライムグリーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真冬ライトゲームin三浦市!釣果は優れません。

こんにちは。

まだまだ寒い日々が続いています。

立春はとっくに過ぎましたが、

一段と寒いような気が・・・

 

こんな寒い中でも、

釣りに行きたくて行ってきました!

今回は、三浦市周辺でのライトゲームです。

三浦市周辺は、去年の夏以来。

釣り場は、少ない印象でしたが、

なんとか見つけて来ました。

 

KC4I0079

到着したのは、午後2時くらい。

久々にデイゲームからやってみました!

常夜灯もどうやらあるみたいで、

ナイトゲームもできます。

 

初めて訪れるポイントということで、

2タックル用意してみました。

まずは、キャロタックルです。

KC4I0081

ロッドはソルパラ7.6f、

リールはナスキー2500s、

ラインはフロロ2.5lbを巻いておきました。

キャロは、3gを基準に使ってます。

この日は、風も強く、波止場の外側は水深も結構あります。

キャロは、自作です。

といっても、実に簡単なキャロです。

ゴムパイプ0.6mmに中通しオモリ通して、接着剤で固定するだけです。

また次回作り方を簡単に紹介したいと思います。

 

 

そして、ジグヘッド単体タックル

KC4I0083

ロッドは、ダイワプライムゲート6f。

リールは、アルテグラ1000s。

ラインは、ピンキー0.3号です。

ジグヘッド単体は、1g~1.6g。

ロッドは、かなりレギュラーなテーパーですが、

伸びのないラインを使うとバランスが取れます。

このロッドは、もう廃盤なんですね。

中古で出回ってることはたまにありますが。

これは汎用ロッドで、トラウト、メバル、メッキなどにも使えます。

おまけにオールSICなんです。

だったような気がするのですが。

フィネスライン使うときは、摩擦を抑えてくれるし、

アタリも良く拾ってくれます。

もう売ってないというだけで、ちょっとレアもの感があって、

大切に使いたいですね。

ちょっとコルクヤスリで削って細くしてみようと思います。

今、僕が持っているアジングロッドよりも、

実は高価なのです。

当時は、アジングロッドが出回ってなかったので、

これをメインに釣りまくってました。

アジングショートロッド買おうと思ってましたが、

以外にも、こちらもまだ登場するかもしれないです。

 

さて、キャロで釣りを始めたものの、

実に良く根がかりします・・・・

まだ干潮だったからでしょうか、

5カウントでもアウト。

 

根が荒いというか、

局所的に、大きな岩が沈んでいるみたいです。

まあ、結局根が荒いのですね。

KC4I0082

 風は流行り強めで、

ライトゲームには痛いコンディションになってます。

冬は、寒い上に風が吹くので苦労します。

この時期に釣りに行くのは、

もう3年ぶりくらいじゃないですかね。

テトラが大きくて、安定感があり歩きやすかったです。

ここでもアタリは無しでした。

もっとボトムあたりを探れば、カサゴくらい釣れたかなと思ったり。

でも根が荒い。

 

寒さに負け、

一時休憩です。

常時、森永ミルクキャラメルを食べてました。

周辺をお散歩してると、

やたらネコが多いのですね。

 

KC4I0080

なんとなく、3匹います。

ちょっと時間がずれると、

5匹以上かたまってました。

こんなにたくさんネコがいる漁港は初めてです。

 

紅茶を飲んでいると、

日が暮れて来ました。

ナイトゲーム開始です。

 

ライトは3つあるのですが、

なかなか点灯しませんでした、

ここは点灯しないのかと思いきや、

 

KC4I0084

点灯しました!

早速、常夜灯周辺を探ってみました。

 

しかし、アタリ一つなく、

寒く、寒いです。

冬の夜の寒さを軽く見てました。

そういえば、まだ2月なのです。

気温は4度、そして風が強い。

体感温度はマイナスでしょうね。

 

寒すぎるということで、

コンビニまで急きょホッカイロを買いに行きました。

心臓の前後ろにカイロを貼りました。

ちょっとましになりました。

 

それでも魚の気配がなく、

アタリもなかったので、

もう移動することにしました。

 

別の漁港へ到着。

そして、早速ジグヘッド単体で探りをかけてゆきました。

すると、初ヒットです。

 

KC4I0085

 

小メバルです。

それでも、アタリはかなりありました。

やや水温が高かったからでしょうか?

そもそも、メバルは冬が本番みたいなもの。

水温は関係ないかもしれません。

ワームは、クリアーラメを使ってました。

 

ほかにもアタリはあったのですが、

なかなか乗らず・・・

アジングだと思って釣りをしていましたが、

メバル専用の釣り方にしたほうがよかったかもしれません。

 

もうひと休憩して、釣ろうと思いましたが、

寒さに断念し、終了です。

ダウンジャケット着てくれば、もっとやれました。

 

メバル1匹とは、ちょっと物足らないです。

この時期は、数釣りは難しいのでしょうか?

メバルだと良型が出やすい時期です。

この時期は、アジが釣れなければ、早々にメバルに切り替えて狙ったほうが良いみたいですね。

でもやはり、アジが釣りたいと思ってました。

 

次回このエリアを訪れるときは、

城ヶ島あたりまで足を伸ばしてみたいです。

 

KC4I0087

 

帰りに、横須賀名物を買って帰りました。

香ばしい風味で美味しかったです。

 

アジングタックルについて。

 

 

 

 

 

 

国府津でのサーフショアジギング!

こんにちは。1アングラーのトムです。

といっても、年間釣行日数は、

3桁も行きません。

行けません。

久々の更新という感じですね。

釣行へ向かったのは11月上旬です。

2ヶ月遅れの更新となります。

ということは、2ヶ月海釣りに行ってないということですね。

 

今回は、国府津でサーフジギングをしてきました!

IMG_6331

うーん。

1ヶ月ぶりの海。

荒波ですね。

そうです。

思った以上に、

この付近は波が高く。

ウォーターウェアがあったほうが良いなと思ったくらいです。

 

今回は、初のジギングということで、

タックルは新調してきました!

 

ロッドは、メジャークラフト、クロステージLSJ1002です。

IMG_6432

長さがあるため、2ピースで撮影しました。

ジギングロッドの中でも、

ティップが柔らかく、

細かいアクションができるとのことです。

 

リールは、ダイワ、エクセラー3012Hです。

IMG_6323

こちらもジギングにピッタリです。

なかなかパワーがあるリールみたいです。

 

IMG_6329

PEラインは、とりあえず1.5号を巻きました。

無難な強度です。

一番安かったやつです。

あまりこだわりがなかったので。

色分けがあるみたいですが、

単色でした。

 

IMG_6330

それにしても、

長い海岸です。

全部探っていると、

相当疲れてました。

ひたすらキャスト、

しゃくる。

 

この日は、

戻りカツオが釣れるとの情報を元に来ました!

アングラーは、チラホラいました。

 

近くの釣具屋で、

とりあえずメタルジグを購入。

この日のベイトは、カタクチイワシということで、

シルバーを買いました。

IMG_6332

 

事前にメタルジグを持っていたのですが、

やはりシルバーも欲しいなと思いました。

 

ところが、数時間後、

根がかりにより、

このルアーをロストしてしまいました・・・・

途方にくれます。

 

サーフは、根がかりがないようなイメージがあったのですが、

どうやらこの周辺はチラホラ、根が荒い場所があるようです。

テールにトリプルフックをつけなければ良かったかもしれないです。

フロントフックだけでも、

十分アワセが決まると言われます。

 

カツオやブリなどは、魚の頭を目掛けて食らいつくのです。

と聞いたことがあります。

 

アシストフックは、シングルかダブルでも十分でしょう。

 

しゃくりにシャクリました。

 

気づけば、

夕暮れです。

釣れませんでした。

 

今回は、日が暮れるまでがタイムリミットでした。

ジギングを終了し、

別の場所に移動して、ライトゲームを開始しました。

 

熱海に向かって南下したあたりにある漁港です。

 

地元の学生が釣りをしていました。

どうやらカサゴが釣れていたみたいです。

僕の竿にも、ヒット!

しかし、バレてしまいます。

ライトゲームをやるにしては、

すごく都合が良い漁港でした。

でも沼津周辺よりは、

ポイントが少ないですね。

断崖絶壁、釣り禁止などなど。

 

いやー悔しいです。

でも、アタリがあって楽しかったです。

この周辺で、数釣りができるポイントは少ないようですね。

 

釣りを終了した頃には、

軽く筋肉痛になってました。

10フィートのロッドをしゃくり続けたわけですからね。

 

今回は、お魚の姿がお目に書かれませんでした。

次回はどこへ向かおうか検討中です。

 

せっかく、ハスルアーも作ったことだし、

奥多摩湖でハスフィッシングなんて行きたいですね。

いずれにしても来春になりそうです。

 

もしくは、

横須賀のポイントをさらに開拓となるやもしれないですね。

新潟の出雲崎あたりにも行ってみたいと思うようになりました。

 

暖かくなるまで、もう少し時間が掛かるようですね。

 

 

メジャークラフト 3代目クロステージ ショアジギモデル CRX-1002LSJ

新品価格
¥13,189から
(2017/2/3 18:56時点)


 

 

 

時合を逃したか?クロダイのへち釣り。

こんにちは。

先日のアジング釣行の疲れもやや残る中。

もうすぐ自宅へ帰省しないといけないのですが。

せっかく中国エリアでの釣行となったので、

クロダイのへち釣りへと向かいたいと思いました。

 

瀬戸内海は、全国的にもクロダイの魚影が濃いエリアです。

へち釣りだけでなく、フカセ釣りでも多くの実績ポイントがあります。

ただ、フカセはまったくやったことないのです。

 

 

今回のへち釣りポイントは、

広島県、とびしま諸島郡となりました。

 

161011_1228~01

とびしま諸島郡は、たくさんの島に分かれており、

一番先端はもう愛媛県という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

161011_1228~02

 

 

 

 

 

 

 

 

海峡部がたくさんあるので、潮の流れが極めて早いです。

海峡部でなくても、山口エリアより潮の流れが早いと思いますね。

アジングやるときはキャロメインでやるひとも多いのでは。

ここのアジングは難しいとのことですが、

たしかに簡単に数は釣れませんね。

ただ釣れるととてもデカく、体高もあり、太っているのですね。

今回は、へち釣りメインだったのです。

しかし、時間があればアジングもと、タックルは一応持参しました。

 

 

餌は、現地調達できるポイントを見つけました。

岩場の浜がいくつもあり、岩を引っくり返しては、

カニ、青虫など採取します。

ちょうど潮が引ききっているときに行ったので、

簡単に採取できました。

 

へち釣りの餌は、カニがメインです。

それも小ガニです。

30分くらい採取し、

餌箱の中は満タンです。

 

少々時合まで休憩するべく、

浜辺で昼食です。

 

161011_1436~01

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食が終わり、

ちょっと竿を出したくなり、

アジング開始です。

日中、サーフでアジングをすると、

ハマチなどの青物が掛かることがあるので、

もしやと思いやってみました。

しかし、ノーヒットです。

以前、イナダを掛けたときは、

みるみる糸を出されました。

そのときは、フロロ3lbでした。

うまくやればランディング出来ていたでしょう。

実際、1.6lbでも釣っているひともいるくらいです。

青物はバレやすいなと思いますね。

 

黒鯛もワームで釣れることもありますので、

なんでも来いという気分でした。

 

浜の端から端まで探りましたが、

イマイチあたりもなく。

クロダイのへち釣りポイントに移動しました。

 

 

へち釣りポイントは、浜からやや離れたところにあるのです。

先客で、エギング、シーバスをやっている方々がいました。

それにしても、風が強いですね。

地形的に風が吹き荒れやすくなっているのでしょうか?

 

時合いが到来し、

ひたすら餌を落とし込みました。

なるべく静かに歩いて、餌を落とし込んでは、止めて5秒。

しかしノーヒット・・・・・

 

クロダイは坊主になることが多いのです。

ベイトはかなり入っていたのですが。

おそらく時合を逃したものと思われます。

 

そういえば、10月上旬なので、

日が暮れる時間も早くなっています。

夏とはやや夕マズメの時間がずれる可能性があります。

魚は季節によって、マズメ時を変えるのでしょうか?

もう1時間早く来れば良かったですね。

 

まだ時間があるため、

ポイントを移動し、アジングをすることにしました。

 

キャロ3gをメインで使いました。

風が強いです。

しかし、そういう日ほどプランクトンは足元に寄ってきているのですね。

今回は、先日買ったばかりの、ホワイトグローを試してみました。

アジが何を捕食しているかわかりません。

レンジを入念に探ってみました。

 

 

161011_2018~01

 

 

 

 

 

 

 

 

釣れました。

いますね!

豆アジですが、とても太っています。

やはり山口よりも太ったアジが多いですね。

このサイズとは思えないくらいよく引きました。

足元で食ってきました。

5カウントくらいの中層です。

 

この1匹だけで、終わりです。

なぜか数が釣れないのがとびしまです。

群れが小さい、魚が止まってくれないなどでしょうか。

もしくは何かが足りないのですね。

何かがわからずじまいでした。

6年くらい前に来た時は、

ジグヘッド単体でかなり釣っている人がいたのですが。

難しい釣りです。

 

12月、1月にもなると、

海峡部で40cm近いアジが釣れるという情報もあります。

しかし、回遊待ちということで、根気のいる釣りになりそうです。

 

今回の釣行は、この小太りアジで終了です。

アジが釣れてよかったです。

また行きたいですね。

瀬戸内エリア。

3月くらいに愛媛にいけたらなと思っているのですが、

どうなるでしょうか?

 

新幹線で帰路につきました。

次回の釣行はまたいつになるかわかりませんが、

おそらく近いうちにいけるかなと思います。

またレギュラーテーパーのペナンペナンロッドを持ち出したくなりました。

 

161013_1216~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れさまです。