御嶽渓谷をピクニック!

こんにちは。

ゴールデンウィークも終わりになるころですが、

僕もおやすみらしく、ピクニックへいってきました!

 

今回行ったのは、御嶽渓谷です!

御嶽渓谷は奥多摩の手前に位置する渓谷です。

 

まず軍畑駅に到着。

そこからしばらく歩きました。

 

KC4I0292

 

するとすぐにきれいな川が流れています。

歩道は意外と狭く、車の通りは多いなと思いました。

 

KC4I0293 

遊歩道へと続く道へ入ります。

ここからはほんとに、自然の中という気分にさせてくれます。

 

KC4I0295

 

濃い緑と沢の音にリラックスしつつ歩きました。

トラウトタックルのひとつくらい持ってこようかと思いましたが、

今回は手ぶらです。

遊漁には券が必要で、

あちこちの出店で販売しているようです。

 

鮎が時期に解禁ということですね。

ニジマスはいるでしょうか?

 

KC4I0297

 

ふと岩の影をみると稚魚がワンサカと溜まっています。

鮎でしょうか?

 

岩がたくさんある渓谷ですので、

ロッククライミングの練習しているひとがたくさんいました。

やたらとでかいマットを背負ってあるいているひともいて、

なんだか重たそうでした。

 

反対側に渡ると、より林が濃くなります。

KC4I0298

 

酸素が濃いですね。

山ほど深呼吸してました。 

川下りしているボートもありました。

 

いつかこんなところで、キャンプしたり渓流釣りもやってみたいです。

当分釣りは海だけの予定。

 

お土産も買いました。

澤乃井の清酒と兜饅頭です。

とても甘口で美味しいお酒でした。

KC4I0299

 

 

なかなか軽装備で行ったのですが、

やはりリュックくらいあったほうがよかったなと思います。

 

いうことでちょっとリュックおすすめ貼っときます。

 

パラディニア(Paladineer)登山リュック 防災リュック 30L 大容量 超軽量 多機能 防撥水 防災 登山リュックサック ハイドレーションバック ジョギング クライミング 登山 ハイキング トレッキング 男女兼用 ブラック

新品価格
¥3,999から
(2018/5/6 17:20時点)


 

 

 

 

アウトドアはチェアーにはこだわったほうが良い。

こんにちは。

3連休の半ば、

今や、ネットなんてやらずに釣りやアウトドアを楽しんでいるひとも多いですね。

僕も明日あたりに、

近くの釣り場に向かおうかと思っています。

 

先日書き忘れたことの追記になります。

アウトドアグッズについてです。

テント、マット、コンロなどなどいろいろグッズがあり、

どれも大切なグッズです。

 

アウトドアでは、

とりあえず、チェアーにはこだわったほうが良いです!

 

なぜなら、バーベキュー、休憩と、

ずっと座っているものなので、

座り心地が良いモノがいいです。

 

 

キャプテンスタッグ アウトドアチェア ジュール ラウンジチェア M-3846 ドリンクホルダー付き ブラック

新品価格
¥1,053から
(2017/11/4 13:21時点)

やはり、キャプテンスタッグは定番です。

背もたれが付いていたほうがいいですね。

バーベキュー後は、ゆっくりとリラックス出来ます。

ドリンクホルダーも付いています!

 

小さなチェアーは、

腰が痛くなりますよ!

 

これくらいのサイズのチェアであれば、

キャンプ、バーベキュー、釣り、

なんでも持っていきますね。

 

 

【アウトドアチェア ・キャンプ用品】 Linkax ロングバックタイプ 耐荷重140kg ラウンジチェア 折りたたみ 軽量 専用ケース付き ( 折り畳み椅子 )

新品価格
¥3,680から
(2017/11/4 13:26時点)

こちらは、とてもコンパクトに収納でき、

背もたれも長いです。

普通にお昼寝できそうです! 

登山、ハイキングのリュックの中にも入る大きさです。

 

 

ちょっと紹介してみました。

天気も良いですし、

釣り行きたいですね!

 

それでは。

 

 

 

 

クーラーボックスの保冷力をアップさせよう。

こんにちは。

夏の釣りというと、

クーラーボックスの保冷力が命という感じですね。

夏は、できる限り保冷力の高いクーラーボックスを使うべきです。

 

ただ、どんなに良いクーラーボックスでも、

使い方次第で、保冷力は上がりも下がりもします。

なるべく保冷力を上げるための方法があるのです。

これも大したことではありませんが、

やるのとやらないとでは大違いです。

 

基本的に、クーラーボックスも水筒もなのですが、

直射日光に当てないことが大切です。

 

■銀マット、レジャーシート、サバイバルシートをかぶせる■

100均でOKなので、銀マット、サバイバルシートなどをかぶせておきましょう。

これで保冷効果はアップします。

サバイバルシートは、柔軟性があってコンパクトで良いですが、

銀マットのほうが、厚みがあるため、

より断熱性に優れていると思います。

100均のレジャーシートには、薄手の銀マットがあるので、

僕はそれを使っています。

車の中に入れておくときも、

かぶせておくだけで保冷効果アップです。

クーラーボックスの中に、それらのシートを敷き詰める方法もありますが、

魚を入れたり、氷が溶けたりするので、

シートが汚れてしまい掃除が面倒です。

 

■保冷剤は良いのですが・・・■

保冷剤は、たしかに良いものなのですが、

1度溶けてしまうと、再度凍らせる必要があります。

毎晩冷凍庫が使える場所があればよいのですが、

長期遠征では、毎晩冷凍庫を使うのは難しい場合が多いです。

1日で溶けてしまい、2日以降は使えません。

すると2日以降、保冷剤はただの荷物になるわけです。

溶けた保冷剤は、おそらく保冷効果が無いどころか、

クーラーボックスの冷気を奪う可能性もあります。

なので、長期遠征には向かないのです。

長期遠征では、保冷剤は入れずに、

大きな氷のかたまり、ペットボトル氷などを入れておくと便利です。

もちろんバラ氷もあると良いです。

 

ちなみに、クーラーボックスで最も保冷力が高いのは、

真空管パネルが施してあるタイプです。

夏はそれが一番ですね。

 

冬は、それほど保冷に気を遣いません。

真冬なんて、凍らせたペットボトルと保冷剤だけってこともあります。

車だと暖房が効いているので、

それくらいはあったほうがよいですね。

 

夏は、氷をパンパンに入れておくのが良いです。

釣った魚を、美味しく、新鮮に食べれるっていいですね。

刺身が最高です!

 

 

 

 

 

 

 

アウトドア、釣りに最適な腕時計をご紹介!時計とストップウォッチだけじゃない。

こんにちは。

近頃腕時計をつけるひとが減ってきたと言われます。

スマホとかで時間確認しますからね。

しかし、アウトドア、釣りにおいては、

腕時計のメリットはたくさんあります。

 

腕時計は、両手がふさがっていても、

腕を傾けるだけで時間が確認できます。

スマホや携帯をいちいちポケットから出し入れするのは、

実に時間のロスです。

手が汚れていると、ケータイのボタンが汚れたりもしますし、

ケータイは濡れたりすると良くないですよね。

釣りやアウトドアをしているとそう思うことが多くありました。

また、アウトドアや釣り向けの腕時計には、

適した機能が付いているものもあります。

 

アウトドア、釣り向け腕時計の特徴

●防水機能

アウトドア時計に重要なのは、なんといっても防水機能です。

海水浴、突然の雨などにさらされても良い防水加工がしてあります。

10気圧防水は水深100mの防水効果があるということです。

●タイドグラフ、ムーンデータ

潮の干満、月の満ち欠けのデータが確認できる機能です

これは、釣りでは非常に便利で、

リアルタイムに潮の状況を確認できれば、

釣りの時合なども把握しやすいです。

月の満ち欠けも同様です。

●ソーラー充電機能

日光で充電するため、

電池交換の必要がありません。

正確には電池に寿命があるようですが、

10年使っていても1度も電池交換したことはありません。

●電波機能

全国、世界各国どこにいても電波を受信し、

時間を修正します。

 

以上の機能を兼ね備えた腕時計が、

最もアウトドアに適していると言えます。

それらを踏まえた腕時計が以下のものです。

 

カシオ CASIO G-SHOCK Gショック 腕時計 メンズ ソーラー 電波 GW-7900B-1ER 

カシオgショック

カシオのGショックです。

ややゴツめですが、強度的にはこれくらいが安心です。

20気圧防水ということで、水深200mまで使えます。

ダイビングでも使えるのでしょうね。

Amazon

 

 

 

 

CASIO 腕時計 SPORTS GEAR  W-S210H-1AJF

カシオGsショック2

 GW-7900B-1ER と性能はほとんど同じですが、

こちらは、10気圧 防水となってます。

こちらはリーズナブルかつ、

アウトドアに使うには機能も十分ですね。

Amazon

 

 

 

 

こんな感じの腕時計を紹介してみました!

アウトドア、釣りにゆく人は1つは持っておきたい腕時計です。

他にも便利な機能が付いているかもしれないので、

いろいろ説明書見ながらいじってみてください。

 

僕は、ここ10年くらいプロトレックのGショックを使ってますが、

まだ生きてますよ。

アームバンドを付け替えたので、

これからもまだまだ使えます。

やはり、腕時計のほうが、

時間をパッと確認できるからいいのですよね。

次回の釣行からまた腕時計が使えるので、

ワクワクしています。

 

 

 

 

 

 

 

一番素早く火がつく着火剤!文化たきつけ。

こんにちは。

アウトドア、キャンプシーズンも程よい時期ですね。

僕も近々遠征へと向かう準備をしているのですが、

バーベキューをするときに使う着火剤を本日調達してきました。

着火剤として信頼を置いている、

富士屋の文化たきつけです。

 

IMG_6737

マッチ1本で確実に着火とありますが、

まさにそのとおり!

どんなに湿気た日でも、

風が吹いていても、

マッチ1本で付きますよ!

僕が使ってきた着火剤の中では、

着火スピード、着火力はダントツです。

 

なぜなら石油が染みこませてあるのです。

 

この着火剤は、

これまでもキャンプで使ってきましたけども、

パッと火がつくので楽です。

18本入ってます

僕は1回の着火で、4分の1本づつ使ってました。

それでも十分なくらいの着火力です。

相当長持ちしました。

 

着火剤もいろいろ試しましたが、

やはりこれに戻りました。

着火剤はいろいろなタイプがありますが、

油が染み込んであるようなタイプが一番ですね。

それ以外のタイプはマッチ1本ではなかなか点かないこともあり、

少々手間取ることもあります。

やっぱり1発で着火できるのが一番ですね。

 

文化たきつけ10個セット☆木炭・練炭・豆炭・石炭・オガ炭・薪用簡単着火剤・屋外用(火おこしグッズ)

新品価格
¥2,300から
(2017/5/11 17:12時点)

春の川原バーベキュー!チャコスタのコツがわかったような・・・

こんにちは。

来月は釣行遠征を控えてますが、

その前に、軽くバーベキューがしたいと思い、

川原へGOということになりました。

 

晴天にも恵まれ、

だんだん気分が乗ってきました。

日中は暑いくらいで、

去年も同じ時期に来たのです。

今年は暑くなるという予報ですね。

 

去年まであった木が切られていて、

木陰がなくなってました。

日陰がなくなり、

ちょっと参ります。

 

早速バーベキューの準備をと取り掛かりました。

 

KC4I0135

前回制作した、

100円チャコールスターター。

通称100チャコ。

チャコスタでいいですよね。

果たして、早く炭を起こせるのだろうかと、

意気込んでました。

 

着火剤に着火し、

その上に炭を置いてました。

しかし、これがなかなか点かない。

風はかなり強かったのですが。

それだけが理由ではなさそうです。

 

火力が弱い。

着火剤だけでは炭全体に炎が届かないのです。

 

KC4I0136

近くに落ちている、小枝、枯葉をいれました。

これで火力は増します。

でもすぐに火が消えてしまい、

なかなか手こずりました。

ということで、

燃料の入れ方にコツがありますね。

簡単に図にしてみました!

 

チャコスタ

こんな感じだと確実でしょうね。

まだ実際やってないのですが、

これくらい燃料がないと、

やはり炭に火はつかないですね。

チャコスタから木がはみ出るくらいでも良いです。

100均の自作チャコスタは、小さいです。

バーベキューの最初は、

一気に燃やして、

その勢いで炭を真っ赤にしてしまうのが良いです。

葉っぱや小枝をたくさん入れたほうが、

早く炭が起こせますね。

落ち葉や小枝は、山が近ければ、

いくらでも落ちてます。

現地調達できたりもするので、

問題なしです。

 

 

KC4I0137

 

そして、ついに火が起こせ、

焼肉になったのです!

ハラミですが、

ウマイです。

焼肉はハラミかカルビって感じですね。

炭火はやはりウマイです。

それに自然の中で、

空気もうまいですからね。

 

KC4I0138

野菜も焼きました。

キャベツは生で食べました。

そのほうが胃に良いです。

きのこも焼いてみましたよ。

独特のアクがありますが、

アウトドアって感じの味です。

 

川原に寝そべり、

やや魚釣りをし、

何ともいい気分です。

ちなみにタックルは、

トラウトタックルをでした。

ルアーは自作ハスルアーです。

 

IMG_6654

 

ジグヘッドの中に埋もれてますが、

ゴールド、シルバー、ブラウン、ブラックを用意しました。

もっと量産する予定で、カラーも増やす予定です。

夏には間に合うでしょう。

 

結局釣れませんでしたが、

小さな小魚がアタックしてきてました。

 

おかげで心も体もリフレッシュです。

 

チャコスタですが、

結論からすると、

なくてもOKな気がしたりします・・・・

気分的に使ってみたいので、

次回も使ってみたいとは思います。

100均のチャコスタは、

やや心もとないです。

まあ使えなくないですが、

ソロキャンプや少人数バーベキューで、

使いたければ使ってみてください。

 

やや早く火が起こせるかななと思います。

 

ちなみに、

チャコスタを使った炭の起こし方は、

上記の図のようにしたほうが確実ですね。

これはおそらく、どのチャコスタでも同じだと思います。

着火剤だけで着火しているひともいたのですが、

着火剤たくさん使ってしまいますね。たぶん。

 

そいうことで、

次回も楽しいアウトドアができればなと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャコスタ自作してみました!

こんにちは。

桜も満開ということで、

そろそろバーベキューに出かけるというかたも多いのではないでしょうか?

 

僕も月末は、キャンプへ行けるかもしれないので、

ウキウキしているわけです。

そこで、バーベキューについて考える機会が多くありました。

 

バーベキューセットは、

4年ぶりくらいに購入したのです。

スリムでコンパクトで良いのですが、

これが重たくてちょっと考えもの。

あえて画像はるまでもなく、普通のバーベキューコンロです。

 

バーベキューといえば、

炭火ですよね。

炭火だからこそ、

肉はウマイ。

これは誰もが思うところでしょう。

 

今までは、ずっと木を燃やして、

炭をふりかけていたのですが、

次回からは、チャコールスターター、

略してチャコスタを使ってみたいと思うようになりました。

チャコスタを使ったほうが、早く確実に炭がつくらしいのです。

 

でもチャコスタに金かけるのもなんだと思い、

自作してみました。

すべて100均商品です。

 

<使うもの>

オイルポット

ネジ2個

目打ち

 

IMG_6577

 

700mlのオイルポットです。

一人用であれば十分なサイズです。

 

1、フタを外し、アミ皿を取り出す

IMG_6579

 

 

 

 

2、底を缶切りで切り取りアミ皿をはめる

IMG_6580

ピッタリハマりますよ。

 

 

3、ネジでアミ皿と本体を固定

IMG_6582

あらかじめ、ネジを締めるところに目打ちで穴を開けておくと、

ネジを締めやすいです。

ネジは2個でも十分固定できます。

本体とアミ皿もろともネジで固定しましょう。

 

 

4、通気口を開ける

IMG_6581

本体下部から5cm以内くらいの範囲に、

目打ちで穴を開けます。

これは通気口です。

空気が入りやすく、日が燃えやすくなります。

 

 

IMG_6583

そして完成しました!

実は、まだ使っていないのですが、

テンションはやや高めです。

耐久性など、引き続き紹介できたらなと思います。

この作り方は、他の方もかなり実践しているので、

今更ながら紹介する必要はないかもしれませんが、

一応完成ということで、

紹介してみました。

 

ただ、やはり大人数で使うチャコスタにしては、

小さいので、

大量に炭を起こしたい場合は、

もっと大きいやつが良さそうですね。

大きいチャコスタの作り方もあるようですが、

僕にこれで十分なのであまり調べてません。

一斗缶とかステンレス板を囲うようにして作るやり方が多いでしょうね。

 

使えればOKということで、

お金かけたくない人にはおすすめです。

 

でも日曜大工苦手という人は、

正規品おすすめしますね。

 

キャプテンスタッグ バーベキュー用 折りたたみ火起し器 FD 炭焼き名人 M-6638

新品価格
¥1,273から
(2017/4/6 11:28時点)

↑これが一番おすすめですね。

 

次回のバーベキューで早速使ってみたいと思います。

ちなみに、火消しは、

缶詰の空き缶があれば十分ですよ。

炭をいれて上から蓋しておけば、簡単に消えます。

 

キャンプはあれこれかさばるので、

身近な物を流用してゆくのもコツですね。

 

 

春の川原バーベキュー!チャコスタのコツがわかったような・・・へ!

 

 

 


 

初春の晴天にめぐまれて秋留へピクニック。

こんにちは。

本日は、連休最終日です。

この度の連休は、天気が非常によく、

いいお出かけができました。

 

天気も春らしくなってきて、

道端にはつくしなんて生え始めていたり。

冬も終わりという感じです。

 

しかし、また寒くなったりすることもあるので、

体調管理は気をつけて行きたいです。

来月、もしくは再来月には新潟県への遠征を計画しています。

 

とりあえず、今回の連休は、

多摩川周辺へと出かけてみました。

東秋留から周辺をお散歩してみました。

 

あまり写真をとってませんでしたが、

すごく春を感じるようきで、

弾むようです。

 

歩いて散歩していると、

福生市に突入していました。

福生市には、多摩川が流れており、

河川敷も綺麗で、

周辺の環境も整っています。

 

遠くから川を見ていると、

何やら釣り人らしき姿があり、

近寄ってみることにしました。

そういえば、この時期はそろそろ、

ニジマスが解禁になる時期だったような・・・。

というか解禁しているのでしょうか?

 

KC4I0094

 

都内でも自然はたくさんあるのですね。

水深は、かなり浅い川です。

激流です。

比較的いろいろなタックルを持っているひとが多かったです。

 

ただのんびり眺めていたかったので、

話かけませんでした。

 

KC4I0095

 

川は工事中なのでしょうか、

すごい砂袋が置いてありました。

少年達のルアーは、どうやらスプーンを使っているようです。

ということは、やはりニジマス狙いかと思ったのですが。

どうやらヤマメを狙っているようです。

通りがかった人が質問しているのが聞こえたのです。

ヤマメはルアーで釣れるのでしたかね?

 

バスタックルを持っているアングラーもしばしばいました。

僕の方は、いずれハス釣りをやってみたいと思ってはいるのですが。

おそらく夏になるでしょうね。

 

それにしても、

すごく歩きました。

初春の中を長々とお散歩できるとは、

良い1日だったものです。

 

やや小腹がすいたので、

ちょっと軽食でもと。

KC4I0096

 

ケンタッキービスケットが、すごく安くなっていたので、

2個も食べれました。

 

日が暮れ、

1日が終わりました。

休日なのに、朝早く起きれたのが不思議でしたね。

今日は昼まで寝ていたのに。

 

次回のアジングでは、

どんなタックル使おうかなと思っているのですが、

とりあえず、ロッドのコルググリップを削ってみたいです。

ほんの少しですが、太いです。

レギュラーテーパーですが、

オールSICですので、アタリはよく取れると言われたことがあります。

レギュラーテーパー、スローテーパーなどは、

アジングでは、あまり使われませんが、

なんだが使えそうな状況はたくさんありそうですね。

 

とりあえず、伸び伸びのタックルになるでしょう。

そのほうが、アジはルアーを吸い込みやすいような気もします。

合わせあ遅れなんてホントにあるでしょうか?

いずれにしても、

次回は魚影が濃いところで実験です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bears Rockシュラフ マミー型 3.5シーズン対応を使ってみた感想。

こんにちは。

先日のキャンプで、新たに購入したシュラフを使ってみました。

Bears Rockのマミー型シュラフです。

春、夏、秋、初冬の3.5シーズン使えるスペックです。

-8°が使用限界温度ですが、快適睡眠温度は8°~25°となっています。

 

150509_1209

止めるためのストッパーがワンタッチ式だともっとよかったです。

間に通したりという手間がややありますが、気になるほどでもありません。

 

150509_1211

開いたらこんな感じでした。

割と内部には余裕があって、ブランケットを巻いているような感覚です。

記事にはやや厚みがあるものの、割と軽めの素材感です。

頭の部分は、かなりペラペラに柔軟な素材です。

5月の中旬くらいに、瀬戸内周辺でテントの中で使用しましたが、普通に寝れました。

明け方やや暑かったくらいです。

なので3月、4月もテントや車中外泊でも使えるのではないでしょうか?

寒さは人それぞれなのでなんともいえませんが。

ただ、本格的な真冬に使うには少し物足りないといった感じでしょう。

 

150509_1206

バッグにしまうとこんな感じです。

結構コンパクトですよ。

春先のツーリングやキャンプにはかなり向いているのではないでしょうか。

Amazonで見る。

 

これだけでは寒いというひとは、インナーシュラフも持っていたほうが良いかもしれません。 

インナーシュラフは、使用温度が15°以上くらいの夏にしか使えないシュラフです。

もしくは、ブランケットをシュラフの中にひいておいても良しです。

久しぶりのテント泊まりでしたが、快適でした。

屋外で睡眠を取る場合は、耳栓とアイマスクも忘れずもっておきましょう。

寝袋 シュラフ マミー型 3.5シーズン対応 春用 夏用 秋用 初冬用 【購入特典付】 (グリーン)

新品価格
¥3,850から
(2015/5/18 11:15時点)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 寝袋 プレーリー封筒型シュラフ600 グリーン [最低使用温度15度] M-3448

新品価格
¥1,000から
(2015/5/18 11:16時点)

↑インナーシュラフにおすすめです。

 

ロゴス(LOGOS) スカイラダーエアベッド 73802801

新品価格
¥2,500から
(2015/5/18 11:18時点)

↑マットがあれば、硬い床の上に引くだけでぐっすり寝れます。

車中外泊やキャンプで快適に睡眠をとろう!シュラフを選ぼう。

こんにちは。

ゴールデンウィークも真っ只中。

家族や友達とちょっと遠出してキャンプという方もいるのではないでしょうか?

今回は、車中外泊やキャンプで快適に睡眠をとる方法について紹介しようと思います。

これは以前の記事でも紹介したかもしれませんが、また改めて気づいたことやわかったことなどを含めて紹介しようと思います。

 

 

シュラフ

シュラフとは、いわゆる寝袋と呼ばれるものです。

これがないと、夏以外は寒くて寝れません。

車中外泊であれば、暖気運転で空調を回せばOKですが、1時間あたりガソリンを1L消費するのです。

ガソリン代節約のためにも、なるべくシュラフにくるまっておきましょう。

 

 

●シュラフの選び方

シュラフは、4シーズンそれぞれ使い分けます。

シュラフには、使用快適温度があります。これが安眠できるかできないかを左右します。

季節によって適切なシュラフを選ばなければ、寒くて寝れないことがあります。

中には、4シーズンいつでも使えるシュラフもあります。

しかし、個人的には、4シーズン使えるシュラフというのは、快適に使える時期は実質1ヶ月~2ヶ月くらいの短い間です。

使用可能温度によりますが、使用可能温度0~15℃のシュラフは車中外泊で使うにしても、春先か立秋くらいにしか出番はないです。

使用可能温度0~15℃のシュラフであれば快適睡眠温度は18℃~25℃という感じです。 

快適睡眠温度ということを考慮すると、オールシーズン車中外泊やキャンプをする場合は、最低でも2種類はシュラフを使い分ける必要があります。

 

●春、秋のシュラフ

 

Bears Rock寝袋/シュラフ/防災/冬用/マミー型/-12度/4シーズン対応/洗える寝袋

シュラフ

ホームセンターに売っているシュラフよりかは安心できますし、4シーズン使い回しはできるでしょう。

春先、秋には屋外で寝るにもちょうどよく、安眠できるのではないでしょうか?

車中外泊なら問題ないでしょう。

しかし、冬本場のアウトドアで使うにはちょっと心細いという意見もあります。

あくまで春先、秋の気温が10~20℃くらいのときくらいにしておいたほうが良いでしょう。

楽天市場で見る。

 

●冬用シュラフ

冬にキャンプや車中外泊で、安眠しようと思ったらそれなりにしっかりとした防寒対策を施してあるもの選びましょう。

安眠のためなら、価格をおしんではいけません。命の危険につながります。

最高スペックを選びましょう。

 

オーロラ light350DX /ナンガ |NANGA 寝袋 シュラフ ダウン コンパクト マミー型 スリーシーズン 登山 トレッキング キャンプ ツーリング 車中泊 防災

シュラフ冬用

真冬に平地で、車中外泊やキャンプをしたいのであればこれが良いでしょう。

快適睡眠温度が0℃となっているので、平地でも極寒地でなければこれでOKだと思います。

楽天市場で見る。

 

オーロラ600DX ロング /ナンガ【okym】 |NANGA 寝袋 シュラフ ダウン コンパクト マミー型 冬用 ウィンター 雪中 登山 トレッキング キャンプ ツーリング 車中泊

シュラフ極寒

■快適使用温度:-11℃、■使用可能限界温度:-30℃となっている。

まさしく究極のシュラフ。

極寒の登山で使われることもあるようです。

寒冷地での車中外泊、キャンプ、野宿にも使えるでしょう。

また、寒冷地では防災用品として備えておくのも良いのではないでしょうか?

楽天市場で見る。

 

以上がシュラフの選び方でした。

快適に睡眠できるというのは、何より重要なことです。

キャンプなどでは、体力が回復しないと体調を崩しやすくなってしまいます。

自分の使用環境に合わせて、妥協せずに選びましょう。

 

 
アウトドア&スポーツ ナチュラムアウトドア&スポーツ ナチュラム