釣れるロッドとはなんだろう?

こんにちは。

釣れるロッドとは一体なんだろうかと、

ふと考えます。

ロッドの構造、ガイドの素材に関して、

いろいろ考えてみました。

 

近年のアジングロッドは、

ほとんどがファストテーパーとなっています。

ファストのほうが、

ロッド中間部の張りが強く、グリップあたりはパワーがあります。

そのため感度がよく、即合わせが効きやすいです。

ルアーもダイレクトに動くため、

フォールの釣りに向いているといえます。

 

しかし、レギュラーやスローテーパーなども、

メリットがあるのではないと思います。

全体的に、ビヨビヨ曲がるタイプで、

合わせおくれなどの心配があるといわれますが、

僕の経験上、常にそうとは思えないです。

たしかに、ロングキャストしボトムを探るような釣りでは、

ファストに伸びないラインのほうがメリットがあります。

距離が伸び、水深が深くなると、アタリも操作性も鈍ります。

そういうときは、ファストに伸びないラインを使うのがベターな場合です。

 

ただ、アミパターンや表層~中層をジグヘッド単体で探るときは、

レギュラーやスローのメリットは十分あると思います。

キビキビ動かさない、ふわふわした動きにおいては、

レギュラーやスローは適しています。

また、プレッシャーの高いアジなどは、

容易に捕食しないため、しっかり食わせる必要があります。

ショートバイトだと、なかなか掛かりませんので、

しっかり食わせてからアワセる必要があるのです。

張りのないロッドは、やや大きめにアワセる必要はあるでしょう。

アジングは即合わせと言われますが、

ショートバイトなどがあるときは、

何とかしてしっかり食わせないといけないです。

 

スロー寄りのテーパーであれば、

ルアーを吸い込んで違和感を感じるまでの時間が遅く、

アワセる時間も長くなるのでは?と思ったりします。

これは憶測にすぎません。

しっかり吸い込ませ、

口の奥でフッキングできれば、

バレる心配もないです。

ロッド全体がしなることで、

水中に入ってゆきます。

向こうに合わせた釣りになるので、

違和感やプレッシャーを与えないとはいえると思います。

 

アジがロッドのテーパーなんてわかるわけないとは思いつつも、

掛かったあとの、ファイト中では確実に差が出るでしょう。

ファストは、比較的強引なファイトです。

パットのパワーで一気に寄せます。

その際に、魚も引っ張られていると察知し暴れるのです。

スロー寄りテーパーは、向こうの引きをロッド全体でクッションのように吸収し、

無理のないファイトができます。

お魚にとっては、無理がないわけです。

口切れもしにくいです。

尺サイズの魚であれば、6fくらいでも問題なしです。

 

チューブラーロッドであれば、感度も良いので、

レギュラーやスローでも使いどころはあるでしょうね。

僕自身、レギュラーテーパーを長らく使ってましたが、

かなり釣れていました。

5cm程度の小魚がつついても、アタリは十分とれます。

アタリを察知するのが遅れる、アワセが遅れるかどうか、

まだ十分な結論は出ていませんが、

ファストテーパーにPEやポリエステルラインといった伸びない感度の良いタックルのほうが、

アタリを弾いて乗らない状況は多々ありました。

 

ですが、

よほどの理由がないかぎり、

ファストを使うのが無難とも思います。

やはり、感度が良いの越したことはありません。

 

ファースト寄りロッド+PE、ポリエステルライン=伸びないタックル

スロー寄りロッド+フロロライン=伸びのあるタックル

という感じになるので、

組み合わせを工夫すれば、いろんな状況に使えます。

スロー系ロッドで、PE、ポリエステルを使うと、

感度が良く、適度に柔軟なためバランスが良くなるでしょう。

ファスト系ロッドで、フロロを使っても同じような感じです。

ルアーをキビキビ動かしたい場合は伸びないタックル、

ふわふわ動かしたい場合は伸びるタックル、

みたいな選び方でもいいでしょう。

 

ロッドの感度のことになると、

やはりロッド軽さになると思います。

軽いロッドは、取り回しやすいだけでなく、

感度も良くします。

重いものより軽いもののほうが、些細な振動を伝えやすいらしいです。

鉛や鉄の壁の方が防音性が高いのは、木よりも振動を伝えないからです。

オールSICガイドがよいと言われるのは、SICガイドがスティールよりも軽いからです。

ガイドも年々進化してますね!

ですが、まだまだSICが一番軽いので、

トータルで考えても、SICメリットは大きいでしょうね。

とくに、軽さ、感度が命のライトゲームではですね。

 

スレたアジ、乗らないアジのために、

レギュラーやスローは1本くらい持っていたほうが良いですかね。

乗らないアジ、他の方法もあるかもしれませんが、

ロッドでいうとこんな感じです。

 

釣れるロッドというのは、

結局状況に応じて使い分ける必要もありそうです。

一口にファーストロッドが全て良いとも言えないでしょう。

いろいろ書きましたが、

いつものタックルで釣れないと思ったら、

レギュラーもスローも使ってみようかな?と、

思うくらいです。

 

論点が広がってしまいましたが、

最近はそう考えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

34新作アジングロッド!ガイドポスト LHR-62 。

こんにちは。

先日アジングに3日ほど出かけてました。

今回はなかなか大漁でした。

季節的にも本番です。

 

釣りの帰りに、お決まりの釣具屋散策をしました。

特に何を買うわけでもなく、商品を物色して目新しいものがないか見てました。

 すると、アジングロッドに目が止まりました。

 

34のアジングロッドが20000円切っている!

 

僕は驚きました! 

34は、アジング専門のメーカーとして知られています。

ロッドの作りにはかなりこだわって設計されています。

スペックはアジングロッドの中でも最高峰と言われています。

その分、アジングロッドとしては格式が高く、価格も30000円超えるものが多かったです。

しかし、今回入門用ロッドということで安価なロッドをリリースしたようです。

その名も、

 

ガイドポスト LHR-62です。

34 ガイドポスト LHR-62

新品価格
¥19,980から
(2015/6/19 09:09時点)

アジングロッドとしての質は落とさずに、入門用ということで安価にというコンセプトで作ったロッドです。

無駄な部分を一切取り払って、コストカットしているようです。

34のアジングロッドをお気軽に味うことができるようになりました。

低価格で、本格的なアジングが楽しめるようになったということで、僕も光栄です。

6.2フィートということで、ジグヘッド単体でのアジングにおいては、もっともベストなロッドです。

使用可能ルアーウェイトは2gまでとなっているのであまり重たいキャロには使えないですが、その分軽いルアーが遠くに飛ばせるように設計されているということです。

 

 

 

 

 

遂に入手しました!アジ二スト6.6f。

 

こんばんは。

先日から買おうかどうか迷っていたのですが、

遂に買ってしまいました。

 

IMG_4762

かめや釣り具オリジナルブランド、アジングロッド、アジ二ストです。

ソリッドティップです。

6f台のアジングロッドで最も安価なものかつ重量が軽いものを探していました。

これがそのスペックです。

もっと安価なものもありました。

しかし、デザイン、ティップの張り、重量からアジ二ストのほうが好みに合っていたので選びました。

 

IMG_4764

アジ二ストは、ブリーデンの68ストレンジに似ていると言われているそうです。

カタログでみてましたが、たしかにグリップの形、質感なんて瓜二つですね。

 

IMG_4761

アジングロッドは、ガイドがとても小さいのが特徴です。

フィネスラインを使うので、小さいガイドのほうがライントラブルが起こりにくいのです

また、アタリが取りやすかったりというメリットもあります。

さらに、ガイドの数が多ければもっとアタリが取りやすいのです。

高価なアジングロッドは、ガイドの数が多く、オールチタンガイド、SIC仕様になっているものが多いです。

オールチタンがさらに感度をよくしてくれるみたいです。

 

手に持ってみると軽さを実感します!アジ二ストの重量は88gです。

リールは、レブロス2000番をセットすると、リールが重く感じるくらいです。

アルテグラ2000番190gなのでちょうどバランスが取れるでしょう。

今まで、100g、110gのバスロッドや汎用ロッドでやってましたが、そのロッドと比べてもかなり軽いと実感しています。

ただ、ティップはソリッドティップになっていてとても繊細なので取扱いには十分注意しようと思います。

ティップガードの一つくらいもっておくべきかもしれません。

まだ実釣で仕様していませんが、次回の釣行では出番が来ます。

さてアタリがどのようにとれるか、ロッドの曲り方などいろいろ楽しみな点があります!

 

PS

アジ二ストは、ティップの色が分かれてました。

6f代は5箱くらいおいてあったのですが、僕が買ったもの以外は、

全部ティップが白かったです。

 

 

ソルザ(SALZA) CBアジニストLEGEND (7.3フィート)

新品価格
¥9,880から
(2017/5/4 14:37時点)

【送料無料】シマノ(SHIMANO) 17 アルテグラ C2000HGS 03641

高感度なアジングロッドとは?アジングに適したロッドを探そう。

アジングが世に出始め、各種メーカーから様々なアジングロッドが発売されている。

5年前は、近所の釣具屋にはアジングロッドといえば月下美人しか置いていなかった。

相場は2万円するものばかりだった。

しかし、近日では1万円以下のアジングロッドも普通に販売されるようになっている。

アジングロッドを選ぶうえで重要なのは

●高感度 ●機動性 ●ガイドの形、大きさ

であろう。

中でも、感度というのアジングロッドを選ぶうえで最も重要である。

どのロッドでもアタリはとれなくはないが、なるべく高感度設計のアジングロッドを選ぶことをおすすめする。

アジングロッドにおける高感度設計の条件とは、

●ガイドの数が多く、ガイド径が小さいもの

である。

IMG_4445

ガイドの数が多く、ガイドの径が小さいと、ラインとブランクの距離が短くなるので感度が良くなるのだ。

高価なアジングロッドほどそういう傾向にある。

ロッドは、短いロッドのほうがティップからリールまでの距離が近いためアタリが取りやすい。

また、風の影響も受けにくい。 機動性については、取り回しやすさなど長時間の実釣には6フィート台がおすすめだ。

ただ、ロッドの長さはポイントの状況、リグを飛ばしたい飛距離にもよるので状況によってチョイスしよう。

状況が許す限りは短いロッドを僕は使うことにしている。

もう一つおすすめしたいポイントはオールチタンガイドだ。

スティールガイドよりも、チタンガイドのほうが軽い。

オールチタンガイドのロッドは、先端が軽くなるため重さが軽減される。

オールチタンガイドにSIC加工してあるものは、摩擦にも強く、ラインの滑りも良好です。 PEラインを使う場合は、Kガイド、LDBガイドがおすすめだ。

以上をまとめると最も感度が良いロッドの条件は、

●6フィート以内

●オールチタンSICガイド

●ガイドの数が多く、ガイド径が小さい

ということになります。

以上の条件を踏まえたアジングロッドは以下のものです。

 

⇧ヤマガブランクス ブルーカレント 65/Ti JH Speciald

 

OLYMPIC / オリムピック グラファイトリーダー  フィネッツァ・コルト  アジング 釣り竿/ロッド 【GOFCS-682UL-T】◆         【送料無料】

⇧オリムピック グラファイトリーダー フィネッツァコルト・コルト GOFCS-682UL-T

 

一人のアングラーの意見として参考にしてもらえれば幸いです。