梅雨の爆釣アジングin山口!久しぶりの大漁!

こんにちは!

今回は、梅雨のアジングということで、また山口県に釣行に行きました。

降水確率80%、雨の予報でしたが、ちょっと晴れてきたので急きょ釣行へと向かいました。

 

現地に入ったのは夕方6時くらいです。

すると、既に先客がいました。

サビキの方々です。

これは今日は難しい釣りになるかもしれないと思いました。

 

水温を測ってみると、18℃を超えています。

アジの活性が上がってくるころです。

少し早めについたので、仮眠をとってナイトゲームに備えました。

徐々に潮が満ちてきます。

そろそろゲームスタートです。

 

150616_1939

 

 

 

 

 

 

今回は、レインズのUVアカアミホロを使ってみました。

アミを意識したカラーです。

reins(レイン) アジアダー #218 UVアカアミホロ

新品価格
¥500から
(2015/6/20 09:06時点)

アジは基本アミを捕食しているので、アミに見えるようなワームが良いのです。

特にこの時期は、プランクトンイーターになるのでアミ系のワームをチョイスしました。

といってもアジの食性はどこで切り替わるかわからないため、フィッシュイーターと化したときのためにグローやグリーンなどももってます。

 

表側はサビキの先客がいるので、ちょっと様子をみていました。

ちらほら釣れています。

そろそろ僕のロッドにもかかるのではと思い始めました。

 

 

150616_2015

 

 

 

 

 

 

まずは、まずまずのメバルがヒット!

15cmくらいで、身のノリが良いです。

表よりも裏側の船と船の間にかなり溜まっていました。

表や先端で釣り始めるよりも、意外と湾の奥に溜まっていることもあります。

 

150616_2025

 

 

 

 

 

 

またもやヒットしたのはメバル!

メバルのペースです。

アカアミホロはメバルに強いのでしょうか?

しかし、なかなかアジがヒットしません。

でも、表で釣っているサビキの人よりも裏側のほうが型が良いです。

 

150616_2105

 

アジヒットです。今回初のアジ!

サイズは、いきなり24cmです。割と良いサイズです。

その後もアジがホツホツと釣れ始めました。

 

150616_2117

 

ちょっとサイズは下がりましたが、23cmくらいです。なかなかの引きです。

今回のアジは、小さい割に引きが強いです。

途中かなりひったくって行ったのですが、カサゴでしょうか。

アジであれば確実に尺は出ているくらいの重量感でした。バラしましたが。

ワームのカラーは、クリアーの金ラメに変更してみると釣れはじめました。

 

これ以降は、サイズは上がらず、ずっと20cmアベレージのアジばかりかかりました。

サイズにバラつきがありました。

そうこうしているうちに、サビキの人たちが帰り支度を始めました。

帰り際に、ちょっと僕のバケツの中を除いて、たくさん釣れていることに驚いていました。

 

サビキ一行が立ち去ったところで、僕は表側に移動しました。

すると。

 

150616_2134

まだ、アジはヒットします。サビキよりもはるかにたくさん釣れています。

潮がだんだん低くなっていきますが、まだヒットし続けました。

 


150617_0036初日はこんな感じに収まりました。

久しぶりの大漁です。お見上げには十分です。

雨の予報だったのに、雨が全く降らず、霧だけが出ていてラッキーでした。

この調子だと、まだ釣れそうなので翌日も釣行に向かいたくなりました。

アジを大量に使って保存食とか作ってみようとも思いました。

満足して、テントの中で休息です。

 

 

 

 

 

翌日は、まだ天気は落ち着いています。

前日に釣った、アジを早速刺身にしてみようと思いました。

一番大きなやつを捌いてみました。

150617_1637

 

身のノリがよいですね。大潮に乗って、沖から一気に入ってきたのでしょうか?

 

150617_1648

わさび醤油でいただきました。臭みがまったくなく、甘味が強いです。

青魚の刺身なのに、フルーティーな香ばしさがあります。

釣った直後に血抜きして、氷とクーラーボックスにいれておいてますからかなり新鮮です。

青魚が嫌いなひとでも、おそらく食べれるくらい美味しいと思います。

回転寿司のアジの刺身と比べても、まったく新鮮なのがわかりました。

 

日中は休憩し、夕方に備えます。

再び、前日のポイントを足を運びました。

今回の先客はアジンガー。

結構もうヒットしている様子だった。

 

150617_2122

早速僕もヒット!

またもやメバルです。メバルの型は総じて良い方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

150617_2129

アジがヒット!ちょっとサイズは落ちたかなと思いました。しかし、サイズの割にはかなり引きが強いです。

愛媛の25cmのアジよりも台分引きが強いです。

ワームは、ティクトメタボブリリアントリアクションシルバーです。

                                                                              TICT(ティクト) メタボブリリアント 1.5インチ C-3リアクションシルバー

ラメの色によっても反応が変わっているようなので、ラメ系もいくつか揃えておいて正解でした!

 

150617_2211

 

 またもやアジ。もうヒットが止まりません。

 

150618_0031

かなり大きめの袋を半分くらいまで埋め尽くしてくれました。

夜12時を越え、潮止まりを迎えたところで納竿です。

とても満足な釣りでした。

 

それからは、ずっと雨が降り続いたので釣行を中止し今回の釣行は終了となりました。

初日のベストなタイミングに雨が降らなかったのがありがたかったです。

雨も小雨程度なら、十分釣りは成立するのです。

しかし、ザーザー降りになると水温も下がりますし、塩分濃度も下がり水潮になるため釣果が落ちるという個人的には経験から思います。

ただ、雨の中でもポツポツ釣れていました。

テントはびしょ濡れで家に帰って干さないといけないですがね。

 

ーーーーー考察ーーーーー

水温も上がり、途端にアジが大量に入ってくるようになりました。

これからの時期は、10月くらいまではアミパターンのアジがヒットする機会が多くなってきます。

クリアーラメ系のカラーのワームを何種類か取り揃えておくべきだと思いました。

雨はちょっと降っていても釣りに差し支えありません。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ーーーーーシチュエーションーーーーー

天気:曇り、小雨

気温:22°

水温:18℃

風:やや吹いていた

潮:大潮

月:新月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ーーーーー使用タックルーーーーー

ロッド:アジニスト6.6

リール:ダイワ レブロス2004

ライン:クレハ(KUREHA) シーガー R18フロロリミテッド 100m 2lb クリアー

ジグヘッド:アルカジックジャパン (Arukazik Japan) ジャックアッパージグフック #6 ブラックニッケル 253030.4gのガン玉をセット。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春のアジング!in山口。まずまずの釣果。

こんにちは。

今回も、山口でのアジング釣行となりました。

前回から、2週間と少しくらいです。

今回は、潮の状況、月の状況もベストなひとチョイスできました。

ゴールデンウィークは逆に忙しくてこれなかったもので。

釣りを満喫します。

3日間に渡る釣行でした。

アジングは、新月周りの若潮から中潮にかけてが良いです。

 

150514_1808

現地入りは夕方の5時くらいでした。

最近は釣れていなかったのでモチベーションもやや低下していました。

潮の状況をみると、19:40くらいが満潮潮止まりだったので、意外ともう潮が高かったです。

さて今回はどんな釣果が待っているだろうと期待しました。

 

150514_1811

水温は、16℃とまずまず。あと2度くらい上がるともっとアジが入ってくるでしょう。

しかし、海水はまだまだ冷たく感じました。                                                                   

アジの活性が高まるのは18℃~23℃と言われています。

時合まではかなり時間があるので、すこし休憩タイムです。

 

150514_1800

カンパンをボリボリと食べながら時間を潰し、のんきに過ごしました。

カンパン飲み物といっしょに食べないと口の渇きが尋常じゃないですね。

アウトドアや釣りでは、こういう手軽につまめるお菓子や良いですね!

それでもって結構腹ごしらえになりました。

 

150514_1903

ナイトフィッシングに備えて、コーヒーも入れました。

夏になると、ホットでなくアイスコーヒーで手っ取り早いです。

 

 

150514_1811

今回は、簡刺しワームのアミの赤ラメを買ってみました。

意外と赤ラメ系のワームを持っていなかったので。

 

そして、ようやく夕暮れが近づいてきたので本格的に竿を出し始めました。

最初は、基本カラーである、クリアー金ラメで攻めはじめました。

しかし、まったくあたりがなく、完全に日が暮れてもなかなかアタリがありません。

 

そしてようやくヒットしました。

 

150514_1853

カサゴです。

12cmくらいでしょうか?

その後は、まったくアタリがなくなり、真っ暗になってしまいました。

ナイトゲームの開始です。

ここで、クリアーケイムラに変更してみました。

 

150514_2012

ティクトのクリアーケイムラです。

今やリアクションシルバーと並び、店頭からすっかり姿を消してしまったワームです。

店舗によるのでしょうか?

最強のクリアーカラーでした。

今持っている分しかもうありません。

 

それからワンキャスト目です。

 

150514_2013

かなり丸々と太ったメバルをキャッチ!

なかなかの引きでした。

これはハマりますし、久しぶりに良い感覚を取り戻しました。

ジグヘッド単体0.4gを5カウントくらいのレンジで食ってきました。

 

しかしアジがなかなか掛かりません。

僕はアジを釣りに来たというのに。

その後も粘り続けました。

 

 

150514_2206

 本日初のアジゲットです。20cmくらいです。

なんとか入ってきていたのですね。

その後も、いくつかヒットしました。

レンジは深めでした。

クリアー金ラメ系が強かったです。

 

150514_2214

すこしサイズアップ!しかしそれほど変わりません。

 

また似たようなサイズ。

20cmがアベレージですね。

おそらく25cmアップは今回は回遊してきていなかったのでしょう。

これ以降粘ってもアタリはまったくありません。

ポイントを移動しようかどうか迷いました。

もう少し粘ったらまた釣れ始めるかもしれない。

大きな群れが回ってくるかもしれない。

そういう実績のあるポイントだったので。

しかし、ポイントを移動することに決めました。

 

ポイントを移動して釣り開始です。

移動したポイントは、干潮でも水深があり、ボトムも砂地なっている防波堤です。

潮は正面からぶつかって、左から右へと流れていました。

キャストを繰り返し、探りをかけていきました。

 

150514_2309

ここでもアジをキャッチしました。

サイズはまたすこしアップし、21cmくらいでしょうかね。

正確に測ってなかったのです。

レンジは、5カウントから10カウントで良くアタリました。

しかし、レンジが実にコロコロ変わるもの。

探り当てるのにも必死でした。

 

150514_2228

またキャッチ。ここの方が釣れますね!

移動して正解というパターンです。

このサイズがポツポツと釣れ続きました。

 

150515_0001

このくらいは釣れました。

持ち帰るにはちょうど良いくらいの数です。

下処理もその場で済ませておきました。

ウニきりバサミで締めたあと、そのまま内蔵も取り出しておくと手っ取り早いですよ。

 

初日は、こんな感じです。

豆アジよりすこしサイズアップしたくらいです。

しかし、そこそこの引きで楽しませてくれました。

サイズの割には引きました。

 

アタリもこなくなり、テントのなかで一泊しました。

翌日は快適に目覚めることができました。

新しいシュラフを購入し使ってみました。

気温8℃~20℃までは快適に睡眠が摂れるというスペックのシュラフです。

明け方はやや暑いくらいでした。

 

150515_1126

朝食は、野菜ジュースと手作りサンドウィッチです。

食費を浮かせるには、なるべく手作りが良いです。

その分、ワームや釣具を購入できます。

 

150515_1528

やや甘いものが食べたくなったので食べました。

一昔前までビックリマンチョコだった感じのやつですね。

前日は、ほぼ徹夜だったので夕方までテントのなかで就寝しました。

 

 

150515_1808

しかし雲行きが怪しく、分厚い雲が掛かっているのです。

これは雨が来るに違いないと思っていましたが、なんとか天気は持ちこたえていました。

氷と食料を買って、釣り場に移動しました。

前日、最初にきたポイントでまた粘ろうと思いました。

 

150515_1848

ポテトとスルメイカでエネルギー回復です。

あまり食べ過ぎては集中力が鈍ってしまうのです。

猫もスルメイカが好きみたいで落としたのを食べていました。

ボチボチとキャストを繰り返し探っていきました。

 

150515_2022

アジゲットです。サイズは伸びません。

これから釣れるかと思いテンションがあがりましたが、

その矢先にライントラブルが起きました。

かなり重大な感じで、スプールから3本くらい同時に糸が出てくるような感じになってしまいました。

仕方なくラインをカットし、リグを組み直しました。

しかしいずれにしてもその後釣れなくなり、ポイントを移動しました。

 

ポイントを移動したころには、雨が降り始めていたのです。

分厚い雲で月光がすべて遮られていたので、そろそろくる頃かとは思っていたのですが。

 

150516_0002

そしたらひたすらメバルです。

アジは、メバルよりもやや深いレンジにいるものです。

すこしレンジを落として探ってみました。

常にロッドアクションは、フワフワとリフトアンドフォールです。

結局アジはこの日は2匹くらいしか釣れませんでした。

そして雨足が強まっていったのです。

 

150516_0039150515_2350

普通に土砂降りになりました。

靴の中はもう雨でザブザブです。

ロッドケースやタックルバッグもずぶ濡れです。

こういうときのために、タックルボックスやケースは防水仕様のものにしておいたほうが良いですよ!

でも雨のおかげで、リールやロッドの塩が落ちて手っ取り早かったです。

ここまで来ると釣りが成立しないと思い、退散といたしました。

 

 

ーーーーー考察ーーーーー

今回のアジングは、釣果こそ悪くないもののサイズはまだ今ひとつという感じでした。

5月はアジングでも難しいと言われる時期で、それにしてはまずまずの釣果が得られていたかと思います。

水温はまだやや低めで、アジの防波堤についていなかったのかもしれません。

その分メバルはかなり入っていました。

フックはジャックアッパーを好んで使っていたのですが、店頭から15本パックが消えてしまったのですこし残念です。

次回からは、ネットで購入することになりそうです。

ジャックアッパーフック15本セットはこちら。

ガン玉をセットするだけでジグヘッド完成です!

好みの重さのジグヘッドを安価に大量に作ることができます。

 

そして、ティクトのリアクションシルバーが販売終了してしまったことが残念ですね。

あれは釣れすぎて反則だからなくなったのでしょうか?

アジネクトンのクリアーゴールドはまだたまに見かけるので、購入してみようと思います。

アジネクトンクリアゴールドはこちら。

 

また、久々にライントラブルに見舞われたが、交換したてのラインはトラブりやすいです。

そのほかにも、ライントラブルが発生しやすい原因としては、

ロッドのガイドが大きめ、リールに糸を巻き過ぎ、ラインを巻き取るときにテンションをかけ無さ過ぎた

などが挙げられます。

ライントラブルが発生したとき、僕はメジャークラフトのソルパラ7.6fを使っていました。

この竿は、ロングロッドな上に、ガイドが大きめなためライントラブルが置きやすい可能性がある。

ガイドが大きめのロッドを使うときは、リグの重さが2g~3gくらいの時にしたほうが良いでしょう。

リールからティップまでの距離が長いほど、糸がたわみやすいのかもしれないですね。

ラインのテンションは意識すれば解決できるかもしれないが、その他はタックルの下級機種にはありがちなトラブルです

フィネスラインを使うアジングでは、なるべくスペックの高いアジングタックルを選ぶ必要性を実感しました。

物心ついたころから釣りをしている僕でも、ちょっと意識しなければライントラブルは発生します。

初心者は下級スペックの機種を選ぶ傾向にありますが、初心者ほど上級機種を選ぶべきなのです。

 

 

 


↑メジャークラフト クロスライド XRS-S682AJI

安価なモデルのなかでは、もっともガイドが小口径です。 

【旧モデル在庫処分!】かめやオリジナル CBアジニスト DEEP 7.3【送料無料!】

価格:8,229円
(2015/5/17 17:31時点)
感想(0件)

↑アジニストも小口径ガイドな感じですね。ソルパラよりかは小口径ガイドかと思います。
  

 

↑シマノ(SHIMANO) 12 レアニウムCI4+ 2500S 12レアニウムCI4+ 2500SSCMレアニウム

185gという軽量でありながら、中級スペックロッドとの組み合わせも抜群です。

 

ロングロッドになればなるほど、ガイドは大きくなる傾向があると思うので、ライントラブルに関してもやはりショートロッドのほうがメリットがあるかもしれません。

 

さらに、気になったのが雨です。

レインスーツをもっていたのはよかったのですが、長靴をもっていなかったため靴はビショビショに濡れました。

長靴はかさばるためあまりもっていかないしそもそも忘れていることが多いのです。

レインスーツやレインシューズなどは、車に備え付けて置けれるような手軽なものがあればよいと思いました。

RAINTEX PLASMA Men’s

通気性、機動性抜群のレインウェアです。

 

↑パールイズミ(PEARL iZUMi) レインシューズカバー M 

これだと、常に車やバイクにも備え付けておけるため急な雨でも安心です。

靴の上から、被せるような形で装着します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

次回の釣行は、いつになるかわかりません。

今回の釣行は、春先のアジングを満喫できました。

6月、7月になって水温があとすこし上がればもっと大きなアジの群れが入ってくるかもしれません。

どんなに釣れるポイントでも日によって釣れないこともあります。

それが釣りの面白さでもあります。

アジングが上達したいあなたは、もう一度アジングの基本を踏まえたうえで釣りに出かけてみましょう。

アジング入門マニュアルはこちら。

 

次回は、尺オーバーのアジが爆釣してくれればありがたいのですが。

いつもそう思いながら釣りに出かけるのですよ。

 
アウトドア&スポーツ ナチュラムアウトドア&スポーツ ナチュラム

2015春のアジングin山口!コンディションに無頓着でした。

こんにちは。

今回は、8ヶ月ぶりの釣行となりました。

釣りには少し飽きていたので、あまり行ってませんでした。

今回も、山口県の大島周辺でアジングしました。

ふと時間ができたので、ふと何の計画もなく釣りに出向きました。

 

釣り場に着くと、やたら潮が低いことです。

潮見表などあまり見ずに来たので。

午後6時を過ぎてもまだ引き潮という感じでした。

潮が低すぎるので、今日は難しいかと思いました。

タックルは、アジニスト6.6レブロス2004を使いました。

 

ソフトルアーは、クリアー銀ラメカラーをチョイス。

ひたすら、リフトアンドフォールで縦の釣り心がけました。

すると早速ヒット!

 

150428_2139

↑メバルでした。

今回は、メバルがよくかかりましたね。

それにしても小型です。

でも持ち帰っても良いかと思ったので、持ち帰ました。

 

それからもキャストを続けたました。

ロッドをグイっとひったくるようなものも掛かりました。

しかしバラしました・・・・

おそらくカサゴのような根魚だったように思います。

結構ドラグでました。

そして遂に。

 

 

150428_2240

↑念願のアジの登場です。

20cmはあったでしょうかね。

豆アジです。

今回はこれ以上何も釣れませんでした。

干潮潮止まりは12時すぎくらいでした。

それにほぼ満月の状態でした。

かなり時合自体が悪かったかもしれません。

時合通りに行っても、釣れないこともあります。

アジは回遊魚なので、気まぐれです。

それでも、ほぼ釣れてくれます。

 

次回はもっと時合を確認して行こうと思います。

それにそろそろキャンプもできる時期なので、ソロテント張って一睡してみようとも思います。

夜釣りが終わったあとは、眠くてしかたないのですぐに就寝したいです。

キャンプやアウトドアについても紹介することがあるので、気になったらアウトドアカテゴリーを覗いてみてください。

 

ーーーー今回の使用タックルーーーー

ロッド:アジニスト6.6

リール:ダイワ レブロス2004

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ダイワ(Daiwa) レブロスMX 2004

新品価格
¥5,972から
(2015/5/7 10:05時点)

SALZA 釣竿 ロッド CBアジニストレジェンド6.6

新品価格
¥7,606から
(2015/5/7 10:05時点)

旅行のついでに、宇和島アジング!

こんにちは!

先日の3連休は、四国カルストの旅に行ってました。

四国カルストでキャンプをしたのですが、とても寒く、気温は15℃くらいでした。

寒くてなかなか寝れなかったです。

そのついでに、まだ足を伸ばしたことのない宇和島まで行ってみました!

宇和島でも良い型のアジが上がっているという情報もあったので。

といっても宇和島のポイントは未だ未開拓なので、どういうポイントがあるか全くの無知でした。

カルストから下山して、日中からポイントを探しました。

良さそうなポイントを発見したので、日が暮れるまで防波堤周辺を散策しました。

家族連れ、子供などがサビキではしゃいでました。

日が暮れてから竿を出しました。

 

コツコツとアタリはあるものの、イマイチ乗りません。

おそらくサイズが小さいからでしょう。

なんとかアタリを掛けていき最初のアジをキャッチしました!

 

 

 

140915_1956

こんな豆アジたちばかりでした。

15cm前後です。

ちょっと大きめなのも掛けたのですが、バラしてしまいました。

デカいのは、足元の光と影の境目に潜んでいました。

 

それ以降は全くアタリがなくなり、納竿しました。

駐車場で一睡しました。

 

翌日は、やはり八幡浜~伊方地区までまた足を伸ばしてみたくなり、行ってみました。

途中、大洲に寄りました。

ファミレスでステーキを食べました。

とても美味いステーキで、量もあって満足しました!

ネットカフェにもよってシャワーも浴びました。

そういえば、3日間風呂には入ってなかったので。

 

そんなこんなで、日が暮れてから八幡浜に入りました。

先客はいませんでした。ポイントを独占です!

数キャスト目にキャッチしました!

 

140916_2048

宇和島よりややサイズがアップしました!

18cmくらいです。

ワームはレインズのUVクリアーラメ入りです。

 

しかし、このサイズどまりです。

最近、ここ周辺は良いサイズがなかなか上がらないです。

 

その後もアタリはあるものの、やたらとラインが切られるのです。

アタッたと思ったら、プツっという感じです。

おそらく太刀魚、カマスだと思われます。

以前は、ここで太刀魚も釣ってます。

あまりにもラインが切れるので、場所を移動しました。

伊方地区へ移動です。

 

伊方地区は前回開拓したポイントで竿を出しました。

前回は、25cmが爆釣したポイントです。

アタリがぽつぽつとあります。

そして竿に乗りました。

しかし、アジよりも明らかに重さがあります。

メバルであろうか?

残念ながら、バラしてしましまた。

結構デカいです。

 

その後も再度キャッチするべく、キャストを繰り返しました。

すると!

 

 

140916_2238

なんと正体はマダイだったのです!

15cmくらいの赤ちゃんマダイです。

最初逃がしたのはもっとデカかったでしょう。

タモなしで抜けたかどうかかわりません。

アジングやっててタイがかかることは以前もあったのですが、

タイはバレやすいです。

僕の腕がまだ及ばないのでしょうか?

もっと反射的にフッキングしていけたらいいなと思います。

 

また駐車場で一睡し、翌日には帰省しました。

しかし、良い旅でした。

カルストを満喫し、宇和海でのライトゲームまで楽しめるなんて。

充実した3連休だったなと思います!

次回は、山口のカルストにも行ってみたいので、

そのついでにまた新たなポイントを発掘しようかと思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食いが渋いのは水潮のせい!?夏の山口アジング!

こんにちは!フィッシングライフはいかがですか?

今回も夏の最後のアジングに行ってきました。

それにしてもこんなに雨の日が多い8月は珍しいという印象を受けました。

ほとんど雨が降っていたような気がします。

今回の釣行でも、1日中雨が降り続いていることもありました。

それによりやや水潮の影響があったように感じました。

 

毎回食いが落ちているのは気のせいでしょうか?

もうポイントがスレてしまったのかもしれません。

アジのような回遊魚にスレなどあるのかどうかが未だ疑問ですが。

ワームあたりカラーを外しているような気もしました。

なので大島の元祖アタリカラー、クリアーシルバーラメでチャレンジしてみることにしました。

 

140827_1830

ティクトのメタボブリリアントです。

だいぶん前には、ケイムラクリアにシルバーラメのリアクションシルバーというのがあったのですが。

店頭から消えてしまいました。

とてもお気に入りだったのですが。

大き目の店舗など細かく探していくと、見つかるかもしれません。

 

夕方にポイント入りしました。

満潮は夜11時前くらい。

やや時合的には難しいです。

12時になると食いが少し落ちるような気がします。

山口アジングは日暮れとともに潮が下がり始めるような日があればベストです!

早速実釣を開始しました。

行くとこ行くとこ豆アジしか釣れません。

全くもっていいサイズが入っていませんでした。

 

140827_2008

10cm前後が数匹釣れ続きました。

釣れると楽しいですね!

 

140827_2100

メバルもヒットしました!

サイズは出ませんが。

 

その後も鉄板のポイントで粘りました。

すると・・・

 

140827_2204

24cmの良型がヒット!

少し楽しくなってきました。

このサイズがアベレージです。

 

 

140827_2242

ややサイズアップしました!

25.5cmくらいです。

これはなかなか良い走りを見せました。

このサイズの割には走りました。

ワームカラーは、金ラメ銀ラメなどのラメ系でハマりました。 

そこそこのサイズで楽しめました。

この2匹以降は全くアタリがなく、あえなく納竿となりました。

 

かなり疲れました。

とりあえず、テントの中で睡眠をとりました。

翌日は、早速釣った魚を食べました。

140828_1627

う~ん。とても身が乗ってておいしいです。

とても身がプリプリです。

クッキングシートの向きが上下逆だということに後々気が付きました。

どうりでこびりつきやすいと思ってました。

シートの上で一眠りして、夕方からまたポイントに行きました!

 

時合と同時にキャストをはじめました。

しかし、食いがとても渋いです。

ちょんちょんとアタッテくるのですが、乗りません。

140828_2105

何とかノリマシタ!

サイズは23cmくらいです。

ジグヘッド単体0.4g、ワームはクリアシルバーラメを使っていました。

日によってヒットカラーがかなり違います。

このサイズが7匹釣れました。

そこそそこ釣れてました。

サイズは前日よりも下がりました。

 

 

さらに翌日もまだ時間があったので、現地で竿を出そうということになりました。

リアル僕の夏休みです!

時合まではまだまだ時間があったので、ぶらっと大島散です!

大島のスーパーで氷を補充しました。

そういえばあまり山手のほうには行ったことがありませんでした。

涼しげな休憩場のようなものがあるのではないかと思い、向かいました。

 

140829_1653

ダムのようなものがありました。

これは屋代湖という湖らしいです。

しかし海沿いよりも気温がだいぶん違い涼しかったです。

今年は曇り、雨の多い日々でした。

当日も曇ってましたが、去年の8月とは思えないほど涼しかったですね!

 

140829_1652

これが看板ですね。

ちなみにブラックバスは釣れるのでしょうか?

 

140829_1651

アウトドア的には超神エリア発見です!

屋根付き、水道付きです。

あまり人目もないので、こっそりテント張ってもいいかもしれません。

しばらくベンチで仮眠をとりました。

 

そして今度は、柳井の未開のポイントへ足を運びました。

週末ということもあり多くのアジンガ―、サビキ釣りが列をなしてました。

しかし誰一人ヒットしていません。

連日の雨で水潮になっていることが原因なのでしょう?

夜光虫で、水面がピカピカ光ってました。

晴れの日が少ないとより一層水潮が続きます。

これは釣れる見込みが少ないと判断しまし納竿しました。

翌日ももう一度竿を出したのですが、潮の干満のタイミングの関係で時合が夜遅くになるようでした。

夜12時をこえると食いが落ちるように思います。

これにて帰投しました。

 

もっと潮のタイミングを確認しておけば釣果は変わっていたかもしれません。

夕マズメと満潮が重なるくらいがベストです。

それ以外にもいろいろな要因で釣れたり釣れなかったりと。

釣りとは奥が深いです。

次回は秋になるでしょうか?

いずれは九州エリアにも足をのばしてみたいとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のアジング IN 広島諸島群! 連日の雨で水潮です。

お久しぶりの釣行です。といっても一か月もたってないですが。

今回は、弟の要望もあり釣りに行くことにしました。

月は半月で、潮回りは夕方から夜中にかけて満潮になるというベストな状況でした。

ただ、連日雨が降り続いており、当日もやや雨模様。

さてどうなるかわからないが、レジャー気分くらいでルンルンと行ってみました。

 

現地についたのは、夕方の5時半くらい。

まだ日は落ちてはいなかった。

そこから腹ごしらえをしさらに時合までのんびりと時間をつぶした。

そして日が落ち始めた、夕マズメである。

 

 

 

 

140816_1814

15cmくらいのサバがヒット!

このエリアでサバをキャッチしたのは初めてだ。

豆サバでも楽しいです。

群れが湾内を回っていました。

もう少しサイズがあればもっと楽しいです。

このサイズが2匹つれました。

 

 

140816_1725

弟も小物をキャッチしました。

弟は、ジグヘッド単体0.8gに青虫で釣ってました。

ジグヘッドは万能ですね!

 

日が落ち、潮もだいぶん高くなってきました。

しかし一向にアタリはありません。

隣りのサビキ釣り師は、35cmくらいのアジを釣ってました。

デカアジが入ってきているのですね!

しかし、沖に3gのキャロをキャストするもノーバイトです・・・・

しだいにモチベーションが低下しはじめます。

追い打ちをかけるように、雨が降り始めました。

あえなく納竿です。

 

いやー、山口も広島もアジングが難しくなってます。

アングラーの増加によるものでしょうか?

おそらく今回はサビキの隣にいたので、なかなか釣れなかったのかもしれません。 

しかし、その釣り場の全体的にあまりヒットしていませんでしたので、難しかったのでしょう。

クーラーボックスが満タンになっていた頃が懐かしいです。

ここは秋から冬しかないのかもしれません。

 

 

夏アジング IN 山口! 意外と食いが渋かった・・・

どうもおはようございます、こんにちは、こんばんは! 

愛媛県佐田岬から1カ月越しの釣行です。

7月下旬の釣行になりました。

今回は、山口県上関~大島にかけてのランガンです。

意外とまだ竿を出したことのないポイントもあり、ポイント開拓という意気込みでも臨みました。

本格的に夏になり、数釣りが期待できる時期です。

今回も新月周りで、なかなかの釣果が期待できると思っていましたが・・・

意外にも苦戦する釣行となりました。

今回も様々な発見がありました。

 

1日目

初日は周防大島のポイントに行きました。

午後3時に家を出てスローペースで車を走らせました。

夏は日の入りが遅いので、時合も遅くなります。

 

IMG_4783

今回は、購入したアジ二ストの初出番でした。

6フィート台のショートロッドということで、操作性、感度、が良いものを期待していました。

どのような感覚か味わえるのか楽しみでした。

繊細なソリッドティップを体感してみたいです。

まだまだ時合までは時間がありました。

ボーットしながら、ウォークマンで曲を聴いたりして時間をつぶしました。

そして時合がやってきました。

 

IMG_4784IMG_4793

まずはこんな感じ。アナハゼ、カサゴです。

果敢にバイトしてきます。

しかし、これ以降全く釣れません。

おかしい。

こんなに釣れないことはないはずです。

可能性を信じ、粘りました。

最初のバイトがあってからどれくらいの時間がたったでしょうか?

夜中も12時を過ぎた頃。ちょうど満潮から下げ潮に入り始めました。

ここで釣れなければもう今日は坊主です。

 

IMG_4794

おお!何とかヒットしてくれました。

ワームは、ティクトのブリリアントの夜光オレンジラメです。

サイズは22cmくらいです。正確に測っていませんでした。

IMG_4803周りには猫がたくさんいて、いつ取られてもおかしくありませんでしたので。

とりあえず釣れました!

しかしこれ以降は全く釣れず、1匹だけというむなしい釣果になりました。

これはいろいろ考察点がありそうです。

ちなみに、水温は25℃でした。

5月下旬の時の水温は18℃でした。

2か月も違えば、海の中の状態もかなり変わります。

25℃はかなりアジにとっては暖かいほうです。

睡眠をとるためキャンプ場に移動です!

 

2日目

夜中から正午までグッスリ眠りました。

明け方は以外にも冷えました。

周りには木があって、芝生だったからでしょうか?

140725_1133

 

 

 

 

 

ツーリングドームって超便利です。ツーリングドームとエアーマットがあればどこでも寝れてしまいます。

車がどうしても背もたれを完全に倒せないようになっているので、テントが必須です。

キャンプまで満喫してました。

140725_1137

前日作っていた、爆弾おにぎりです。

これでおなか一杯になりました。

飯食ってまた一休み。

 

 

 

 

140725_1601前日釣ったアジを刺身にしました。

格別です!

新鮮さMAXです!

わさびも忘れず買っておきました!

 

 

 

 

140725_1727

夕食はスパゲティーです!

スパゲティーは初の試みでしたが、上手くできました。

インスタントなんでパスタをゆでるだけでOKですね。

これもおいしかったです!

 

 

 

 

腹ごしらえ、休養をしっかりとりました。

また夜の釣行に向けて体力を回復させました。

栄養ドリンクとかもいいですね

 

前日と同じポイントにもう一度向かいました。

しかし、この日は初の坊主でした。

絶対釣れる時間帯、潮を狙っても釣れないことが稀にあるのです。

このポイントで坊主は初めてだったので、相当場が荒れたのかなと思いました。

ホントにアジングは奥が深いです。

 

3日目

この日は、大島のポイントが撃沈だったので、上関のポイント発掘しようということになりました。

上関エリアは、北側エリアは何回か通っていたのですが、南側エリアは全く未開拓だったので楽しみでした。

南側のエリアまでは、かなり距離があり、柳井市からは割と時間がかかりました。

かなりのテトラ帯のポイントを発見しました。

常夜灯もたくさんあって、表側のテトラ帯から沖に向かってライトが届いていました。

初めてのポイントなので、手さぐりです。

ワームカラー、リグの重さ、レンジなど細かく探りました。 

 

IMG_4805

釣れました!結構すんなりヒットしました。

ルアーはクリアー金ラメでした。

ジグヘッド単体0.4gです。

レンジは、10カウント前後と割と深かったです。

といっても水深があるエリアなので中層くらいでしょうか?

やはり上関エリアはヒット率が高いです。

サイズは20cmくらいです。

時合時だったのであまり正確に測っていません。

こんな感じで数匹ポンポンと釣れ、メバルも釣れました。

そしてアタリはなくなりました。

アベレージサイズは大島のほうが上ですね。

いずれにしてもアジングらしくなってきたなと思いました。

釣れなくなり、北側の漁港にも足をのばしてみましたが、アタリはなくそこの駐車場にテントを張って寝ました。

 

4日目

この日は、雨の音と共に目を覚ましました。

それも、尋常じゃない雨。スコールって感じでした。

雨がやむまでテントの中にいるしかありませんでした。

漁師さんが大雨が降ってきたから急いで引き返したみたいなことを言ってました。

何とか雨が止んだすきを狙って、テントをたたみました。

氷を調達しに行きました。

さて、この日のポイントはどこにしようかと、GPSマップを使って漁港という漁港を探していました。

上関大橋から割と近いエリアで漁港があったのでそこに決めました。

公園で夕方までゆっくり休んで、ポイントに移動しました。

ポイントについた瞬間から時合でした。

潮は穏やかで、風も無しというアジングがとてもしやすい感じでした。

ただ、頭上のすぐ上にロープが垂れ下がっているため、オーバーヘッドキャストは禁止でした。

 

IMG_4811

ワンキャスト目でヒットです!

サイズは18cmくらいです。

ジグヘッド単体0.4g、ワームはアジネクトンクリアーゴールドラメです。

レンジは5カウントくらいでした。

ワンキャストヒットとは幸先が良いです。

今後のモチベーションにもなりました。

その後も何匹か釣れました。

サイズはそれほどでもありません。

 

IMG_4812IMG_4810

時合は終わり、ポイントを移動しました。

上関の北側エリアに移動しました。

いつも通っているポイントの少し隣りの小さい堤防で竿を出しました。

風がとても強く0.8g、1gでようやくアジングが成立するという感じでした。

ここでも、数匹キャッチしましたが、すぐに釣れなくなりました。

また隣りの漁港に移動して、少し休憩してか竿を出そうと思いましたが、

気づけば寝てしまい、朝6時になってました。

 

5日目

IMG_4813

この日は、車中外泊してしまったので疲れがとれませんでした。

近くのキャンプ場に移動し、エアマットだけを敷いて熟睡です。

夏休みということで、たくさんの客が来てました。

体力があれば泳いでもよかったのですが、やはり休息することにしました。

氷を補給するために柳井まで買い出しにいきました。

そして、この日は柳井市からやや南下したあたりの漁港を調査し始めました。

地形を見るかぎり、割とワンドになっていて、アミがたまりそうな感じだったので期待しました。

とても釣りがしやすそうな感じで、足場も良好でした。

ポイントについてとりあえず、いつものペースで探りはじめました。

 

IMG_4821

ここでも割といいサイズが掛かりました。

23cmくらいです。

このポイントでずっとつれ続けばとても楽です。

ワームは、アカラメ金ラメが混ざったものです。

ジグヘッド0.4gでずっとやってました。

このサイズが5匹くらい釣れました。

そしてアタリはなくなりました。

サイズが少しアップしたのでうれしいです。

 

6日目

140725_1403

この日は、体力が限界に近づいていたので、一日釣りはせずにテントで寝ました。

集中力が尽きると、釣りが雑なりますので無理は禁物です。

何時間寝たでしょうか?12時間は寝たでしょう。

これで疲れがとれました。

 

7日目

IMG_4823 IMG_4822

この日は、ちょっとバーベキューがしたくなりました。

近くのスーパーに安売りしている肉とソーセージを買ってバーベキューです。

肉が焼ける音、香りがとても食欲をそそりました。

これぞキャンプの醍醐味です。

久々の肉はめちゃくちゃ美味いです。

夕方からは再び、大島にわたってリベンジしました。

初日と比べ、潮の干満のペースもだいぶんずれてきたため、時合も結構遅くなってます。

夜の10時くらいにポイントに到着しました。

時合は夜12時くらいにきました。

 

IMG_4824

ヒットです!これは24cmくらいでした。

ワームのヒットカラーは緑です。

ジグヘッド単体0.4gで通してました。

レンジは、5カウント前後を探ってました。

クリアー金ラメに無反応というのが珍しいです。

ここは、ティクトのリアクションシルバーが一番効果的だったのですが、

最近店頭から消え失せました・・・残念です。

このサイズが8匹くらいでした。

猫が常時狙っていたのであまり写真をとっていません。

一番大きかったアジを猫に取られてしまいました・・・

まあまあ釣れましたが、爆釣という感じではありませんでした。

 

8日目

IMG_4825

前日はそこそこの爆釣で良い思いをしました。

朝には、クーラーボックスで冷やした缶詰を食べました。

缶詰を透明のビニル袋に入れて、クーラーボックスに入れておくととても冷えます。 

とてもおいしいのでオススメします。 

この日は、もう一度柳井周辺を調査しました。

 

IMG_4827

今回は初めてみるポイントがありました。        

スロープにライトがあったのです。

この組み合わせは実に珍しいです。

底は石畳でしたが、アジが寄ってきそうな条件が整っています。

キャストを繰り返しました。

しかし、意外にもここにアジはいませんでした。

時合ではなかったのでしょうか?

かなり夜光虫が出てました。

それが原因でしょうか?  

むちゃくちゃ釣れそうな雰囲気が漂ってたのですが、ノーヒットです。

周りの投げ釣り師もノーヒットの模様でした。

猫はむなしく、アジを待ち続けてました。

結局ノーヒットに終わり、今回の釣行は終了です。

まだトライしていないポイントもあるので、次回はそこへ行ってみたいと思います。

 

<考察>

今回は、とても納得のいかない釣果でした。

アジンガ―が増え、釣り場がスレていることも考えられます。

山口エリアでこんなに苦戦したのは久しぶりです。

今回最も気になったのは、ラインの太さとルアーのフォールスピードにおける関係性です。

ラインの太さでルアーのフォールスピードが変わるというのが知っていたのですが、

それがかなりアジのバイトに関係しているかもしれないというのを実感しました。

ジグヘッド単体0.4g1.5lb2.5lbで使い分けたときに、かなり食いに違いがあったように思いました。

これが、時合がきた瞬間にたまたま持ち替えていただけかもしれませんが。

2か月前の釣行では、0.4g1.5lbでポンポン食ってましたが、

あのころは食いが立っていたのかもしれません。

また、山口エリアのアジの産卵期が5月~7月というのも関係していたかもしれません。

5月は産卵にそなえてエサを荒食いし、このたびの7月下旬から8月は産卵後で少し一服し食欲が落ちていたのかもしれません。

雑誌などでもそういうことが書いてあったのを記憶してます。

次回の釣行はいつになるかわかりません。

ラインの太さとリグの重さを2タックル準備して、もっと検証していきたいと思います。      

 

 アジング入門マニュアルはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神アジングロッド!34(サーティーフォー) アドバンスメント PSR-60 

こんにちは。

最近、本格アジングロッドというものに興味が出てきました。

そこで一際目を弾くのが、34アドバンスメントです。

6fピッタリというコンパクトロッド。

重量は表記されていませんが、とてつもなく軽いとDVDで言ってました。

取り回し、アタリ、感度、どれも一級だと思います。

短いロッドのほうが感度は良いものです。

近場での釣り、ジグヘッド単体では威力を発揮するでしょう。

アジングのために作られたアジングロッドです。

 

【送料無料】34(サーティーフォー) アドバンスメント PSR-60 メバリングロッド 2ピース 6.0ft ソリッドティップ プロテクター付 【ロッド・釣り竿・釣竿】

価格:38,880円
(2014/7/1 19:54時点)
感想(0件)

本気でアジングきわめて行こうと思ったらこれしかないかもしれません。

 

 

アジング必釣ポイントの見つけ方と傾向!

アジングというものを初めて、3年くらいたちました。

最初はただがむしゃらに漁港をランガンしていましたが。

最近では、山口や愛媛といったアジングの聖地での釣行を重ねいろいろな発見がありました。

いつ行っても確実にアジが良く釣れるポイントにはいくつかの共通点があります。

 

1、ボトムが砂地

水深があるところは、干潮でもボトムが見えないので状況を確認するのは難しい。

漁港のすぐ隣が砂浜になっていたりすると、ボトムは一帯が砂地になってい可能性が高い。

ボトムまでルアーを沈めたときに、根掛かりしなければ砂地もしくは石畳なのである。

砂地のほうがなぜか釣果が良いのは、プランクトンがたまりやすいからかもしれない。

しかし、ウィードがたくさんあるところのほうが小魚や稚魚が集まりやすい。

まだ疑問点もいつくかあるが、良く釣れるポイントのボトムは砂地になっている。

釣り場のボトム一帯が砂地でなくても、岩、水草、の間が砂地になっているところでもOK。

むしろやや足元にゴロタ石や水草があったほうが、アミやプランクトンがたまりやすい。

 

2、ワンドになっている

ワンドとは入江のような、奥まった地形のことだ。

沖から流れてくる潮にのってプランクトンがたまりやすくなっている。

ここに常夜灯などがあれば数釣りができる可能性が高い。

アジが漁港に入ってきてたまりやすい状況にもなっている。

 

以上が良くアジが釣れるポイントです。

アジは回遊魚なので入ってこないこともあったりしますが、

以上のポイントだとアジがいる可能性が高いです。

 

 

 

梅雨アジング遠征 in 愛媛県 佐田半島!

どうも。お久しぶりです。

今回は、久しぶりに愛媛県に足をのばしてみました。

この時期、佐田半島で大型アジの回遊がみられるということで釣行を決定しました。

尺の次は40cmが目標です。

今回は新たなポイント開拓という意気込みとともに、佐田岬の先端まで足をのばしました。

 

1日目

140624_1840

佐田半島の根元から佐田岬の先端までは54kmもあります。

初日は、いつもの八幡浜周辺で竿を出しました。

それにしても、水がやけに濁っているのです。

前日は雨が降っていたのでしょうか?

河口から大量の真水が流れたとも考えられます。

クラゲが大量に死んでいました。

だんだん暗くなってきました。

そろそろ時合突入です。

 

IMG_4665

ネンブツダイがいきなりヒット!

これはなかなか良い兆し!?

 

IMG_4668

アジがヒットです!

22cmくらいです。

やや体高があります。

ワームはあじクルーケイムラアカキンを使っていました。

 

しばらくアタリがなくなりました。

そして、なにかがバイトしてきます

そして、ぷつっと速攻で切られます。

フロロリーダー0.8号がいとも簡単に切られます。

 

 

IMG_4669

正体はこいつでした。

ここに太刀魚が入っているというのは以外でした。

なんとか掛かりどころが良くキャッチできました。

何気にかなり久々の太刀魚キャッチです。

小学校の時以来です。

大きさは45cmくらいの小型です。

 

その後は全くアタリがなくなり、ポイント移動です。

宇和海側を移動しながら漁港という漁港をあたりました。

しかし、ノーヒット。

車で仮眠です。

 

 

2日目

いざ佐田岬の先端へ。

大型は瀬戸内側で出るということだったので、瀬戸内側をめざして発進。

IMG_4672

先端の漁港に到着です。

極めて透明度が高いです。

ただ、残念なことに日が暮れてもここには常夜灯がありませんでした。

キャロ10gで遠投し、ブレイクを攻めるという釣りをやりました。

使っているアジングロッドの適合ルアーウェイトは7gまででしたが、ごり押しで10gを使ってみました。

意外と使えます。

ただキャストの際に無理な反動をつけず、ルアーの重さでロッドをしならせて、反動でキャストするという感覚がよいでしょう。

今まで、キャロは3gをメインに使っていましたので、10gのかなりかっ飛ぶ感じが爽快でした!

沖の潮目まで届きました。

ひたすらボトムを探ります。

そしてやたら根掛かりしました。

 

IMG_4673

とてつもなくデカい魚影があったのですが、一体なんだったのでしょうか?

ボトム付近に居ついていました。

 

ボトムを探っていると早速何かがひったくっていきました。

ガツンと割と強いバイト。

 

IMG_4674

ベラでした。

いつものパターンです。

ベラは良く釣れます。

 

140625_1749

カサゴもゲットです!

根魚は下に引きます。

 

そして、ひたすら沖の潮目を狙います。

しかし、青物はノーヒットです。

通りがかった人の話では、秋口にはブリなどの青物が掛かっていたらしいです。

日が暮れてもノーヒットでした。

このたびは回遊してこなかったのかもしれません。

 

IMG_4675

気づけばかなり空腹だったので、食事です。

インスタントカレーを食しました。

 

 

3日目

この日は、岬先端からまた根本に戻りながらランガンんすることにしました。

事前に漁港らしいポイントを確認しておきました。

 

IMG_4677

潮通しが良さそうな漁港でした。

潮目がいくつもあります。

しかし、あいにくの雨です。

カンカン照り寄りかはましですが。

初めてくるポイントなので、状況がつかめず一か所で粘るということにしました。

それにしても雨が普通に降り始め、レインスーツを着ての釣りです。

防波堤の表側を攻めましたがノーヒットです。

先端いついている常夜灯はライトが点灯しませんでした。

仕方なく、裏側の常夜灯の下で釣ることにしました。

 

IMG_4679

メバルがヒットしました!

18cmとそこそこのサイズです。

裏側のほうが魚がたまっているようでした。

 

IMG_4680

今回の釣行初のアジです!

20cmくらいです。

小舟のジェード付近でよくヒットします。

 

それから、雨脚が強まり始めたので納竿です。

釣り道具もビショビショに濡れてます。

宇和海側に移動することにしました。

宇和海側に到着したのは午前1時を回ってから。

 

IMG_4681

アジがヒットしました。

サイズは24cmとグットサイズです。

身のノリも良いです。

このサイズが2匹釣れました。

 

 

4日目

この日は、同じポイントでまた竿を出すことにしました。

前日は時合が終わりかけている時間帯に入ったので、時合と同時に竿を出せばもっと数が狙えると思いました。

テントでぐっすり眠っていざポイントへ。

 

IMG_4691

前日のポイントよりももっと湾の奥のほうです。

ボラがライズしています。

すぐ横には河口があり、真水が大量に入り込んでいました。

アジは水潮を嫌います。

時合を待ちます。

 

IMG_4694

今日の夕食は、ホットドッグです。

火であぶったパンはとてもおいしかったです。

しかし、今日も天気は曇りのち雨。

果たして釣行はどうなるでしょうか?

 

IMG_4701

宇和海側は、実にたくさん常夜灯がありました。

伊方は初めて行きました。

湾の奥のほうは探っても全くアタリなしです。

前日ヒットしたポイントで再度竿を出しました。

 

IMG_4722

なかなかいいサイズが釣れました。

24cmです。

これを期に入れ食いです。

6匹くらい釣れました。

ワームは、クリア金ラメです。

非常に水深の浅いエリアで、ボトムまで1m位でした。

ボトムは砂地になっていました。

やはり砂地のほうがいいのかもしれません。

そしてアタリははたと止まりました。

時合終了です。

テントでお休みします。

 

 

5日目

この日は、また瀬戸内側の漁港を探しました。

夜まで粘りましたが、ノーヒットでした。

やけに根が荒く、フグが大量にいるポイントでした。

仕方なく、メバルの煮つけを作って、うどんと混ぜて食べました。

 

140628_2052

メバルの出汁がとてもおいしく、うどんととてもマッチします。

この日をもって今回の釣行は終了でした。

残念ながら40cmのアジには出会えませんでした。

でもアジが釣れたのでOKです。

雨の中の釣行だったのでアジングには少し難しかったかもしれません。

 

 

<使用タックル>

ロッド:プライムゲートUL、シマノ(SHIMANO) バスワン R 260L-2

リール:ダイワ(Daiwa) レブロスMX 2004 シマノ(SHIMANO) 13 ナスキー 2500S

ライン:フロロライン→クレハ(KUREHA) シーガー R18フロロリミテッド 100m 1.5lb クリアー

    PEライン→Rapala(ラパラ) ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 200m 0.4号 ライムグリーン

 

アジング入門マニュアルへ