釣りツーリングin伊豆!エキサイトしたナブラ撃ち。

こんにちは。

すっかり秋が漂うこの頃。

後回しにしていた、

今夏の釣行をアップしようと思います!

今夏は、

伊豆へジギング、ライトゲームをやってきました。

伊豆は、ジギングではなかなか釣果があるエリアですが、

僕自身が、ジギングでの実績が無かったものなので、

ライトゲームメインという気分でした。

ジギングは、サブミッションみたいな感じです。

今回は、釣行だけでなく、壮大な旅であり、

アウトドアであり、アドベンチャーになりました。

 

 

初日は、沼津千本浜でジギングでした。

 

KC4I0210

千本浜は実に広く、

全て探るには時間が必要です。

千本浜は、砂利浜だったのですね。

広がる駿河湾を一望できて、優雅なひとときでした。

初日は、天気が悪く、

道中も雨です。

これは厳しい釣行になりそうだと、

釣りになるかなとも思いましたが、

到着すると雨は止んでましたね。

波がとても強く、高いです。

海水浴場もとなりにありますが、

だれも泳いでません。

ライフセーバーもいますが、

流石に泳ぐにはちょっと寒いくらい、

風が吹いてましたね。

 

千本浜は、ジギングでもかなり青物が釣れるようなので、

やってみたいと思いました。

2時間くらいトライしましたが、

全く釣れず。

まあ初日はこんなものですね。

 

砂利浜でジギングするとメタルジグが凹んじゃいますね。

日が暮れるまえに、

去年見つけた、ライトゲームで良さそうなポイント移動しました。

ライトゲームでは、ネンブツダイしか釣れません。

 

KC4I0212

ネンブツダイ。

一応鯛なんですね。

メバルのような形です。

食べれるみたいですが、

食べたことないです。

小さくて調理するのも手間だからです。

サバがヒットするポイントなのですが、

今回はこれっきりです。

 

 

翌日は、

天気も良くなってきたことですし、

ちょっと海水浴もしたくなりました。

バイクを走らせて、

風を受けながら走る。

これはやってみたかった。

KC4I0213

 

伊豆は、南に向かって走るごとに、

景色がどんどん自然深まって行きます。

道の駅で休憩しました。

いい景色の中で、

ずっとボーっとしてました。

酸素が濃いですね。

 

原付を走らせ、

海水浴場を探しました。

泳ごうと思いましたが、

ずっと曇り。

なんだが泳ぐには寒く感じて、休憩と昼食だけにしました。

夏真っ只中ということもあり、

海水浴場はどこも有料駐車場です。

 

KC4I0214 

今回は、原付です。

ここまで積載したのは初です。

やばいかと思いきや、

意外と大丈夫です。

燃料の減りがちょっと早いかなというくらい。

一人旅やる人は、これくらい普通みたいですね。

しかし、2時間も走ると、腰が痛くなってしまうのです。

 

この日のナイトゲームもネンブツダイだけ。

近くに地磯があったのですが、

駐輪場所がなく、断念しました。

KC4I0215

 

 

伊豆は、海だけでなく、内陸に走れば、

すごく山、川もたくさんあるのですね。

山側のほうが涼しいです。

道中イノシシらしきものも目撃しました。

急いでUターンして逃げました!

大きな木の幹の固まりが、

いきなり動き出すのです。

それはイノシシだったのです。

 

ちょうど良い、休憩場所があり、

休憩していると、

近所の方が、テントを張っても良いと教えてくれました。

おまけに、トイレもありました。

 

KC4I0216

 

カレーを作り始めました。

100均で買った、油よけがいい風よけになりました。

 

イノシシが出ると言われるところでしたが、

一晩ぐっすり眠れました。

寝てる間に、近寄ってきてたでしょうか?

 

翌日は、さらに南に向かって走りました。

KC4I0217

 

やっと夏らしく、晴れてきました。

この景色を見ると、やっと気分が乗ってきます!

新緑の中をバイクを走らせ、

とりあえず宇久須に到着です。

このあたりは、今回のジギングで、

2つ目のお目当てのポイントです。

 

防波堤でのジギングです。

昼前に防波堤に入ると、

すでにたくさんの人がいました。

見ていると、かなり釣り上げているようで、

自分も自分もとタックルをまとめてポイントに入りました。

 

半信半疑ながら、フルキャストし探ってみました。

なかなかヒットしないです。

潮目が出てきます。

潮目で皆さんヒットしているようです。

僕のタックルでは、潮目に届かない、

というか上手くキャストできてないのです。

 

すると、たまにヒットがあり、

すごくひったくって行きました。

青物です。

青物を掛けたのは初めてです。

いや2回目です。

しかし、ジギングタックルでヒットしたのは初です。

たまらないですね。

一気にやる気が出てきました。

 

昼下がりまでチャレンジしました。

するととうとう現れました。

KC4I0218

シイラです。70cmです。

凄まじい引きを堪能できました。

シイラは、個体によって黄色かったり青かったりするのですね。

ほぼ黄色のシイラです。

シーバス75cmともまた違い、

青物のスタミナはすごく、

延々と走り続けます。

ファイト時間は、かなり長かったように思います。

初青物が、70cmシイラとは、

とても贅沢な出だしです。

 

ボイルしており、ナブラも出てました。

表層早巻き、ジャークで反応が良かったですね。

ボトムは全然食ってこないです。

他にも、イナダもヒットしてきたのですが、

バレます。

たくさんバラしました。

フロントフックよりも、

リアフックのほうが掛かりがよかったです。

 

狙いイナダ狙いで、フロントフックだけ付けてましたが、

リアのほうがバラしが少なかったですね。

トリプルフックにすると、なぜかヒットしなくなります。

不思議ですね。

フックの形状や個数は、

ルアーのアクションやルックスに影響を与えるということでしょうか?

 

ヒットルアーは、

なんと自作のメタルジグ、カタクチイワシ(推定30g前後!)。

KC4I0226

 

割と軽量メタルジグのほうが反応が良いです。

それに、30gくらいのほうがなぜか飛距離が出ます。

ボディ小さいほうが、空気抵抗がなくなるからだと思います。

でも40gのほうが、思いのほか飛ばないので意外でした。

これについては、また次回別の記事で深く考察したいです。

 

写真の通り、数回のファイトでボロボロになります。

ちょっと作りが甘かったですね。

しかし、カタクチイワシのメタルジグは、

アルミテープにグレーを1本線で色付けしただけのシンプルなジグです。

ホロシールより、シンプルなアルミテープが一番リアルです。

そのように予想し、今回作ってみました。

やはり反応が一番良かったです。

アルミの光沢といわしの光沢は良く似てます。

 

他のリグでやってみましたが、

全くヒットしません。

1個ロストもしました。

 

とりあえず、大物とのファイトに疲れ、

納竿しました。

シイラは、リリースしました。

クーラーボックスに入りません。

贅沢なナブラ撃ちを堪能できたジギングでした。

 

翌日は、さらに南に向かいました。

ポイントを開拓しながら、釣りをする。

これはアドベンチャーですね。

KC4I0225

松崎あたりで、良い海水浴場があり、

ちょっと休憩。

水ですが、シャワーも無料です。

お風呂に入らなくても、海水浴とシャワーでOKというのが、

夏のアウトドアです。

 

またもやナイトライトゲームをやりました。

ネンブツダイしか釣れない日々でしたが、

やっと別の魚がかかりました。

KC4I0219

鯖ですね。

鯖もやや入って来ていたのです。

ヒットする魚の9割はネンブツダイ。

活性は高いようです。

 

KC4I0223

昼には、前日釣った小シイラを焼き魚にしました。

シイラを食べたのは初です。

白身魚と青魚の中間のような味ですね。

イナダよりさっぱりしています。

刺身にしたかったのですが、

1日以上経過してたのでやめました。

 

やはり夏らしく、暑いですね。

日なたでテントを張ると地獄のようです。

夏のキャンプは、暑さが体力を奪います。

スポドリを2倍に濃くしてました。

スポドリを飲んだ後に、水を飲むみたいに。

屋外にいると1時間で1L汗をかくそうです。

 

 

旅はまだ続きます。

さらに南に向かいますと、

とうとう下田です。

道中いろいろな場所でジギング、ライトゲームをやりましたが、

ほとんどヒットなし。

巨大シイラ以降は、もうほぼ観光、アウトドアだけになってました。

 

IMG_6944

 

すごく絵になる場所。

なんという場所だったでしょうか?

恋人が金を鳴らすと良いみたいなことが書いてあったような気がしますが。

だれもいないので、

尚更幻想的でした。

どこを見渡しても絶景なんですね。

IMG_6945

小高い丘で、背の低い草が生い茂ってます。

まるでカルストを思い出しますね。

四国、山口のカルストにも行きましたが、

こういう風景は好きです。

 

漁港はたくさんありますが、

釣り禁止の場所が多いです。

良さそうな漁港があったのですが、

ツーリングを楽しみたいと、

先に先に進み。

ちょうど暗くなってきて、

キャンプをする場所を探していました。

すると、突然の大雨!

 

勢いは留まるところを知らず、

打ち付けます。

バイクで雨が降るとすごく面倒です。

荷物もずぶ濡れです。

 

かなり体力を奪われました。

どうしようもなく、

屋根付きの休憩所で1泊。

 

KC4I0233

 

朝になると、カニがお出ましです。

KC4I0234

 

全部干しました。

この日は、晴れてくれたので、助かりました。 

下田周辺の海水浴場は、

どこも観光開発されており、

人でにぎやかです。

この日は、弓ヶ浜海水浴場で泳ぎました。

水温もちょうど良くなってました。

 

そのまま、下田市に入り、

しばし散策。

釣り場を探しました。

しかし、下田はこれといって釣れそうな場所が無いですね。

潮のタイミングが悪かったのでしょうか?

魚の気配がありません。

日も暮れたので、近くの公園で就寝。

 

 

 

翌朝は、どうやら公園で祭りがあるようで、

設営作業が始まるとのことです。

早朝に公園から退散しました。

 

でもせっかくここまできたので、

とりあえず名物でも食べようと思いました。

一番最初に飛び込んできたのは、

下田バーガーです。

KC4I0236

 

 

1個1000円くらいです。

それだけあって、すごくボリュームがあります。

下田バーガーとは、金目鯛を使ったフィッシュバーガーなのです。

チーズもたっぷり入っていて、

美味しかったです。

下田市の中でも、一番目立つ道の駅にありました。

先日から、レトルト、インスタントしか食べて無かったので、

一気に疲れが捕れる気がしました。

 

体力も回復し、

次のポイント探しに移りました。

このあたりまで来ると、

もう東伊豆との境目です。

 

ジギングに適していそうだと思ったのは、

須崎です。

IMG_6949

 

地磯ですね。

すごく荒れ狂ってますが、

いつもこんな感じなのでしょうか?

付近の防波堤を散策していると、

近所の方が、ヒラスズキが釣れるという情報をくれました。

それが、この地磯のようですが。

ちょっと釣りになりませんでした。

この付近は岩場で、

とても透明度が高く、

シュノーケリングをしているひともいましたね。

海水浴もできるのですが、

漁港の船のスロープから海に入るような感じです。

漁港を海水浴場として開放しているのですね。

浅場もあります。

 

防波堤でジギングをやりましたが、

こちらでもヒットせずです。

ベイトはちらほらいました。

可能性はありそうです。

 

この日のキャンプは須崎周辺でしたね。

翌日は、あるハプニングが。

キャンピングマットに穴が空き、

空気が抜けてました。

芝生が、とがっており、

突き刺さったのですね。

なんだかチクチクすると思ってました。

 

寝ている間に、すぐに空気が抜けるなと思ったのです。

荒れた地面の上では、なにか対策が必要ですね。

次回から強めのシートを設置したいと思います。

 

釣りにも飽きたので、

今度は、森を味わおうと内陸部へ。

森の中の温泉に入りました。

空気がすごく濃く、

涼しいです。

暑さをしのぐのであれば、

森のほうがいいですね。

 

もう一度、宇久須に戻ってジギングやって帰ろうと思いましたが。

どうやら台風が近づいているようでした。

一気に士気が下がり、

もう帰ることにしました。

 

10日以上の釣りツーリングはここで終了したのです。

最高の夏になりました。

そして、ジギングでも大きな進歩が実感できました。

自作ルアーでも釣果が出せました。

そして、観光にアウトドア、

あらゆることを満喫しました。

次回は、大型ブリやハマチを上げてみたいですね。

1週間目以降は、体力が限界に近くなります。

長期アウトドアは、春、秋のほうが良いかもしれないですね。

夏は、暑さで体力が奪われます。

 

原付バイクで風を受けながら走る。

ゆっくりと焦らず、過ぎ行く景色を見つつ。

自然の中だけで過ごせた日々でした。

また行きたくなりましたね。

 

最後は、綺麗な夕焼けフィニッシュです。

IMG_6952

 

 

 

<使用タックル>

ロッド:メジャークラフト、クロステージLSJ1002

リール:ダイワ、エクセラー3012H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期アウトドア、ツーリングの電源確保に便利!モバイルソーラーバッテリー。

こんにちは。

お久しぶりです。

今年の夏は、ハズレでした。

8月はほとんど雨で、

テントもびしょびしょで、

なかなか難しいキャンプでした。

 

今回のキャンプで使ったアイテムを紹介します。

長期のアウトドアやツーリングで結構悩むのは、

電源の確保です!

キャンプでも、

スマホ、携帯、ウォークマン、

その他諸々電源は必要になってきます。

 

車でドライブしているときは、

シガーソケットがあるのであまり気にしないのですが、

ツーリングともなると、

意外とシガーソケットないっすね・・・という話になります。

バイクは、バッテリーからシガーソケットに電源を供給するという方法もありますが、

やや知識が必要です。

またレンタルバイクなどでは取り付けは無理ですね。

 

そこで、おすすめのアイテムは、

ソーラーモバイルバッテリーです。

 

ソーラーモバイルバッテリーとはどういうアイテムかというと、

携帯型充電器であり、太陽光によって充電できるというものです。

 

 

要するに、コンセントがない場所でも、

太陽光さえあれば、

いつでもどこでも電源を確保できるということですね。

 

 

それを知った時に、

まさかそんな神器があるなんてという気分でした。

それも、それほど高価なものでもありません。

 

 

数日に及ぶキャンプ、登山などコンセントの確保が難しい場所でも、

スマホ、ウォークマンなどを充電できるわけです。

また、キャンプアウトドアでなくても、

スマホの電源を大量に消費するひとは、

外出先でもっておくとどこでも充電できます。

 

 

様々な型番があり、迷ったのですが、

比較的おすすめと言われるものを購入しました。

 

IMG_6930

X-DNENGのソーラーモバイルバッテリーです。

スマホを4回はフル充電できます。

重さは250gとややありますが、

カバンに入れておいても気になりません。

付属のフックが付いており、

リュックにぶら下げておくだけで勝手にソーラー充電してくれます。

おまけに、防水、衝撃に強い設計です。

IMG_6932

大きさはスマホと同じくらいか少し大きいかというところ。

上部のスイッチを押すと、青いランプが付き、バッテリーの残量がわかります。

全て点灯していればフル充電されています。

IMG_6933

太陽光が当たると、自動で充電が開始され、

一番左に緑のランプが点灯します。

緑のランプが点灯していると充電中です。

太陽光だけでなく、コンセント充電もできるようになっています。

実は太陽光では、45%くらいまでしか充電できないと言われており、

完全に充電するには、コンセントにつないで5時間くらい充電しましょう。

今回のツーリングでは、

モバイルバッテリーでガラケー、ウォークマンを毎日充電していましたが、

2週間近く持ちました。

意外と長持ちします。

太陽光から充電できるすぐれものですが、

ただ、バッテリーがゼロの状態から、

ソーラー充電を長時間行うと、

バッテリが膨張し、熱くなるため注意が必要です。

試しにやってみましたが、

確かに真夏の炎天下に置いておくと熱くはなるのですが、

普通に充電できましたよ。

せざるおえないです。

スマホともなるともっと電源消費は多くなるでしょう。

いずれにしても、2週間に1回はコンセントで充電する必要はあります。

これで2、3日コンセントが使えなくても、まず困ることはないですね。

アウトドアだけでなく、

災害時の電源確保としても重宝するでしょうね。

最近みると、

どうやら改良版が発売されているみたいで、

そちらをおすすめします。

12000mAhで、太陽光を電源に変化しやすくなっているみたいです。

X-DNENGソーラーモバイルバッテリーの詳細はこちら。

X-DNENG モバイルバッテリー ソーラー 改良版 12000mAh

 

X-DNENG 大容量 10000mAh 改良版 ソーラーモバイルバッテリー 防水 耐衝撃 ソーラーチャージャー 2USBポート ソーラー充電器 旅行/キャンプ/出張/地震/災害時に iPhone 7/Plus/Sony Xperia Z5/Samsung Galaxy S7/Note 7など対応 (ブラック)

新品価格
¥2,680から
(2017/9/4 10:12時点)

X-DNENG モバイルバッテリー ソーラー 改良版 12000mAh大容量 ソーラーチャージャー 2USB出力ポート 防水/防塵/耐衝撃 ソーラー充電器 LEDライト付き iPhone7 iPad Android などに対応 地震/災害時/ 旅行/出張に (オレンジ)

新品価格
¥2,680から
(2017/9/4 10:09時点)

伊豆の釣りキャンプが近づいてきた!

こんにちは。

夏も本格化してきましたね!

空をみるだけで、

向こうに海があるかのように見えます。

 

いよいよ近日、伊豆への釣りキャンプへと向かうことになります。

いろいろ準備しているところです。

やや長期の滞在となるため、

タックルも多めに持参します。

 

先日から作り始めたジギングメタルジグが完成しました。

IMG_6938

 

なんだか使えそうな感じには見えますね。

コーティングも綺麗にできて良かったです。

細かく見るとちょっとガタガタですが、

全く気にしないです。

カラーは、カタクチイワシ、ブルーイワシ、グリーンイワシ、

を作ってみました。

形は、なんだか鯛の稚魚のようになってしまいました。

中通しオモリを潰して作ったものです。

鉛を溶かしたほうが綺麗な形になるでしょうが、

危険そうなのでやりません。

 

伊豆には地磯がたくさんあり、

全てを回れるかどうかはわかりませんが、

1回は竿を出してみたいと思っています。

掛かってくれると嬉しいですね。

それも自作メタルジグでですね。

 

こんな形のメタルジグもありますね。

ボディーが太いので、

目立ちやすいかなとは思ってます。

果たして釣れるでしょうか?

楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新メタルジグを入手!

こんにちは。

メタルジグをポツポツ作っているのですが、

何しろオモリをハンマーで潰すという作業で、

腰が痛くなってしまったり。

もっと大きめのハンマーがあれば楽なのでしょうがね。

 

そうしているうちに、

新しいメタルジグを入手しました。

一応、有名メーカーのメタルジグは数本はもっておきたいので。

 

ジグパラです。

IMG_6908

色、形などもリアルと思われるので、

一度使ってみたいと思っていました。

ショート、セミロング、ロングなどいくつかの種類に分かれています。

今回は、セミロングを買ってみました。

 

IMG_6914

カタクチイワシカラーです。

細部に渡って、綺麗に塗装してあるのがわかります。

形も色も、実物そっくりです。

セミロングは、直径が9cmほどです。

フロントフックは最初から付いています。

 

これと同じようなものを作るのは、

とても苦労するでしょうね。

 

 

まだ未使用なので、

次回の釣りで使ってみたいと思います。

 

メジャークラフト メタルジグ ジグパラsemi long40g JPSL-40 #3 RED GOLD

新品価格
¥591から
(2017/6/30 13:01時点)

ジギング用メタルジグ作りはじめました。

こんにちは。

とうとう来月には、

伊豆でのジギングがやってきます。

それまでに、

メタルジグを自作して、

数を増強しておきたいと思うのですが。

 

流石に、鉛を型に流し込む作り方は、

ちょっと手間がかかり、

危険そうなので、

中通しオモリとステンレス線で作ることにしました。

 

IMG_6904

 

塗装していないのが、

今作り中のメタルジグです。

中通しオモリ10号のナツメというのを使いました。

中通しお守りには、ナツメと長型があります。

ナツメ10号は37gで、ハンマーで潰すと長さが5.5cmになります。

ジギングでは小型メタルジグくらいの大きさです。

ナツメを使うと、体高のあるメタルジグになります。

ちょうどジグパラショートくらいに見えなくもないでしょうか。

ボディの厚さや形状は台分違います。

長さがほしければ、ナツメよりも、長型のほうがいいですよ。

 

一番上のメタルジグは8cmです。

ちなみに、一番上のメタルジグは、

ウレタンコーティングにディッピングしてみました。

やや粘り気が出てきたせいでしょうか?

気泡ができてしまいましたが、

あまり気にならないです。

 

IMG_6905

 

このゴールド系メタルジグの塗装はかなりはげてきたので

ホロシールも塗装も張り替えるつもりです。

新しいメタルジグとして生まれ変わる予定です。

その前に、消毒用アルコールで表面を拭くと、

艶がでて、汚れが取れるかやってみましたが、

ほぼ効果なしです。

でも汚れくらいは取れているのではないでしょうか?

 

メタルジグの作り方は、

以前の作り方と同じなので、

特に紹介しませんが、

また完成したら、

紹介したいと思います。

 

それにしても、

ウレタンはこの時期すごく固まりやすいということで、

ドロドロです。

1月くらいに購入し数回使ったのですが、

ここ1ヶ月で急激にドロドロになってます。

ウレタンでディッピングするのは、

冬のほうが良さそうですね。

 

冬に買って半年でドロドロなので

今の時期、開封すると3ヶ月くらいしか使えなかったりしますかね。

それはわかりませんが。

湿気と高温はなるべく避けたほうが良いみたいです。

 

 

 

ワニグリップホルダーはペットボトルでも作れます。

こんにちは。

釣りをするときは、

何かとタックルバッグやリグバッグなどに、

システムを組むものです。

ハサミ、プライヤー、ワニグリップなど、

必要な時にスパッと取り出せるようにしておくのが便利です。

ほんのちょっとしたことを工夫するだけでも、

手返しよく動作できるようになります。

 

今回は、ライトゲームでは特に使用するものである、

ワニグリップホルダーを作ってみました。

 

IMG_6848

ペットボトルは、半分くらいに切り、

切り口にテープを貼ります。

セロテープを貼りましたが、ガムテープの方が尚良いでしょう。

ペットボトルの上部に穴をあけます。

下部に穴を複数開けても、

水切りになって良いです。

リグバッグのサイドに、キーホルダーフックを付け、

そこにペットボトルを引っ掛けます。

ワニグリップには、

落下防止システムとして、100均のゴムホルダーを付けます。

 

これで、完璧です。

ペットボトルは汚れても取り外して水洗いできます。

 

すぐにワニグリップを取り出せますよ。

ランガンなどでちょっと探るっていう時でも、

いきなり釣れたらワニグリップ使いますね。

 

ワニグリップだけでなく、

身につけて置くもので、

貴重品などは大体落下防止システムを組んでおくことをおすすめします。

携帯電話、ウォークマンなどもストラップをつけて、

ゴムホルダーに結んでおくのが良いでしょう。

 

しかし、ペットボトルワニグリップホルダーは、

いかにも安っぽいので、

見た目にこだわるひとは、正規品をおすすめします。

でも、透明なのであまり目立たないです。

他にも、100均にあるグッズを活かせば、

もっと綺麗に作れるでしょうが、

ちょっといいものが見当たらなかったので、

ペットボトルで作ってみました。

 

すでに使ってみましたが、

普通に機能しているので、

これからもこのまま使うつもりです。

 

 

スプーンはフックのアイの向きに注意!

こんにちは。

今回は、フックの形状について、

しばし気づいたことを書きます。

 

先日から、ハスルアーを使うことが多かったのですが、

スプーンやハスルアーなど、

ルアー本体がスピンするようなルアーは、

やはり専用のフックでないといけないと思ったのです。

 

それでは、スプーン専用とそうでないものとで何が違うのでしょう?

それは、アイの向きなのです。

アイとは、ラインと結ぶ輪っかのことです。

以下の二つを比べてみました。

IMG_6817

左がミノー専用フック、右がスプーン専用フックです。

アイの向きが違いますね。

ミノー専用は左右、スプーン専用は上下にアイが向いています。

この違いは、釣りをしているとき結構大きいのです。

 

ミノー専用フックをハスルアーにセットして使っていたときは、

しばしルアーにフックが絡まるのです。

本体に絡まってしまって、

上手く泳ぎません。

 

スプーン専用であれば、そういうトラブルは全くありませんでした。

ここまで違うとは思いませんでした。

ミノー専用のほうが、強度が強く、

大物に対抗できると思い使っていたのです。

 

とりあえず、スプーンやハスルアー、

他にもスピンするようなルアーにはスプーン専用フックが一番、

ということがわかりました。

 

ちなみに、フックのパワーですが、

50cmオーバーでも問題ないです。

無理なやり取りしなければ、

フックが伸びることはありませんね。

まだナマズしか釣ってませんが、

60cm近くでも平気でした。

 

そもそも、

スプーンやハスルアー買ったときは、

もうフックが付いているので、

こういうことは気にしないでしょうね。

しかし、自作しようともなると、

フックの選択肢も広がるものです。

 

山に川に湖に、

いろんなところで釣ってみたいです。

今年の夏も暑くなるようですが、

どうでしょうね?

もう夏ですね。

梅雨が来ると、釣りに行けなくなりますが。

小雨くらいなら行くかもしれないです。

ちょっとの晴れ間も無駄にしたくないですね。

 

 

 

 

 

 

 

外道でも釣れるとやっぱり楽しい!多摩川のナマズ。

こんにちは。

前回から、淡水ルアーゲームが続いてます!

今回は、多摩川でのハス釣りへむかいました。

バスでなくハスです。

そもそも生息しているかどうかが謎ですが、

奥多摩湖にはいたってことで、

流れてくるのではと思ったからです。

 

多摩川は、バスフィッシングでも割とポイントもあり、

連日多くのアングラーが釣りをしています。

釣れているところを見たこともあります。

しかし、どこもスレている感じで、

難しそうです。

 

そういう僕は、ハス狙い。

もうなんでも釣ってしまえば良いかなと思ってました。

特に何も釣れるとも思わず、

自然の中で、リラックスしながら、

広大な多摩川を眺めながら釣りできればOKくらいでした。

 

とりあえず、橋の下の影、

水深のある場所を中心に探ってみました。

全くアタリはありません。

 

ポイントを移動し、

川の合流地点、もしくは排水の流れ込み地点を探ってみました。

それにしても、

水が臭いです。

この時期は、水分が蒸発するため、

水の臭が気になります。

やはり首都圏近郊の河川の流入部分は、

こんなものです。

 

泡がすごく出てました。

敷石が水面から出ており、

上を歩いてやや沖へと歩いてみました。

時間も少なかったため、

今日はここで粘ることにしました。

 

流れは緩やかで、

ベイトがかなり浮いてます。

これはハスじゃなくて、

ハヤかなと思いましたが、

正確には不明です。

 

自作のハスルアーをキャストし、

ノーマルリトリーブで探ります。

ただ巻きです。

スプーンもハスルアーも、

ただ巻きが一番本領を発揮しますね。

 

表層直下を探っていくと、

突如ヒット!

 

KC4I0191

ナマズでした。

53cmほどです。

久しぶりにロッドがひん曲がりましたよ!

ロッドはウルトラライト6fくらいですが、

意外と寄せれるものです。

ラインはPE0.4号でした。

最初はコイかなと思ったのですが、

ナマズだったとは・・・

そして、まさか釣れるとは。

ですね。

ハスルアーは、グリーンホロを使ってました。

反応がよいですね。

 

水が汚いです。

流石にハスはいなさそうな気がしてきました。

バスでも釣れてくれればと思ったのですが、

釣れないです。

1匹釣って満足して、

そろそろ帰ろうかと思いましたが、

まだ、日没まで時間があるので、

もう少し数メートル移動してキャスト開始しました。

 

するとまたもや!

KC4I0192

ナマズです。

さっきよりもサイズアップしてるじゃないですか!?

58cmくらいです。

ちょっとぐにゃっと曲がった状態になったので、

正確に測れてないかもしれません。

それでもお腹はパンパン。

結構引きが強いですね。

最初よりかは引きましたし、

ファイト時間も長かったです。

何より、口じゃなく、

尻尾に掛かっていたので良く暴れたのでしょう。

弱るまで存分に走らせました。

足元まできては、また走る。

バシャバシャと跳ね、服を濡らせれました。

それにしても、なぜ尻尾に?

スレ掛りというやつでしょうが、

確率的にすごく低いですね。

ルアーは、先ほどと同じです。

 

50UPのナマズ2匹とのファイトに疲れつつも、

日没まで粘りました。

この2匹が今回の釣果となりました。

 

外道でも釣れると、熱くなります。

楽しいですね。

ほんのちょっとした散歩気分できましたが、

2匹も釣れるなんて。

来てよかったです。

 

多摩川はまだまだ広いです。

次回来るときは、また別のポイントを探してみたいですね。

 

KC4I0196

 

ちょうど、満月でした。

満月は魚が釣れないとか釣れるとか、

いろいろな説がありますが、

実際どうでしょうかね?

たしかに、月の引力は生命体にいろいろな変化をもたらす言われているようです。

満月になると食欲が増す

栄養が吸収されやすいという説もあるくらいです。

魚もそうだとしたら、

満月の夕マズメはかなりチャンスかもしれません。

ただし、確実なことはわかりません。 

 

月に関しては、もっと調べてみたくなりました。

 

使用タックル

ロッド:プライムゲート ウルトラライト6f

リール:ナスキー2500s

ライン:ラパラ PE0.4号

 

 

 

 

 

奥多摩湖のハスフィシング!意外と簡単に釣れました。

こんにちは。

先日は、奥多摩湖へハスフィシングへと行ってきました!

奥多摩は、避暑地としても都民の憩いの場でもあり、

自然を満喫することができます。

今回のターゲットは、

ハスです。

 

バス釣りの外道としても釣れる魚ですが、

専門に狙うこともでき、

比較的簡単に釣れるという魚です。

大きさは、大きくて30cmくらいです。

前回制作した、ハスルアーを試すべく、

釣行へとむかいました。

 

KC4I0185

久々に、深い緑に包まれ、

しばらくリラックスしてボーっとしてました。

奥多摩湖は、降りれる場所が少なく、

釣り場も少ないです。

水質は、とてもクリアでした。

それにしても、涼しいですね!

推移が下がっているように思いますが、

連日暑く、湿度も低く、水の消費量も増えたからでしょうね。

東京都民の水瓶ですからね。

 

KC4I0186

画像では分かりにくいですが、

小さなベイトがたくさん浮いてます。

ブルーギル、ハス稚魚がほとんどです。

魚影はすごく濃いなと思いました。

 

早速タックルを組立て、

ワンキャスト開始。

すると、2投目からあたりがあります。

果敢にハスが追っかけてきているのです。

でもなかなか掛からないですね。

 

ボトムまで沈め、

高速リトリーブで回収していたその時です。

KC4I0188

釣れました!

ハスです。

初ハスです。

サイズは、18cmくらいですかね。

体色は、やはり綺麗なシルバーカラーです。

淡水魚にしては、海水魚のような面持ちです。

ほんの少しだけ、痩せている小さいボラに見えなくもないです。

コイの仲間なんでしたっけね。

 

ハスルアーのカラーは、水色ホロ、グリーンホロに反応が良かったです。

シルバー、ゴールドは全くもって無反応でした。

ただ巻き、早巻きに反応しますね。

ハスルアーが、くるくるスピンするのにアタックしてくるやつが多かったですね。

 

活性が高いのでしょうか、

表層を跳ねながら、泳ぎ回ってます。

奥多摩湖は、ハスがたくさんいるのですね。

 

それからもキャストを繰り返し、

何度かアタックしてきますが、

バイトせず。

ほとんど見えているところでのアタックしてきてました。

 

だんだんと薄暗くなる奥多摩湖の中心で、

納竿となりました。

 

KC4I0189

まだまだ、未開拓な部分も多くあり、

夏の終わりあたりに、

避暑地も含めてまた訪れたいとは思います。

ハスも30cmアップを釣り上げてみたいですね。

 

やはり避暑地だけあって、

夜はちょっと寒いです。

都心部より、3℃くらい気温が低いように思います。

長袖持っていてよかったです。

 

自作ハスルアーで釣れたというのが、

なんとも嬉しく思えました。

もっとカラーを増やし、種類を増やしておきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自作ジグヘッド。簡単で低コストなので根がかりも安心!

こんにちは。

今回は、あえて紹介するまでもないかもしれませんが、

一応、僕が使っている自作ジグヘッドと、

その作り方を紹介したいと思います。

もうすでにやられている方もかなりいるかと思います。

根がかりが頻発する場所、

初めてのポイントの様子見などでは、

非常に重宝するジグヘッドです。

主に、ライトゲームで使っているジグヘッドになります。

 

それも実にシンプルで、

お徳用の針にガン玉、割ビシなどをかませるだけです。

低コストでたくさん作れてお得です。

 

IMG_6780

<準備するもの>

●マルチプライヤーもしくはペンチ

●ガン玉

●瞬間接着剤

●ハリ

 

1、フックのアイの下に接着剤を塗る

IMG_6782

ゼリータイプだと付着しやすいです。

 

2、ガン玉をかませる

IMG_6783

ペンチなどでしっかりかませます。

あまり強く潰すと真っ平らになってしまいます。

それもまた効果的なこともあります。

ガン玉をかませた後に、接着剤を塗るのも良いみたいです。

 

3、完成!

IMG_6784

どうでしょう。すごく簡単でしたね。

1分くらいで1つ作れるでしょうかね。

さらに、ヘッドに小さなホロシール、アイシールを張ってもまた効果的かもしれません。

お好みでどうぞ!

 

IMG_6778

たくさん作って、ケースにストックしておけば、

なかなか無くなりません。

わかりやすいように、グラム数を貼っておくといいですね。

 

ヘッドの形状を削って変えたり、

小細工することもできるのですが、

あまりいじるとグラム数が変わってしまいます。

 

割ビシもガン玉も、

0.6gの重さがなかなかないですが、

そういう時は、0.5gとかでも対応できるでしょうかね。

0.1gの差はそれほどデカいでしょうか?

少なくとも0.2gの差が釣果を分けることもありました。

重さにシビアなアジもたくさんいます。

 

そろそろ、

アジがたくさん釣れるところに遠征でもゆきたいです。

おそらく次回の釣行は伊豆周辺の釣り場開拓となるでしょう。

伊豆は広いです。

全部探るには、3日はかかるでしょうね。

壮大な夏の冒険となるでしょう。